2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

清水宏を語ろう

1 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 20:59 ID:pRzBrpkU
小津と共に昨年生誕100年を迎えた清水宏。小津さんの影に隠れてまだまだ評価は十分ではないと思う。「有りがたうさん」や「簪」「按摩と女」などの面白さはただごとではないと思うのだが。もっともっと語り継いでいかなければいかん監督だと思うのだが。

2 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 00:08 ID:RV1ELD5D
良いねえ。個人的には新東宝時代の「小原庄助さん」「母情」が好き。
特に前者の底抜け具合は確かに“ただこと”じゃない。

3 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 01:11 ID:RfqOm5Ml
清水宏スレ作るんだったら、五所平之助スレだって作っちゃうぞ!

4 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 01:24 ID:WH9kxkIU
戦前の方がよいね。戦前ののったりした雰囲気が
作為なく全面に出ていて今見ると本当にほっとする。ただ
演出が自然すぎるので役者がうまくないと厳しいモノがあるが。
「簪」「有りがたうさん」あたりが好きだ。

5 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 06:10 ID:z0bVfusj
>>4 同感。清水さんの作品、一部しか観てないけど、とくに後半の子供を使った作品だとなんだか説教くさい感じのするものがあった。小児マヒの学校をつくるやつとか。
「蜂の巣の子供たち」あたりはかなり面白かったけど。清水さんの面白いのは、やはり戦前のとぼけた感じのものがいいですね。
当時のほかの監督作品と並べて観るとまったく異質の映画を撮ってるのすごいですね。素人使ったり、ロケ中心だったり。
「花形選手」の冒頭の延々と軍事訓練をするところなんかも爆笑ものだったなあ。
>>2 「母情」観てないけど、「小原庄助さん」もいいですねえ。清水さん、松竹にふさわしくない監督だということでくびになったらしいけど、具体的にはどういうことだったんだろうか。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 08:35 ID:2PhCv3IL
>>5
ええっ!?清水監督なんて松竹の代名詞みたいな監督と思ってたのにふさわしくないなんて・・・
ほんとにどういう経緯だったんだろ。
自分はまだ10個ぐらいしか見てないけど、「恋も忘れて」と「七つの海」が傑作だと思った。


7 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 09:27 ID:z0bVfusj
>>6 清水宏に関する書籍があまりないので僕もよく知らないんだけど、誰かの本で、清水宏は非常に性格が悪く、
とにかく品がないというのでくびにされた、と紹介されたのを読んだことがある。それが具体的にどういうことかは
わからないんだけどね。戦前の映画作りの突出した感じからいっても、型破りな人であることは間違いないんでしょうね。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 11:14 ID:OJYHuvSq
小津映画は当たらないと言われたときに

俺が売れる映画を作るから
小津は小津らしい映画を撮り続ければいいんだ

みたいな事を言った人でしたっけ

9 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 13:08 ID:z0bVfusj
その発言はわからないけど、清水映画は当たったんじゃなかったかな。
後で溝口健二は「清水君は天才です。僕や小津君は努力家にすぎない」
と語り、小津は「自分は俳優のすべてを演出するが、清水君は何も指示
しないのにちゃんと清水流になっている。やっぱり天才だ」と語ったと
いいますね


10 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 08:47 ID:M34AuQmT
「有りがたうさん」観ると、上原謙の真似をしてつい「ありがとうー」っていいたくなる。
流れ者娼婦役の桑野通子さんも素晴らしかったですなあ。

11 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 13:08 ID:bb0f1zEj
田中絹代と結婚してたんだよね。

12 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 13:56 ID:M34AuQmT
そうそう。新藤兼人の「小説田中絹代」だっけ、そのあたりの話がでてきた。
絹代は清水宏によって女の悦びを覚え、あってないときもそっちのほうに
すっかり頭がいっちゃって仕事どころではないみたいな描写があったんじゃ
なかったかな。清水は五所さんにとられまいとして、半ば強引に奪っちゃった
らしいんだけど。 
 まあ、結局長続きは清水の女癖の悪さもあって長続きしなかったんだけど。
夫婦喧嘩の最中、清水に殴られた絹代が腹いせのように、布団の上でおしっこ
しちゃうんですよ。たしか。

13 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 14:16 ID:4jPe0sCL
田中絹代が16か17才の頃だよね?
試験結婚したの

14 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 14:41 ID:M34AuQmT
うん。10代、もう少し後だったかも。城戸四郎所長が試験結婚を言い出したんじゃない?
まだデビューしたての女優を嫁にくれなんて、考えてみればめちゃくちゃな話。今だとスキャンダル
で考えられないけど、そのあたり、まだまだのんきな時代だったといえるかもしれない。

15 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 16:26 ID:niv3iaR+
1927(昭2)年 絹代 17歳
清水宏監督による『恥しい夢』が好評を得て出世作となる。
この年清水監督の求婚を受けて、同棲生活に入る。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/kinuyo21/LIFE/life2.htm

おさな妻。。。。。。

16 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 16:52 ID:E9aDEuz/
田中絹代ってモテたんだな
あの顔でといったら失礼だが

17 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 17:01 ID:M34AuQmT
>>15 そうか。17歳で「恥しい夢」か。絹代が14のときにもう清水宏は
絹代を抜擢していたわけだ。おさな妻。清水もたまらんものがあったんだろ
うなあ。清水は同棲後も誰だったかなあ、当時の別の女優に手を出していたはず。

 絹代の経歴見てて思ったけど、小津脚本の監督作「月は上りぬ」って、
カラ舞台とか構図とかちょっと小津調を意識していて、何だか妙な作品だった。
 

18 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 17:11 ID:M34AuQmT
>>16 正直言って美人とはいえないよね。大分後の作品になるが
成瀬の「流れる」、あの豪華な女優陣の中で田中絹代は芸者でも
おかみさんでもなく、お手伝いさん役。それがなんと似合っていた
ことか。失礼な言い方になっちゃうけど、大女優というには
ちょっと貧相なところがあるよね

19 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 18:10 ID:vAptQaFM
そういえば、稲垣浩『嵐』のお手伝いさん役も妙にはまってたな。

20 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 18:37 ID:aSGnACKL
「嵐」もお手伝い役なんだ。作品全体を眺めてみてないけど、
小津の「風の中の牝鶏」とか、その後の姥捨てものとか、
悲惨な役もけっこうある。清純派としては初期作品にあったけど、
美女の主人公役ってあまりないかも。
そういう顔立ちじゃないもんなあ、どう観ても。

結局、清水宏の作品には初期のころしか出てないんだな。


21 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 20:23 ID:HSdbIa1J
清水の女癖の悪さって有名な話だよね。
しかもロリコンときてるからタチが悪い。
自分の作品に出た女優に手を付ける事が多かったらしいね。
小桜葉子も少女時代にその毒牙に遭ったとかなんとか。
珍しく清水を特集したムック本にそんな感じの事が書いてあった。

22 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 21:29 ID:lRcHMUcl
清水宏って「才能あるクソッタレ男」なんだね

そういや小津が亡くなったとき
「みんなから好かれた小津監督が早死にして
 みんなから嫌われた清水監督が長生きして・・・」
みたいなこと言った人いなかったっけ?

小津と清水は仲良しだったらしいがね

23 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 22:05 ID:FHulY4bV
>>17
清水も当時まだ24歳だからね。
てか、今の俺ぐらいの年で17歳のアイドルと結婚か・・・

24 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 22:12 ID:Et1Z+UDC
ごめんなさい。てっきち清水宏一だと思って読んでました。
マイムマイム〜ビバップハイスクール馬鹿野郎の映画かと。猛省。
(´・ω・`)

25 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 23:42 ID:DBqlW57y
>>18
美貌がなければ、大女優と呼ばれないということはないでしょう。
その「流れる」にも出ている杉村春子とかさ。

山田五十鈴だって滅茶苦茶綺麗って事はないし。
表情作るのがうまくて的確だから、無茶かわいく見えるけども。

26 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 02:51 ID:SdIX2Wk2
>>25 たしかにそうですね。もちろん、大女優ということは認めた上でということで。
ちょっときつくいいすぎたけど、けなすつもりはないの。
「簪」の田中絹代も素晴らしいと思う。斎藤、笠、日守さんらアンサンブルもよく、
とくに斎藤の紅顔ぶり、「情緒」が足に刺さった笠さんの訓練シーンは笑わせてもらった。

27 :フェミニーナ ◆P8vBK/N.XE :04/03/08 03:40 ID:bUOkSCQh
>>26
あれって「情緒が足に刺さった」から、それだけでびっこ引いてんのかね?
それとも、もっと深い傷なんかな?産まれつきとか?傷痍軍人だったとか??
清水の演出にしては、びっこの引き方がやけに大袈裟なよーな・・・。

ところで、俺は小原庄助さんの一本背負いに凄まじいダンディズムを感じたな。
あの瞬間の画面だけ、なんだか別次元に連れてかれたよーな気がしたよ。
あーゆーのは、溝口とか小津には確かにできないね。


28 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 06:22 ID:nIj4EBPs
今日、「サヨンの鐘」見てきたけど、あんなに李香蘭を綺麗に撮ったの見たことない。
台湾を舞台にした国策映画・・・と思って構えて見てたのが一気に持ってかれちゃった。


29 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 20:38 ID:SdIX2Wk2
>>27 びっこの引き方が大げさ。なるほど笠さん、けっこう痛そうな感じでやって
たよね。うーん、それを示唆するようなセリフがあったか覚えていませんが、
笠さんの芝居がそうだったのでは。傷が深そうな程、田中絹代にアピールできる
という計算もあったかもしれないね。 
 「按摩と女」のラストシーン、キャメラが高峰さんをおってグラグラっと妙に
素人っぽい感じで揺れるよね。あのかっちりしてない撮影も、小津、溝口にはできない
不思議な感覚を感じたなあ。
 >>28 それ観てない。観たい観たい。やっぱり気のきいた監督は戦時中に映画撮っても
うまいこと自分の映画を撮っちゃうもんだね。マキノ正博もそうだもんなあ。それか小津
のように撮らない、という選択肢もある。小津さんの場合は結果そうなったということだ
ろうけど。

30 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 20:53 ID:SdIX2Wk2
 フィルメックスでは清水宏10本上映したんだよね。それにしても
今、何本くらい清水宏の映画を観ることが可能なのだろうか。

31 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 00:29 ID:JBB7YQZ3
笠さんも恩人みたいに言ってるね。
ってそれぐらいしかいないんだけど・・・
チクリ魔で女好きだったら嫌われても仕方ないかなぁ

「映画女優」じゃ渡辺徹が演じてましたっけ


32 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 06:43 ID:dg79DxGO
「簪」は笠の役が傷痍軍人という設定だったので戦時中という時代に関わらず企画が通ったらしい。

33 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 06:58 ID:dg79DxGO

性格的に問題があったのは事実らしいが、戦争で親を亡くした浮浪児を何人も引き取って生活の面倒を見るなんて中々できるものではない。
清水ファンとしては癖のある性格よりも「子供好き」というポジティブな面を強調したい。しかし、その元浮浪児が清水の死後、清水の奥さんに対して財産目当ての裁判を起こしたと言うのはがっかり。(涙)

34 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 17:07 ID:VAMMYCEa
>浮浪児を何人も引き取って生活の面倒を見るなんて中々できるものではない

ロリコンだから。よくあることです。

35 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 14:01 ID:Gz12UMB9
だいたい100年祭って言うのに小津とのこの扱いの差はナンだよ!
シネフィルは一体何のために存在しとるんだ!こういう巨匠を宣伝するためだろが!
スクリーンで見てこそ映画、とかしたり顔でほざく前にビデオが弱小レンタル店にずらっと
並ぶぐらい彼らを有名にして見せい!

36 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 17:53 ID:tqtVK8iS
test

37 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 18:02 ID:tqtVK8iS
>>33 財産目当ての裁判。あちゃー、本当ですか。恩をあだで返すとはこのことだな。
「蜂の巣の子供たち」、観てたら環境で顔が捻じ曲がったようなすごい顔した関西弁の
子がいて。だんだん馴染んでくるけどね。最後の山のぼりのシーンなんか泣けた。
「その後の蜂の巣の子供たち」は死んだはずの子が出てきて、あれはフィクションでした
ってことから始まる。その映画作りも清水らしい、自由闊達なものって感じ。
>>36 そのとおり。ばんばんやってほしいね。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 23:46 ID:aXlNjCTV
>>32
>「簪」は笠の役が傷痍軍人という設定だったので
う〜んでも映画の中では出てこなかったような・・・。そんなところを
示唆するようなシーンってあったっけ?
でも、笠智衆より、やっぱり一番インパクトが強いのは
あの学者センセイでしょうね。それとものすごく頼りない日守新一。

田中絹代は美人じゃないけれど戦前は庶民的でかわいらしく、戦後は
演技派、ということなのだろうね。古い話題でごめん。

39 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 19:05 ID:aY/LAEP9
>>38 学者先生=斎藤達雄。ちょっと清水から話題それちゃうけど、BSの小津特番みてたら、
海外生活がけっこう長く、洗練されたプレイボーイ。身長は183。小津の気に入った女優、
片っ端からさらっていったんだってね。その割りに、「生まれてはみたけれど」や「突貫小僧」の
おふざけ演技もかなり笑わしてくれたけど。一方、日守さんは性格もよく、みんなに好かれていた
人で亡くなったときは社葬だったんだって。人柄の良さにじみ出てるもんなあ。

40 :清水宏の幻の映画よ、今いずこ・・・:04/03/22 12:08 ID:5FszbDW1
>>27「小原庄助さん」の背負い投げのシーンは自分も凄いと思った。これ
ほど緊迫感のあるアクションシーンはめったにない。てっきり大河内自身が柔
道経験者だと思っていたが、経験はないらしい。「姿三四郎」撮影のために少
し練習した程度だというから、あの映像の力は清水の演出の力ということにな
る。見事。

41 :.......:04/03/25 01:37 ID:J/kTBuj5
 『小原庄助さん』面白い作品ですね。エンドタイトルにはビックリ。
『暁の合唱』という作品も良かったです。若き日の木暮実千代の
華やかな美少女ぶり。。

42 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 06:34 ID:Y64NlT58
「恋愛修学旅行」のあらすじ読んで、激しく見たいんだが
見る方法ないすか?

43 :この子の名無しのお祝いに:04/03/26 17:19 ID:wtkxvKYl
始めまして。
 川本三郎さんの本で始めて知りました。
子どもが大好きだったということで悪い話は書いてありませんでした。
最期は本を読んでうたたねしているうちになくなったそうで穏やかな本人の映画のような穏やかな一生だったのかと思っていました。
「今ひとたびの日本映画」の
 口笛吹いて子どもは元気 に 蜂の巣の子供たちのことが書かれてあって 鐘の鳴る丘 が当時のやらせだったと批判し、この作品は本物の孤児を使っていること、子ども達が明るくて元気なことを高く評価しています。

 按摩

 テレビ放送は無理なんでしょうか。
 



44 :この子の名無しのお祝いに:04/03/26 17:21 ID:wtkxvKYl
按摩と女 
題だだけで、おもしろそうですね。
 


45 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 01:00 ID:ZWTH0rjf
「按摩と女」、スカパーで昨年放映しています。フィルムは残っているわけですから、
また放映するチャンスはあるのではないかな。

46 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 15:10 ID:ZWTH0rjf
按摩ものでは「簪」にも按摩が登場する。これもひなびた温泉場が舞台。

47 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 19:26 ID:faR7ZMp2
図書館で「金環蝕」見た。
ちょと偶然が多すぎるが、楽しめた。
ロケも多く、ゴルフ場のシーンもあるんですな
社長令嬢?役の女の子が、今のアイドル並に可愛いかった。

48 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 20:36 ID:DRxpSPiH
図書館! ほー、ずいぶんいい企画をやるもんだなー。うらやましー

49 :清水宏の幻の映画よ、今いずこ・・・ :04/04/07 22:43 ID:9xH7Vj5N
文芸座で、また小津特集をやるらしいが、ビデオでほとんどが見られる監督の
特集をするよりも清水ブームを作るぐらいの気迫で清水特集をやってくれない
だろうか。

何とかなりませんか

50 :この子の名無しのお祝いに:04/04/07 23:08 ID:ZwRq1anV
巷の名画座じゃ、まず無理だろう。
三百人劇場でさえ清水特集は数本しか上映できないのが現状。
望みの綱はフィルムセンターぐらいか・・・
岡田“ビヤ樽”氏のアトリエ・マニュークに皆でリクエストのメールを出そう!

51 :清水宏の幻の映画よ、今いずこ・・・:04/04/07 23:31 ID:9xH7Vj5N
三百人劇場では時々特集上映が組まれていますが最近は上映されませんね。

http://www.so-net.ne.jp/movie/filmex2003/031124/talk1124.html
<崔洋一、清水宏を語る。>

52 :この子の名無しのお祝いに:04/04/08 03:43 ID:nNUIHt6J
>>49-50
去年、山田宏一氏の肝いりで、新文芸坐で清水の特集をやろうという企画があったが、
フィルメックス=フィルムセンターで清水レトロスペクティブがあることを知り、断念したという。


53 :この子の名無しのお祝いに:04/04/08 09:46 ID:AlAiRbSx
昨年のフィルメックスの特集では
字幕版を上映しなければならない関係か、FC所蔵プリントは僅か2,3本で
ほとんどが、どこやらのあやしげな財団所蔵の粗悪なプリントばかりで
FCは名前と場所(といっても地下の小ホール)を貸しているだけの
消極的な役割しか担っていない印象が強かったな。
あのぐらいの規模だったら>>52の、新文芸座の企画の方が期待できたかも。
今からでも遅くはない>山田氏&永田さん!

54 :この子の名無しのお祝いに:04/04/08 11:01 ID:UqPk1Jkl
>>53
松竹は、けっこう古い作品のプリントを持ってますからね。とはいえ、16mm
が多くなるでしょうが・・・。

山田さんは、そんなに清水作品は観ていなかったらしいですが、近年、フィルム
センターやビデオ、映画祭などで観て惚れこんだようですね。

フィルムアート社で清水本を出している、田中眞澄一派のようなうるさ型も
おりますね。

55 :この子の名無しのお祝いに:04/04/13 19:20 ID:y9pOE19G
戦前の撮影所システム全盛時代に、あれだけ自由な映画作りをし、かつ面白い
映画が撮れた清水って才能、まだまだ見たいし、埋もれさせたくないですね。
「有りがとうさん」なんてロードムービーだもんね。今でも十分受けるってか、
全然古くないとおもうんだけどなあ。日本人として清水知らないって恥ずかしい
ことのような気がする。まるで自国の映画を知らないアメリカ人と一緒。

56 :この子の名無しのお祝いに:04/04/14 05:32 ID:gaPGz33X
 51さん、ありがとうございます。
 対談が大変おもしろかったです。
 評価している人はいるのですね。
 イラン映画とか比較がわかりやすかったです。

57 :この子の名無しのお祝いに:04/04/15 22:11 ID:zU5VB0VC
>>しかし、よりによってなんで崔なんだ。崔ごときに清水宏を語ってほしくない気がする。
崔って一本でもまともな映画撮ったことある? 「月はどっち」なんて最低じゃん。プロデューサー
もまともなものない気がするけど。
まだ小津とのつながりって意味では黒沢、青山のほうがシンポの人選とだぶっても
全然いい。崔はいくらなんでもないよー!

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)