2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電送人間

1 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 05:14 ID:5T/7QsVu
八千草薫の美しさゆえに「ガス人間第一号」がもてはやされるが、
中丸忠雄の不気味さからいっても「電送人間」に軍配が挙がるな。

2 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 05:46 ID:5UqHZeuM
電送した不安定な状態のまま殺人を犯して、銃弾も突き抜けるとかいうの
だったら、もっと面白くなったと思うのだが。

3 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 08:02 ID:KcDY78/n
確かに中丸忠雄は雰囲気が出ていた。
福田純のアクションものが沢山観たい。

4 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 09:48 ID:r5UuYdPw
>>1
「ガス人間第一号」はそのキャラクターと土屋嘉男の演技が好かれるから。
女優は八千草薫でなくても良い。
中丸の不気味さは認めるが。
むしろ、もっと無茶してほしかった。

5 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 10:38 ID:499TsUJy
鶴田浩二.唯一のSFと思われ

6 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 16:23 ID:zwQ/QAdu
定番の突っ込みどころではあるのだが、
犯行現場にあらかじめ受信装置を送っておかねばならないってのは
何とかならなかったのか。
電送を繰り返してゆくうちに中丸の肉体や精神に変調が生じるとか。
ガス人間の「哀しみ」に変わる「狂気」の要素がもっとほしかった。

あと、顔に走査線がはしるというアイデアは秀逸だけど、これは現地に送り込まれた
肉体そのものの構造が不安定になっているのか、そのあたりが不分明。
あれだと、現地に投射された一種のホログラフィが乱れているだけのようにも見える。

つまり電送人間は、肉体そのものを現地に送っているにもかかわらず
何だか本人は送信機の中にいたまま、自分の「影」を操ってるようにも見えるところが難。
作ってる方も何だかよくわからなかったのではないかな。

7 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

8 :この子の名無しのお祝いに:03/12/29 13:44 ID:bY2AFjZT
主人公の復讐が たとえば最後の一人の段階で失敗すれば むしろ後味の
悪い作品になったが 腹黒い人間がみんな死んでくれたのは見ていて後味が
良かった しかし 天の報いか 主人公も犠牲に これは止むを得ない結末で
あろう。

9 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 10:43 ID:fjz42kz4
子供時代に観たんだが、最後に電送人間が苦しんだあげく消えてしまった
ところなんか怖かった。「永遠にどこかをさまよっているのかなあ」なんて。

10 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 10:53 ID:f++VS1zY
さぁ、いらはい、いらはい!

11 :ツルった:03/12/30 17:13 ID:HDrnaxcz
「犯人の銃剣魔は人間のかたちはしているが、
 血管のかわりに電線が通り、
 血液のかわりに電流が流れている悪魔です。」

12 :この子の名無しのお祝いに:04/01/02 06:05 ID:JD8gtTad
光を発しながら走る中丸忠雄萌え

13 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 01:22 ID:SSWUr1va
特撮ものを見てよく思うのだが、先端技術や未来のことは、映画制作時点で
想像できるもの以上のことは描けない。あたりまえだけど・・。

劇中、科学者役の村上冬樹が物体電送装置の要となるクライオトロンについて、
「トランジスターに替わるものと言われている」と解説しており、
時代を感じる。

LSIはおろかICもまだ一般には知られていないころだったのかな。


14 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 16:08 ID:82Z8lWGl
トランジスターがやっと一般化したくらいの時代だからね

15 : :04/01/11 19:24 ID:VgjOGBZ7
何れにせよこの映画は中丸忠雄の代表作である事は間違いない。
大げさかもしれないが「一世一代」の名演だよ。
鶴田浩二ほかを完全に食ってしまっているこの存在感はどうだ。

16 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 22:30 ID:jd7e1pQ5
やっぱハエと一緒に電送されたらハエと融合しちゃうのかなぁ・・・

17 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 00:51 ID:RfBevGTU
「頼んでおいた部品は約束どおり届くのですね。
 そうですか。それはよかった。
 ・・・・・
 ふっふっふっふっふ。
 はっはっはっはっは。
 あーっはっはっはっはっは!」

そこまで自分を怪しげにしてどうする。

18 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 01:23 ID:1br7XM+K
土屋嘉男さんに電送人間の感想を聞いた時、開口一番
「いやぁ、この映画は走らされたなぁ〜」との事でした

19 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 15:23 ID:oEX4ImxS
土屋嘉男?

20 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 16:12 ID:RfBevGTU
>19
土屋嘉男は、「美女と液体人間」「電送人間」で続けて刑事役で出演してるのよ。
その甲斐あって、次作ではとうとう犯罪を犯す側に出世。

でも、変身人間ものの最初の二作では、必ずキャバレーが出てくるのね。
それも「三国人」の経営するやつ。
キャバレーに張り込む平田昭彦さんのトレンチコート素敵。
田島義文が三国人役というのもまた・・・

21 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 18:43 ID:AbrX+tW2
キャバレー「大本営」

コスプレしてるのなw
当時、ああいうのって本当にあったのかね?

22 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 17:28 ID:X/WdwhoE
いまでも韓国に「皇居」って名前の日本料理店あるしな。
戦後の日本は朝鮮人がやりたい放題だったらしいし、やりかねん。

23 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 19:00 ID:fc9SqXEq
>21
実際にあったみたいよ、ああいうキャバレー。
以前新聞か何かで「海軍バー」みたいのが紹介されてて、内装は軍艦の館内、
窓は舷窓、おまけに店内に航行中の効果音を流すんだそうだ。
ホステスがセーラー服を着ているかどうかは知らないが・・・

「大本営」のホステスは従軍看護婦のコスプレだね。
これはこれで結構。

こういうバーやキャバレーにくるような旧軍属は、間違っても「真空地帯」とかを
見たりはしないだろう。

24 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 19:51 ID:uhKl3ret
3年くらい前にBSで見たが、たしか東宝の「社長三代記」(1958)で
加東大介扮する三代目社長が通う飲み屋が
軍国キャバレーみたいな店だった。

戦友の娘(だったか?)が勤めていて、
その娘がなんと水野久美だった!

見た人いますか?

25 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 20:59 ID:AkFfcgzc
「軍隊酒場」でぐぐってみ。

26 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 21:57 ID:fc9SqXEq
水野久美コスプレしてるの?
アケミ風看護婦か・将校服着て愛の嵐か
マタンゴ風もいけるかも知れない。

ところで、電送人間が登場するシーンの「チャリーン」みたいな効果音は
何を表現しているのだろう。
アレは無印仮面ライダーの「ぴゅいーん」のようなものなのか?

27 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 19:57 ID:ChqFtZoF
鶴田はこの映画に出た事を本当に後悔してたらしいな・・

28 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 20:42 ID:mkgxsZ7A
>>27
鶴田浩二は、「特撮に出演させられた(#゚Д゚)」と怒って東宝を辞めたという話があるね。

平田昭彦や土屋嘉男なんて嬉々として出演してたのにな〜
つうか、名優としての地位を築いていた志村喬は東宝特撮に何度も出てるね。
エライ(・∀・)

29 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 20:59 ID:mYbUIgTX
この映画を映画館で観た記憶があります。
40年以上前の地方の映画館で、2本立てだったと思います。
ストーリーは憶えていませんが、題名と電送の場面は憶えていました。
子供にはかなりインパクトがありました。
ところで、皆さんも相当の年齢なんでしょうか?
それとも、ビデオでも発売されているんでしょうか?

30 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 00:33 ID:n4AAoPLT
>>29
私は昭和34年生まれ、44歳です。古い特撮大好き人間です。
職場にも特撮好きな人がいて、よく東宝作品の話をします。この人は52歳(!)。

VHSのテープはレンタル店に置いてあることがあります。DVDは未発売。

ところで、この作品の監督ですが、どうして福田純さんなのでしょうか?
一応、特撮映画だと思うのですが、本多さんじゃないのはなぜ?
アクション映画の括りなのでしょうか? 鶴田浩二も出ていることだし。
それとも、ただ本多さんが多忙だったから?
マジレスキボンヌ。

31 :20代ぎりぎり:04/01/30 11:07 ID:JQOc0k72
TVで何度も放送されたでぇ〜

32 :30:04/01/30 19:39 ID:o7XXK2rg
私も初めてみたのはTVで。
1972年頃、東京12チャンネル(現・テレビ東京)で続けて東宝特撮を
放映したことがありました。放映順序はたしか以下のとおり。
ガス人間第一号
電送人間
美女と液体人間
世界大戦争

ほかにもあったような気がしますが・・。
29の方は40代後半でしょうか。


33 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 20:28 ID:7ABJRZXV
このスレにくるような人間は、1980年近辺に文芸座・浅草東宝などで
盛り上がっていた、現在30代半ば〜後半の特撮ファンが多いと思われます。
あとはTVで見た人たちでしょうか。

34 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 20:55 ID:j+q8DEZy
僕は33ですが、いわゆるムッ句本とか映画100選と言った本で
存在だけはガキのころからしってましたねw

よくいる怪獣博士だったのと、親父がハマーのホラー映画なんかのファンだったので
SFには敏感だったんですがw
他人の顔、またんご、三打ガイらetc・・
高校あたりからビデオレンタルが充実し始め、
段々と東宝特撮もみれるようになってきたんですが、ここら辺の作品は
いまだになんか特別ですな・・・。
すれ違いですが、三田ガイら初めてみた時、その特撮技術の高さに
かなりびびりましたよ。
ごけ美泥は幼稚園辺りにテレビで見て、意味わからないながらも
何か嫌なものを見たことだけはわかりましたね。
なつかしい。。いい時代になりましたねw

ムッ句本であれこれ想像してた時間もよかったですが。

35 :29:04/01/30 22:21 ID:5EY2otIf
皆さん、ご返事有難うございます。
そういうことだったんですか。納得いたしました。
私は、特に特撮好きではないので、TV放送には気がつきませんでした。
失礼致しました。


36 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 22:35 ID:mHJHFhnV
なんつたって凄いのは、あの夜汽車だよ。爆破されるまでミニチュアだと気づかなかったもん。

37 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 23:20 ID:51DbIyOL
やっぱり当時の円谷のミニチュアはすばらしいね。
個人的には「サンダ対ガイラ」の夜の東京のセットが好きだが。
特にあの作品や、その前のフラバラは他の作品と縮尺がちがうから
細部が良くできているね。

電送人間より二十年近く前に円谷が関わった「ハワイ・マレー沖海戦」の真珠湾攻撃のシーンが
あまりによくできていたため、戦後接収した米軍が「・・本物か?」と聞いたそうだ。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 20:05 ID:A0bAoLg4
ほぼ、ダイソー人間です。

39 :この子の名無しのお祝いに:04/02/21 22:45 ID:U9Hc+kdW
age

40 :この子の名無しのお祝いに:04/03/24 20:16 ID:Ny7HW0xM
【ゴジラ】昭和東宝特撮SF映画総合【本多】
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1066792863/l50

41 :この子の名無しのお祝いに:04/04/24 17:33 ID:gIc/NFPa
博士役の佐々木孝丸氏は同じ町内に住んでた。俺は会った事無いけど・・・

42 :この子の名無しのお祝いに:04/04/24 22:56 ID:MOeY7s/W
見るたびに思うのだが、
ラストが噴火で終わってしまう―のが謎???

43 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 11:24 ID:5v7ojEb0
電送人間に殺されるのが透明人間、その事件を追うのがガス人間。
三大怪人大決戦?

44 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 12:40 ID:BZJEUU+S
>電送人間より二十年近く前に円谷が関わった「ハワイ・マレー沖海戦」の真珠湾攻撃のシーンが
あまりによくできていたため、戦後接収した米軍が「・・本物か?」と聞いたそうだ。

それ、よく聞くが、本当かな?
実写のシーンの一部を、現場?再現?と聞いたんじゃないかと推測。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)