2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人情紙風船 〜 山中貞雄

1 :しゃどやん:03/11/22 14:52 ID:lRw5qyZz
キーワードは

1909年生
千本組
マキノ雅博
嵐寛寿郎
岸松雄
伊丹万作
永田雅一
小津安二郎
享年28歳

続かなきゃすぐ人情dat落ちでOK。

2 :2番ゲッター:03/11/22 14:55 ID:5GmqNJzb
Get!

3 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 14:57 ID:hQzcC+w9
現存してる作品はコレと、あと二本だけと聞いているが>山中作品

4 :しゃどやん:03/11/22 15:03 ID:lRw5qyZz
28歳までに山中が積み上げたキャリア
( http://www.jmdb.ne.jp/person/p0146850.htm )
監督
1929.06.05 からくり蝶 前篇  東亜京都  ... 助監督
1929.07.10 からくり蝶 後篇  東亜京都  ... 助監督
1929.07.13 鞍馬天狗  東亜京都  ... 助監督
1929.08.14 大利根の殺陣  東亜京都  ... 助監督
1929.09.13 明暦風流陣  東亜京都  ... 助監督
1932.02.04 磯の源太 抱寝の長脇差  寛プロ
1932.04.14 小判しぐれ  寛プロ=新興
1932.06.15 小笠原壱岐守  寛プロ
1932.07.13 口笛を吹く武士  寛プロ
1932.09.15 右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法  寛プロ
1932.11.17 天狗廻状 前篇  寛プロ
1933.04.13 薩摩飛脚 剣光愛欲篇  日活太奏
1933.06.15 盤嶽の一生  日活太奏
1933.09.28 鼠小僧次郎吉・前篇 江戸の巻  日活太奏
1933.11.01 鼠小僧次郎吉・中篇 道中の巻  日活太奏
1933.12.14 鼠小僧次郎吉・後篇 再び江戸の巻  日活太奏
1934.03.01 風流活人剣  千恵プロ
1934.07.12 足軽出世譚  千恵プロ
1934.09.13 勝鬨  千恵プロ  ... 応援監督
1934.11.29 雁太郎街道  千恵プロ
1935.02.28 国定忠次  日活京都
1935.06.15 丹下左膳余話 百万両の壺  日活京都  ←<現存>
1935.07.14 関の弥太ッぺ  日活京都
1935.11.01 街の入墨者  日活京都
1935.11.15 大菩薩峠 第一篇 甲源一刀流の巻  日活京都  ... 応援監督
1935.12.31 怪盗白頭巾 前篇  日活京都
1936.01.15 怪盗白頭巾 後篇  日活京都
1936.04.30 河内山宗俊  日活 =太奏発声映画  ←<現存>
1936.08.14 海鳴り街道  日活京都
1937.03.19 森の石松  日活京都
1937.08.25 人情紙風船  P.C.L. ←<現存>

5 :しゃどやん:03/11/22 15:04 ID:lRw5qyZz
脚本
1929.02.08 鬼神の血煙  寛プロ
1929.07.13 鞍馬天狗  東亜京都
1929.11.01 右門一番手柄 南蛮幽霊  東亜京都
1929.11.15 恋の湊 三国一刀流  東亜京都
1929.12.14 貝殻一平 前篇  東亜京都
1929.12.31 二刀流安兵衛  東亜京都
1930.01.07 貝殻一平 後篇  東亜京都
1930.05.29 右門捕物帖 六番手柄  東亜京都
1930.07.13 続・鞍馬天狗 電光篇  東亜京都
1930.09.27 なりひら小僧  東亜京都
1930.11.29 右門捕物帖 十番手柄  東亜京都
1931.02.04 続業平小僧 怒濤篇  東亜京都
1931.02.28 右門捕物帖 十六番手柄  東亜京都
1931.04.15 喧嘩商売  東亜京都
1931.07.31 右門捕物帖 十八番手柄  寛プロ
1931.09.01 鞍馬天狗 解決篇  寛プロ
1931.10.01 戸並長八郎  寛プロ=新興
1931.10.29 右門捕物帖 二十番手柄  寛プロ
1932.01.07 江戸育ち なりひら小僧  寛プロ
1932.02.04 磯の源太 抱寝の長脇差  寛プロ
1932.02.27 右門捕物帖廿五番手柄 七十七なぞの橙  寛プロ=新興
1932.04.14 小判しぐれ  寛プロ=新興
1932.06.15 小笠原壱岐守  寛プロ
1932.07.13 口笛を吹く武士  寛プロ
1932.09.15 右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法  寛プロ
1932.11.17 天狗廻状 前篇  寛プロ
1932.12.08 恋と十手と巾着切  新興
1933.04.13 薩摩飛脚 剣光愛欲篇  日活太奏
1933.06.15 盤嶽の一生  日活太奏
1933.09.28 鼠小僧次郎吉・前篇 江戸の巻  日活太奏
1933.11.01 鼠小僧次郎吉・中篇 道中の巻  日活太奏
1933.12.14 鼠小僧次郎吉・後篇 再び江戸の巻  日活太奏
1934.03.01 風流活人剣  千恵プロ
1934.07.12 足軽出世譚  千恵プロ
1934.08.08 へり下りの利七  日活京都
1934.11.01 水戸黄門 来国次の巻  日活京都
1935.01.15 水戸黄門 密書の巻  日活京都
1935.04.03 水戸黄門 血刃の巻  日活京都
1935.06.15 丹下左膳余話 百万両の壺  日活京都  ... 構成
1935.11.01 街の入墨者  日活京都
1937.03.19 森の石松  日活京都
1937.07.01 東海道は日本晴れ  P.C.L.
1959.03.11 江戸遊民伝  松竹京都
1959.08.09 戦国群盗伝  東宝
1960.10.16 がんばれ!盤獄  宝塚映画  ... 構成

6 :しゃどやん:03/11/22 15:04 ID:lRw5qyZz
原作
1930.09.27 なりひら小僧  東亜京都
1931.02.04 続業平小僧 怒濤篇  東亜京都
1931.04.15 喧嘩商売  東亜京都
1932.01.07 江戸育ち なりひら小僧  寛プロ
1932.12.08 恋と十手と巾着切  新興
1935.02.28 国定忠次  日活京都
1936.04.30 河内山宗俊  日活 =太奏発声映画
1936.07.01 お茶づけ侍  日活=太奏発声
1937.03.19 森の石松  日活京都
1939.10.21 その前夜  東宝映画京都
1955.05.13 旗本やくざ  宝塚映画
1956.11.20 朱鞘罷り通る  東映京都
1963.02.17 恋と十手と巾着切  東映京都

7 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 15:09 ID:HZdOWcnk
「盤嶽の一生」は、ちょい前に市川崑なんかでTVドラマ化したね。
酷い出来だったけど・・・

8 :しゃどやん:03/11/22 15:16 ID:lRw5qyZz
辞世の言葉・・・・昭和13年4月、徐州大会戦に参加するにあたり、書いた遺書。

「陸軍歩兵伍長としてはこれ男子の本懐、申し置く事なし。
日本映画監督協会の一員として一言、『人情紙風船』が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ」





>>2-3 >>7
レスありがとうございます。
邪魔者は消えますので以降しばしご歓談を

9 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 16:02 ID:GOz588gl
実家に倉持ってる奴は一度調べて欲しいなぁ
幻の作品が一本ぐらい出てくるかも知れん

10 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 16:14 ID:yO9r+2Rw
何でこの人の作品ってこんなに残っていないの?
もし見つかったら特ダネですか?

11 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 18:07 ID:pJpKYvxx
「盤嶽の一生」だったかな?
断片が残っているらしいぞ。

12 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 18:15 ID:8GgTJPta
>>11
ホ、ホントか!!!!
まじ見てえよーー!!!!!!
新藤兼人が、これを見て映画の道に入ろうとしたという、
正直者の侍が騙されて損ばかりするコメディー。
長生きしてよかったよー(泣

13 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 18:57 ID:vZVFvP9z
10年ほどまえに出た佐藤忠男の大著「日本映画史」には最近さるコレクターから
山中貞雄の幻の名作「小判しぐれ」の断片フィルムがフィルムセンターに寄贈された
ことが書かれてあるが、この映画、一向に日の目を見ない。どうなったのか?


14 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 21:23 ID:7P1fHAoe
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shadow/index.htm

山中貞雄ファンのペ−ジ↑
かなり詳しくのってます。

15 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/22 21:30 ID:7P1fHAoe
どっかから発見されないかなあ?
「国定忠治」、「街の入墨者」希望

16 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 21:43 ID:7P1fHAoe
僕がこの人を評価するのに相応しい言葉がある。「生きて再び山中がメガホンを握ったならば日本はおろか世界中にその名が轟くだろう。」

17 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 22:03 ID:7Jm32B/5
黒澤明の一歳下だったんだね。
徴兵された時も本当は帰郷組だったのに、連隊の一人の馬鹿が「それではお国のために
恥ずかしい」と自殺を計ったために、軍上層部が感激してその一団は原隊に全員回れ右。
惜しい・・・実に惜しい。

18 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 23:45 ID:lF/4WYCK
>>17
そいつ軍人としては立派かもしれんが日本映画界の至宝を
失わせたという意味では大バカヤローだな。

19 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 23:57 ID:6uDBrDH6
>>4-6
短い人生に凄く仕事した人なんだなあ、、、、、、、

20 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 06:06 ID:OPXmqjNL
あげ

21 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 09:27 ID:JfzfSQ4z
どうすれば山中のような才能が生まれるのだ?

22 :17:03/11/23 11:13 ID:/PpJ3ICE
>>17 × 黒澤明の一歳下だったんだね。  → ○ 一歳上
スマソ。

23 :17:03/11/23 11:14 ID:/PpJ3ICE
>>18
当時は本音(戦争行きたくない)より建前(お国のために)が優先された
時代だったんだね。恐ろしい事だね。

24 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 16:26 ID:QAYxEVhp
あげ

25 ::03/11/24 18:41 ID:0RQdVsNo
NHK教育で
ラストシーンだけ見たが・・・


26 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 20:04 ID:QAYxEVhp
>>25
どうだった?


27 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 20:08 ID:USS57EqU
作品については触れられてないのねw。

ずいぶん前に見た作品だから細部は良く覚えてないが
「その傘、間違いなく返してくれよ」
のセリフだけで凄惨な運命(死?)を匂わせるところとか、好きだったなぁ。

28 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/24 20:45 ID:QAYxEVhp
おたきが作った紙風船が溝を流れていくシ−ンで、体に寒気が走らないやつはいないだろう。

29 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 20:54 ID:Tahn9knj
いい映画だ・・・・・名品だよ。

30 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 22:32 ID:qY58sKmq
>>18
軍人に立派もくそもないさ…けど生還しても果たしてそのままいい作品を作り
続けたかは疑問だ。案外稲垣浩みたいに小さくまとまったかもしれないよ

>>29
そうかな?「河内山」に比べると爽快感がない気がするけど

31 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 01:19 ID:3pxl7C81
京都文化博物館で開催中の「京都映像フェスタ」で、山中貞雄の
遺書を書いたノートや、戦地で病気になった山中に宛てた撮影所
仲間からの激励の寄せ書きを展示中。
この寄せ書きの近況で、宮川一夫が「イマダ童貞ナリ」と童貞を暴露
されてます。
詳しくはこちらから。11月30日まで開催中
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/org/bunpaku/eizo_festa/index.html


32 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 01:55 ID:hb/FIPmd
「シュリ」を見て、「やっぱり徴兵制のある国の映画は銃の構えが様になってる」と
思ったのだが、百万両や人情には、「刀で切りあいをしていた国」の残り香が
微かに漂ってるような気がする。

33 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 06:59 ID:zw1hBniy
黒澤明より上だと思う

34 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 09:45 ID:mFNgXBKy
>32
いや、それは歌舞伎役者が映画に出ているからだと思うよ。
戦国時代以来、鉄砲で撃ち合いや槍で突き合いはしてきても、
「刀で切り合い」なんて芝居の世界でして来なかった国なん
だから。

35 :通りすがり:03/11/25 10:14 ID:pMdrQf7L
確かマツダ映画社が編集した「山中貞夫なんとか集」(タイトル失念)て
フィルムがあったと思う。昔ACTの無声チャンバラの特集で見たよ。
残ってるフィルムの断片だけ字幕も集めて繋げてあって、松田春翠の語りが入る。
そんなに長くはなかったけど。

36 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 12:13 ID:hb/FIPmd
>>34
そうなの?
この役者さんたちについて何か知ってたらもっと教えて。
あの落ちぶれたお侍さんなんて、落ちぶれてるのに物凄い品格があったよなぁ。
百万両のおかみさんも大好きだ。

37 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/25 20:05 ID:JZrIGAyT
「街の入墨者」に女形で出演していた河原崎国太郎の声を担当されていたのがお婆さん役
で有名な原ひさ子さん。「人情紙風船」にも源公の女房おてつとして出演されているが、
未だにどの人かわからない。誰か分かる人がいたら教えてください。

>>36 あの侍は前進座の俳優「河原崎長十郎」です。先ごろなくなった「河原崎長一郎」
さんのお父さんと言った方が分かり易いかな。ちなみにあの浪人夫婦は河原崎長十郎とその
実生活でも、奥さんの山岸しづえが演じています。

38 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 21:09 ID:mFNgXBKy
>36
人情紙風船と河内山宗俊は、両方とも前進座のユニット出演。
つまり、主役から脇役までほとんどを前進座の座員で占めている。
前進座は歌舞伎界の因習に反発した実力のある若手が、これもあまり
血縁なしに長老にまでなった実力派の市川猿之助(今の猿之助の祖父)
を中心に独立を計ったのだが、猿之助は松竹にくどかれて結局断念、
二階へ上がってはしごをはずされた形の若手だけが一座を結成した。
37さん解説の河原崎長十郎のほか、今の中村梅之助、梅雀親子の父で
あり、祖父である中村翫右衛門、洋画家の松山省三の息子で役者の松
山英太郎、政路兄弟の父の河原崎国太郎、長門裕之、津川雅彦兄弟の
叔父の加東大介(市川莚司)、劇作家の小山内薫の息子の市川扇升な
ど、歌舞伎界での係累はないが、実力派の若手が揃っていた。
山中作品ではないが「阿部一族」「元禄忠臣蔵」など、前進座ユニッ
ト出演の作品で名作と呼ばれる物は多い。



39 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 01:09 ID:z8dovVs6
>>35
『山中貞雄作品集』でしょう。
後に再編集されて『嗚呼 山中貞雄』というタイトルに変更。
収録されてる断片は以下の作品。

「右門捕物帖一番手柄 南蛮幽霊」'29 (脚本作品 監督橋本松男)
「右門捕物帖六番手柄 仁念寺奇談」'30 (脚本作品 監督仁科熊彦)
「磯の源太 抱寝の長脇差」'32 (監督・脚本)
「右門捕物帖廿五番手柄 七十七なぞの橙」'32 (脚本作品 監督仁科熊彦)
「薩摩飛脚 剣光愛欲篇」'33 (監督・脚本)
「鼠小僧次郎吉」(前中後どの巻かは不明)'33 (監督・脚本)
「風流活人剣」'34 (監督・脚本)
「水戸黄門 来國次の巻」'34 (脚本作品 監督荒井良平)
「水戸黄門 密書の巻」'35 (脚本作品 監督荒井良平)
「水戸黄門 血刃の巻」'35 (脚本作品 監督荒井良平)
「関の弥太っぺ」'35 (監督 共同監督稲垣浩)
「大菩薩峠 第一篇 甲源一刀流の巻」'35 (応援監督作品 監督稲垣浩)

40 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 10:02 ID:NmA05P8W
ほんのかけらのような断片なら、あと「怪盗白頭巾」もあるし
最近では「海鳴り街道」「小笠原壱岐之守」も見つかっている

41 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/26 19:11 ID:vGumNBFo
時代劇専門チャンネルで11月30日の午後12時から「嵐寛寿郎乱闘場面集」があります。
視聴可能な方は是非ご覧ください。幻の映画「抱寝の長脇差」の断片が観られます。

42 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/26 20:47 ID:vGumNBFo
age

43 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/28 11:12 ID:aiatZ2SE
age

44 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/29 06:26 ID:j+YKZXQP
age

45 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 22:04 ID:qgczxkXN
映画が、たつた3本じゃあ話が続かない。わしゃかなわんよ...

46 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 23:14 ID:SUBUY6MO
そうそう、なんで異常に人気があるのかわからない。
誰かに煽動されているのか・・・?

47 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 23:36 ID:TC3Ciprv
そーいえば、「百万両の壷」がリメイクされるな。どーなることやら。

48 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 00:01 ID:MzAswnmJ
誰が撮るの?>リメイク

49 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 00:02 ID:O3ASkkfw
「紙風船」一本だけで自分にとっては至高なのだが。

50 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/11/30 21:04 ID:LAhyRnIC
この人の映画が3本だけでも残っててくれたのが幸い。

51 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 22:46 ID:bz8OBF0r
伝記映画が作ってくれい!
エピソードも、戦前の撮影所風景を映像化するのも面白いと思うYO!

52 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 23:11 ID:e15yTwrf

  この作品の封切り日に召集令状を受け取った山中貞雄は、
  「『人情紙風船』が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ」と書き遺して戦地に赴き、
  本当にこれが遺作となってしまった。
ttp://www.jidaigeki.com/prog/100571_000.html

今夜1:30 時代劇専門チャンネルで放送あり

53 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 01:22 ID:XyW0tS8d
>>47

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/07/29/04.html
時代劇の人気ヒーロー・丹下左膳が、映画で37年ぶりに復活する。山中貞雄監督の名作
「丹下左膳餘話・百萬両の壷」(1935年)をリメークする「丹下左膳・百万両の壷」(監督津
田豊滋)で、主演は豊川悦司(41)に決定した。スクリーンでの時代劇は初挑戦となる豊川
は「凄く光栄。監督と一緒に楽しいものが作れそう」と来年1月の撮影を心待ちにしている。


監督:津田豊滋
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0565280.htm

主演:豊川悦司
製作:江戸木純

54 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 02:42 ID:YWg993Nr
>>53
プロデューサー・江戸木純の手腕に期待したいね。

55 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/12/03 21:17 ID:ozi++FNU
age

56 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 08:31 ID:7UhjvPVr
ヨソの掲示板で「百万両の壺」のラストの大立ち回りシーンが残っていると
騒いでいた奴がいたが、あれは大嘘なんだろうなぁ

57 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 17:33 ID:6UY91H0r
切り捨てられたカットすら出てこないから、今後「盤嶽の一生」とか「街の入れ墨者」
を見ることは出来ないだろう

58 :この子の名無しのお祝いに:03/12/08 18:27 ID:331bYLTk
保守

59 :この子の名無しのお祝いに:03/12/12 10:17 ID:iLl12Ljp
>>56
おれも友人に残ってるって聞いた事あるよ。
一種の伝説みたいな物なのかも知れんが。

60 :この子の名無しのお祝いに:03/12/13 07:34 ID:8vtW0bPH
すごい夢を見たんで聞いてくれ。
近所のレンタルビデオ屋が閉店になっちゃうんだよ。
それで店主が自棄になって、在庫をタダで配り始めるの。
俺はまっさきに「紙風船」をゲットに走るんだけれど、先に誰かにとられてて、
しょうがなくて「百万両」で我慢するの。
そこで目が覚めた。

61 :この子の名無しのお祝いに:03/12/14 18:17 ID:ROKlz9fH
>>60

俺は、もっと凄い夢を見た
山中貞雄の「街の入れ墨者」を見たのだ

62 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 08:29 ID:ODfi21Q1
昔あった山中スレにも書いたけれど、
大河内伝次郎の粗雑なフィルム・アンソロジー(マツダ映画社だったと思う)に
「国定忠治」の断片が入っていた。

伝記映画は、数年前から黒木和雄が意欲を燃やしているようだけど
やはり一般的な知名度が無い人物の伝記映画では資金が集まらないようで・・・・

映画を見れば、世界映画史的に重要な人物だということは明白なのだが・・・

63 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 09:25 ID:jxUIfdfQ
>>62
俺は60なんだけれどw
「紙風船」すごく好きなんだけれど、「世界映画史的に重要」とまでいわれると
頭が弱いせいもあってよくわからない。
なんかすごくリアルな気はしたんだが。
よかったらどのへんが「重要」なのか教えてくれ。年末にでも見直すつもりなんだ。

64 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 10:30 ID:ODfi21Q1
現在、山中貞雄が海外でどれだけ知られているか、に照らし合わせれば
世界映画史的に重要、という言い回しは我ながら余りにも大袈裟ですし、
小津、溝口、黒澤のように西洋の監督たちに多大な影響を与えたわけでもありませんが・・・

それでも、この人の映画の全ての瞬間にひらめく天才ならではの輝きは
世界映画史的なレベルで見ても、突出した映画作家たちの一人に数えられて
然るべきだと確信しています。

海外で紹介された際には、ルネ・クレールと比較されたりしていますが
私は、両者では全く格が違うと思います。

65 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 19:03 ID:ecyir5AH
>>62
>大河内伝次郎の粗雑なフィルム・アンソロジー(マツダ映画社だったと思う)に
>「国定忠治」の断片が入っていた。

ひょっとして伊藤大輔の「忠次旅日記」の断片と勘違いされているのでは
山中貞雄の「国定忠次」はカケラすらも残っていないと思うよ


66 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 19:57 ID:320yIJB/
こう言っちゃ悪いけど山中って妙に神格化されてない?
確かに良い映画撮ってるけど凄さの本質までは今の俺では理解できない。
むしろそのセンスの良さが本当の意味で解ってたのはその当時の同業者
の人達だけじゃないかな。
プロ野球でも選手間で評価が高い人と一般のファンに評価が高い人が
いるけど山中は前者のタイプかと。
戦前にいた沢村忠が伝説の豪速球投手と言われてたように山中も
伝説の監督扱いだよね。
その実体を知る者はほとんどいない・・・・・

67 :この子の名無しのお祝いに:03/12/15 21:01 ID:ODfi21Q1
>>65
「国定忠次」でした。
画面下にタイトルと監督名が出て、その瞬間、ハッとした記憶が・・・

名古屋の芸術創造センターという場所での上映でしたが
他に見た方はいらっしゃいませんか?

68 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 01:59 ID:niX2z3XB
>>66
そのとおりですね。夭折したという点で
「沖田そう司(漢字が出てこない)」とか「義経」とかと
同じような「ヒーロー化」をしているように思われる。
しかも完全な作品が3本しかないので倍増だな。幻の作品に
「夢」を託しているアマチュア「映画評論家」のなんと多いことか・・・。
それとも、蓮見なんとかに煽動されてしまっているのかな。


69 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 05:49 ID:9ITsJ+uU
>>66 = >>68

70 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 06:02 ID:Hj0HKB53

ダメですよ、みんな分かって放置しているんですから・・・・

こういう輩は反応すると粘着して始末に終えないから
見て見ぬ振りしておきましょう

71 :60:03/12/16 06:05 ID:DkSYy9Pv
うーむ、やっぱりどう凄いのかわからん。

俺もよう説明できんけどな。ただ好きというだけで。
ただ「百万両」を見たときに、清水俊二の翻訳物みたいな洒落っ気を感じたな。

72 :66:03/12/16 06:24 ID:1GeVHwZF
マジで68は俺じゃないんだが・・・
じゃあどこが凄いのかちゃんと説明してみろ>>70

73 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 07:28 ID:Hj0HKB53
実際に映画を見て、その素晴らしさが分からない人に何を説明しろというのか?
それ以前にアンタ、映画見てるのか?

そもそも何だ、これ

>>戦前にいた沢村忠が伝説の豪速球投手と言われてたように山中も
>>伝説の監督扱いだよね。
>>その実体を知る者はほとんどいない・・・・・

わずか3本とはいえ作品が残っていて、
それらを見た現在の映画ファンから深い敬意を捧げられている監督が
「伝説の監督」「その実体を知る者はほとんどいない」

たわ言にもほどがある


74 :66:03/12/16 11:01 ID:FX1z/o9F
>それ以前にアンタ、映画見てるのか?

お前の方がよっぽど失礼だろ。なんでそんな憶測で物が言えるんだ?
見てもない映画を語る為にわざわざ人の少ないこんなマイナーなスレに
来ると思うか?アホか。
20何本も製作していてたった3本しか残ってなかったら十分伝説の監督じゃ。
50年以上も前の監督の事なんて実体を知ってる方が不思議だわ。
小津でも37本も残っていても伝説の監督扱いされてるだろ。
要は昔の一時代に深い影響を与えた者が伝説扱いされるんだよ。
それくらい常識的な事も解らず煽ってくるお前の方が問題あるわ。
これだから盲目的山中信者は・・・

75 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 11:18 ID:Hj0HKB53
なるほど・・・これは失礼した。
見ていないのではなく、見ているのに分からないのか・・・
アンタを余りにも過大評価していたようだ。

>>小津でも37本も残っていても伝説の監督扱いされてるだろ。
>>要は昔の一時代に深い影響を与えた者が伝説扱いされるんだよ

小津は、「昔の一時代」に影響を与えただけでなく
現在も現役の監督に深い影響を与えているが・・・
そんなことも知らないの?

それから、アンタの言う「実体」って どういう意味だい?
ま、無理して答えてもらわなくてもいいけど

76 :68:03/12/16 12:23 ID:niX2z3XB
まず、66氏は私とは別人です。

私は「百萬両」「人情紙風船」は好きだが「河内山」は
それほどでもないと思う。したがって
残りの作品はすべて「名作」とも「駄作」とも誰にも断言できない。なのに
この「夢を託された監督」の異常な持ち上げられぶりは・・・。
作品が好きだ、ならよいが監督が天才、というのはどうにも腑に落ちない。

77 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 12:39 ID:Hj0HKB53
山中は「夢を託された監督」ではなく
3本だけで大天才だと分かる監督です。

この3本で山中が天才だと思えない人がいても構わないけれど、
我々は別に山中を「ヒーロー化」などはしていません。
それは山中貞雄にふさわしくない振る舞いと思われます。
また、
「煽動されてしまって」いませんし、
「夢」を託しているアマチュア「映画評論家」でもありません


78 :この子の名無しのお祝いに:03/12/16 15:55 ID:TjPBVBLe
「人情紙風船」
これ一本で天才は証明済みでしょう

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/16 20:41 ID:wMXDVpos
ハリウッド映画フリークの小津や山中への海外の評価は
「よくもまぁ極東の辺地というハンデでこれだけ勉強なされました、えらいですね」ってことじゃないの

80 :沙堂マン ◆8oIraS2Aes :03/12/16 20:50 ID:9Mnz55RC
3本でも彼の作品が残った事を感謝しませう。

81 :この子の名無しのお祝いに:03/12/25 09:35 ID:2XS/ai22
こけ猿の壺、、、凄いおもろいね。笑ったよ。

82 :この子の名無しのお祝いに:04/01/06 08:50 ID:hussN92J
流れちゃう前にあげ

83 :この子の名無しのお祝いに:04/01/06 23:35 ID:mEGVc+fA
てめえが面白けりゃそれでいいじゃねえか。
俺は「人情紙風船」の中村翫右衛門の表情が忘れられねえ。
俺にとっちゃ、大事な作品だ

84 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 18:37 ID:6rWZ0Gwu
12月の小津のシンポ行ってきたんだけど、そこで青山真治が
興味深い事を言っていた。それは「はたして小津は挫折した事
があるのだろうか」と言う話。青山はある小津作品のあるシーン
を見たときに、それが「人情紙風船」の1シーンかと錯覚する
くらい酷似した移動ショットを発見したと言う。時系列から
いって小津のその作品の方が後なので真似をしたわけではない
のだが、すくなくとも自分のすぐ近くに自分よりも完璧な移動
ショットを撮れる「山中貞雄」という男が存在しており、小津は
少なからず嫉妬し挫折感を覚えたのではないか、というのが青山
の仮説であった。無敵の小津に挫折感を抱かせていたかもしれない
山中の作品が現在3作しか見られないなんてあんまりですよね。


85 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 22:11 ID:bFRRVQvy
ドリーと奥行きの表現にかけては、山中は同時代の小津を完全に上回ってたと思う。


86 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 22:42 ID:tsaXy3jT
>>84
「宗方姉妹」だっけ? 「なんせ7位だもんな」ってのはどうでしょう?
この辺のアセリが吉田喜重との一件につながっていると思いますが。

87 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 06:42 ID:LIpcPFGJ
ねえ、チミたち筒井康隆の短編小説「CINEMAレベル9」読んだことある?
「夜のコント・冬のコント」という新潮文庫の中の1篇。
20頁もない作品やし未読のヤシは、とりあえず立ち読みしてみれ。
読んでるうちに顔がニヤけてくるから注意しとけ。

88 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 06:49 ID:LIpcPFGJ
あ、言っとくけど誤爆じゃねーよw
騙されたと思って読んでみれ。

89 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 07:00 ID:i3ya+J7V
この映画。
やはり発展途上の映画だと思うね。

いい映画だし、面白いとは思う。
しかし、日本映画がその後、小津、黒澤などを輩出(表現的な確立)
する下地を作った人としての評価はできる。

ラストシーンも表現的に未熟。

90 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 07:04 ID:i3ya+J7V
この映画の卓越しているのは、配役の巧みさだ。
当時の俳優の素晴らしさはよく出ている。

が、くりかえすが、「日本映画屈指の作品」というのは虚像。
日本映画の精華はやはり戦後だろう。

91 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 22:13 ID:WldU2dbe
まあ、戦後の方がもちろん
技術的には格段に向上しているけれども
戦前でなければ描けなかったものというのも
かなり多いと思う。こじんまりした作品が多いのは事実だが。
それだけストレートな内容のものが多いので
ドンピシャかハズレかどちらかになるな。
戦後は、全体的に技術が向上しているので
そ〜んなにハズレ、という作品はあまりないのでは。

92 :この子の名無しのお祝いに:04/01/22 22:19 ID:dknG2vm9







http://chance.gaiax.com/home/nityanneru






93 :この子の名無しのお祝いに:04/01/23 00:51 ID:bDJ7jG5X
>87
読んだことあるよ。>CINEMAレベル9
映画ファンなら思わず胸が躍る短編だよね

94 :この子の名無しのお祝いに:04/01/23 02:54 ID:7xyRyzA0
「人情紙風船」見るたびさ
映画の語り口ってこの頃から進歩してねえなあ・・・て思うんよ
そりゃ時間軸をひねくり回したり、細かい編集技に凝ったり、
長回しに執着してみたり、主観性を前面に打ち出したり、いろいろあったさ
しかしさ、出来事の連鎖を一定の客観性を保って描写し、
なおかつ画面全体にさりげなく情趣を漂わせつつお客を誘導するってのは
もうここで極められてる気がするよ

95 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 22:36 ID:tnmjGxk3
山中貞雄って外国の映画監督でいえば、ビリ−ワイルダ−に作風が似ているのかなあ。

96 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 23:46 ID:9y8lb55V
「国定忠治」観てえよ。。
ウチの爺ちゃんに聞いてみようかな、山中貞雄作品について・・・

97 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 23:49 ID:9JbMTCsr
爺ちゃん生きてるうちに聞いておけ!

98 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 03:47 ID:dFFRHSmw
>もうここで極められてる気がするよ

それはいえるかもな。
この映画を日本映画史上最高傑作の一つだとかの
過剰評価はしないが、その説には大賛成。

そういう部分的表現の完成度は古い映画において、多くがすでに達成されている
と言っていい。
ハッキリ言って、黒沢以後(1970年まで)、それまでの「巨匠」の放った
映画以上のものを作り出した作品は皆無に近いといっていい。
日本映画はこの30年まったく進歩していないといって過言でない。
あるなら、紹介して欲しい。


99 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 08:28 ID:QVeRrO/w
>98 「砂の器」ぐらいかなあ。

100 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 11:20 ID:JdlRW9Lm
>>98
役者の問題も大きいと思う。

101 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 13:28 ID:YFNC/dXO
>映画の語り口ってこの頃から進歩してねえなあ
それはハリウッド映画で培われたもの。そしてハリウッド映画フリークの
山中が舞台を日本にしただけのこと。

102 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 15:15 ID:KVn4g9zs
>>98
『仁義なき戦い』四部作と『家族ゲーム』
>>84
小津は山中を畏れていたと思う
小津みたいな端正好みのスタイリストは山中みたいな茫漠としたタイプに弱いんじゃないかと





103 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 19:22 ID:Dc7+CIRv
「国定忠次」
横山運平が良かったよ。清川荘次もよかったな

104 :_:04/01/26 19:42 ID:PbMSNCPG
>>103
ドドどっ言う意味だ!

105 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 20:20 ID:dnd93syY
>>101
所詮ハリウッド映画の模倣に過ぎないって事?

106 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 21:27 ID:FrdqtutP
ホークスやラングが1930年代までに確立した語法から大きく踏み出した映画なんて
何があるというのか?
2001年宇宙の旅なら、とかいうなよ、キューブリック厨。

107 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 23:22 ID:O2ZwqQ0F
小津の編集と黒沢の望遠くらいは挙げていいんじゃないの?

108 :この子の名無しのお祝いに:04/01/27 08:35 ID:xw7Rjgkv
>>103
確かに
商人に扮装して逃亡する国定忠次の大河内に、忠次と目して付け狙う目明かしの
横山運平。居酒屋で二人が対峙するところで、その手前に縄のれんが揺れているのが
なんとも象徴的で心に残る名シーンだった。


109 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 02:32 ID:LxY2vs2/
「河内山」と「百万両」、DVDが出るみたい。

110 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 13:27 ID:OAJ4DaC+
「百萬両」主題歌
別テイクまであるのにびっくり!。

http://www.fjmovie.com/~shimomura/sazen/

111 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 16:27 ID:KSs56vV7
新橋喜代三と東海林太郎のデュエットもあったと想ふよ

112 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 17:08 ID:wtSacnXb
110-111
なんだか目がクラクラするような古い情報が出て来てスゴイなこのスレは。
しかし、おまいらいったい幾つだ。

113 :犬塚稔:04/01/29 19:11 ID:KSs56vV7
>>112

来月で103歳になりますが、なにか..
儂は山中君の壮行会に呼ばれたよ

114 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 22:29 ID:gtOO97e0
>>108
「抱寝の長脇差」や「街の入墨者」、「盤嶽の一生」は、観賞された事はあるんですか?

115 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 23:26 ID:q7n5KXfm
「街の入れ墨者」は
河原崎国太郎のアップだけは止めて欲しかったヨ
女形の化粧がバレバレ

116 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 08:08 ID:lqvPtKDj
>>115
そうそう女形ってのがばればれだから声だけは、原ひさ子が吹き替えたんだよな。

117 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 10:42 ID:HF43RsG1
幻の山中映画をはじめ戦前の日本の名画の多くを世界的な映画コレクターである
北の首領様が保管しているという噂。
戦前の日本帝国統治下で朝鮮半島で公開されていた映画を全てコレクション
しているらしいよ
そういう意味でも、あの国の自由化と解放を願うよ

118 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 13:17 ID:nQ6NtGR3
魅惑の サイレント映画 総合 
↓ここの46の人なら何かもっていそう
http://tv4.2ch.net/test/read.cgi/movie/1068440699/l50

119 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 22:48 ID:gJgfG5uM
>>118
46…映写機ないものなのか。確認してほし…。

百万両の壷見ました、山中映画もっと見たくなりました。
森の石松が見てみたいな…見つからないかな。

120 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 23:09 ID:I8fqmFLy
>>117
米軍のピンポイント攻撃なんか受けたら(ry
>>118
46・・・めちゃくちゃ威圧されている
フィルム・センターに寄付まで要求している奴いるし。
     

121 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 00:48 ID:sp8EClP2
>「抱寝の長脇差」や「街の入墨者」
なんだかタイトル的には
えらくベタな感じがするのだけれど、
今見ても本当に面白いのか心配。


122 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 01:18 ID:SZYK3uQT
>>121
大丈夫だよ、心配しなくても。
どっちも見られないから。

123 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 08:41 ID:gQrica1U
アンダーグラウンドの話では
「抱き寝の長脇差」「盤嶽の一生」「右門捕物帖」は秘匿している人がいるそうだ

124 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 11:59 ID:sp8EClP2
>>122
あはは、確かに。
それにしても日本映画は「見られない作品」が多すぎというのは
ゆゆしき一大事だな。個人の力ではどうしようもないので
国も文化の保存に真剣になってもらわんと。

125 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 12:53 ID:8D+E/1qE
>>123
そうらしいね。黒澤明の『白痴』のカット部分と同様に気になる。
九州の方では新興キネマの作品がざくざく出てきたなんていう噂
もあるし。

126 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 16:44 ID:j0Jq2Mui
>>121
「山中貞雄作品集」というのを買って読みなさい。
シナリオを読むだけでも素晴らしい映画だという事がわかるから。

127 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 23:54 ID:sp8EClP2
>>126
一度読んでみますね、御教唆ありがとう。
でもシナリオだけでは
映画として面白いかどうか
はっきりしたことはわからんだろうが・・・。


128 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 01:11 ID:3RAZldC5
ヲタならシナリオ→脳内再生はお手の物でしょう

129 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 01:18 ID:4+7DQLXc
某作家の脳内再生↓

「佃島の牢を破って逃げた男です。こいつは与平次。
やったのはこいつです。お調べください。間違いございません」

130 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 11:32 ID:jcEQ2Osz
>>118
結局所有者は圧力に屈して逃げ出したね。厨房には困ったもんだ。
これで山中をはじめとした幻の映画発見かと思われた一筋の光も絶たれたということか。

131 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 21:29 ID:CFdL1pkX
>>130
あの手のコレクターは最初から出すはずもないから、別に「圧力かけた」
厨房の責任ではないよ。


132 :この子の名無しのお祝いに:04/02/03 18:32 ID:xvaE5IhJ
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
懐 か し 邦 画 板 ア ップ ロ ー ダ ー
http://haru04sherry.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/joyful.cgi
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

133 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 21:08 ID:dv07Yelm
age

134 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 21:54 ID:ETIO5Ara
日本映画の最高峰だとは思う

135 :この子の名無しのお祝いに:04/02/19 22:53 ID:9/3WOAfC
age

136 :この子の名無しのお祝いに:04/02/20 19:07 ID:VhbiwthP
age

137 :この子の名無しのお祝いに:04/02/25 15:59 ID:o3ye7k0L
あげ

138 :この子の名無しのお祝いに:04/02/28 11:32 ID:BXfnXiOj
あげ

139 :この子の名無しのお祝いに:04/02/28 21:06 ID:wCo1tIl0
「丹下左膳餘話 百萬両の壷」の欠落していた殺陣シーンが一部、発見されたらしい。
DVDに収録されるそうだ・・・うーん、欲しくなってきたなぁ。

http://www.asahi.com/culture/update/0228/001.html

140 :この子の名無しのお祝いに:04/02/28 23:41 ID:xcGyHFBX
やっぱり死なないと出てこないか

141 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 01:51 ID:krEJqo7h
>>139
しかし、たった20秒か・・・。山根さんはトボけているが、山中の幻の作品
のありかはご存じらしい。やはり持っている人はいるらしいよ。

142 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 01:52 ID:4zcvC9xB
>>139
情報サンキュー。
実はそんなに山中ファンではないけれど(w
フイルムの発掘は本当にうれしい。是非とも観てみたい。
戦前日活作品なんか出てこないかな。

143 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 07:31 ID:99xii8dB
今後山中の映画が発見される可能性としては
1.フィルムコレクタ−が持っているものが遺品整理の時、出てくる。
2.日本の旧植民地だった国から発見される。
特に北の首領様は、植民地時代だった時の邦画をたくさん持ってらっしゃるとか。

144 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 08:23 ID:IbXkEXrL
満映にもたくさんあったはずだけど、
中国は文化大革命があったから微妙だね。

145 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 09:10 ID:w0sNynyR
>>143
あとはアメリカ。戦前の日本の風俗を研究するためと称して占領軍が多くの
戦前の日本の映画をアメリカに持って行った
多くは返却されたが未だ全部ではない

146 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 10:09 ID:96VcZJ3a
うちのじいちゃん、
戦前観た「国定忠治」と「森の石松」が最高だったと言ってたが、
両方とも山中作品なんだよな。
この前TVで山中作品のリメイクをやってたが、
戦前の山中作品の足元にも及ばないらしい。

147 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 12:37 ID:w0sNynyR
うちのジイサマも戦前に「百万両」と国定忠次をみている
古くからの山中ファンによると「国定忠次」がベストで現存3作品を上回るらしい

148 :この子の名無しのお祝いに:04/03/02 22:35 ID:MtaOq0QG
DVDで公開当時の画質で観れるとは夢にも思わなかったね ( ´∀`)

149 :この子の名無しのお祝いに:04/03/02 22:39 ID:eCCBL8zP
山中作品を戦前に見てたじっちゃんたちは口を揃えて、無声時代が最高だったと
言うし、現存の散策品をベストにあげるじっちゃんもいない。
けど、こればっかりはどーしょーもねーし、残ってるのだけでもあれだけすごいんだから
森の石松とかほんとにすごかったんだろなあ

150 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 01:35 ID:T7Z7hLgW
「磯の源太 抱寝の長脇差」「怪盗白頭巾」の部分映像(各1分)
これがDVDに入ってるのか・・・


151 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 05:41 ID:uy2y+zL9
あと「百萬両の壺」の戦後カットされた2分の内の20秒ほども入るよ。

152 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 08:16 ID:7w3SSZ6F
WOWOWで録画したから余裕かましてたのに・・・買わねばならなくなった・・・


153 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 13:19 ID:NAxK0ApA
1.磯の源太 抱寝の長脇差
 いそのげんた・だきねのながどす('32年 嵐寛寿郎プロ、サイレント作品、シナリオ現存)
 原作:長谷川伸 脚色:山中貞雄 撮影:藤井春美 
 出演:嵐寛寿郎、市川寿三郎、片岡市太郎、松浦築枝

 映画の中から生まれた映画作家山中貞雄の処女作。
 その映画感覚の水みずしさは、懶惰なるぼくの心を揺り動かし、
 新しき時代映画の希望を投げ与えた。これは過褒ではない。
 しかし多くのひとびとは尚それを信じなかった。

16.国定忠治
  くにさだちゅうじ('35年 日活京都、シナリオ現存)
 原作:山中貞雄 脚色:三村伸太郎 撮影:安本淳 
 出演:大河内伝次郎、鬼頭善一郎、清川荘司、高津愛子、横山運平

 たった一日の、たった一軒の宿屋の中でもこれだけさまざまな人生があることを、
 「グランド・ホテル」的な誇大さによらずして、淡々とした筆触で描きつくした作品。
 愛すべし。

21.怪盗白頭巾 前篇
22.怪盗白頭巾 後篇
 かいとうしろずきん こうへん('36年 日活京都)
 原作:梶原金八 脚色:三村伸太郎 応援監督:石橋清一 後編応援監督:稲垣浩 
 撮影:松村禎三 応援撮影:竹村康和

 出演:大河内伝次郎、黒川弥太郎、高勢実乗、鳥羽陽之助、市川百々之助、横山運平、花井蘭子

 梶原金八の戯作者的な面貌をはっきりとのぞかしてくれた作品である。
 山中貞雄を愛していた彼の母が死んだのは、この撮影中の出来事ではなかったろうか。
 山中貞雄の作品はこの後次第に暗さを帯て来る。











154 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 13:21 ID:NAxK0ApA
25.森の石松
 もりのいしまつ('37年 日活京都、シナリオ現存)
 原作:山中貞雄 脚色:山中貞雄 撮影:荒木朝二郎 
 出演:黒川弥太郎、花井蘭子、横山運平、深水藤子、清川荘司

 大河内伝次郎を離れて黒川弥太郎を主役に仕立てて――ヒントは「民衆の敵」であるという。
 ここらで何かして新しい山中貞雄が生れなくてはならない。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~shadow/filmography.htm



155 :キネ旬:04/03/03 13:35 ID:NAxK0ApA
1933年  盤獄の一生・・・7位
     鼠小僧次郎吉・・・8位

1934年  風流活人剣・・・5位
     雁太郎街道・・・10位

1935年  街の入墨者・・・2位
     国定忠次 ・・・5位

1937年  人情紙風船・・・7位

当時高い評価を受けた作品はほとんど残ってないんだな。







156 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 14:57 ID:rRMlwS2i
つーか山中の映画をリアルタイムで体験したという人が
現代にどれだけいるのかと・・・
体験したという人はある意味歴史の生き証人だな。

157 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 23:14 ID:9/H7IOpn
NAxK0ApAさんが引用してるのは、山中の甥の書いた文章だっけ?

山中映画をリアルタイムで見た人は、1920年生まれなら無問題。
じっさいはもう少し後でもリバイバルがあった(現在残ってる三作は
戦後にリバイバルがあったのでプリントされ生き残った)から
今70代ならオKと考えると、まだかなりいても不思議ではない。
捕捉、訂正よろ。

158 :賛太郎:04/03/04 00:22 ID:nap/df+J
「百万両の壺」、なんと新たにチャンバラシーンのフィルムが20秒程新たに発見されたそうですなあ。DVDに新たに盛り込まれて発売されるとか。これはすごいこと! それにしてもまだまだ国内にもすごいコレクターがフィルムをもっているのではなかろうか


159 :この子の名無しのお祝いに:04/03/04 07:33 ID:rct1hA97
3本しか残ってないわけがない。
ヤーさんとかのコレクターが秘匿してるってのが事実だろうなあ。

160 :この子の名無しのお祝いに:04/03/04 23:28 ID:srBqxekb
>>159
>3本しか残ってないわけがない。

なんで?理由は?
3本でもよく残ったと思うけどね。
それと、「ヤーさんとかのコレクター」って?
映画のコレクターがヤーさん(みたい)だと思ってるの? そりゃ失礼過ぎる。
金つんでも出さないとこはある意味ヤーさんより始末が悪いけど w

159は脊髄だけで脳がないのか?

161 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 00:06 ID:DQHhwD3S
頭の弱い子を虐めるのは良くないことです。

162 :159:04/03/05 00:44 ID:ZcgnqTfO
>>160
漏れも公開当時から山中映画を知っていたご老人を二人知っているが
(うち一人は故人。その人は山中に会ったこともあるという。いい人だったって)
当時からファン・業界人の間で最高に近い評価を得ていたという。
その監督の作品が全国各地の映画館で公開され、出回っていたなら、
残り23本もあるうちの幾つかは、誰かが何らかの形で残していると思わないか?
「ヤーさんとかのコレクター」というのは、「ヤーさんのコレクター」という意味。
ヤクザにはコレクターが多いし、映画好きが多い。
興業とヤクザが近いことを考えれば、入手する確率も高かろう。
東京のヤクザなんかでも本家は浅草というの、多いしね。
(あと、斜陽になって潰れた劇場から金貸しが分捕ったのが巡り巡って……とかw)
というか(こんな名前、あんまり出したくないけど)蓮實も言ってるよ、
未発見の映画プリントのいくつかはその筋の人が持っているって。

これで脳があることぐらい、分かって頂けましたでしょうか?

163 :159:04/03/05 00:56 ID:ZcgnqTfO
おっと、蛇足ながら……
>>157 リンク先に岸松雄って書いてありますよ。

164 :160:04/03/05 01:03 ID:+84mxWUS
>>162
あのー、三本残ってるのは、別にコレクターが保存してたわけじゃないんですけど。
火事のことは知ってるだろうから書かないけど、あの三本は戦後リバイバルが
あった関係で偶然残っただけ。
だいいち、当時(戦前)の評価と残存率の間に明確な相関でもあるのかな?
たとえば、キネ旬の上位はよく残ってるとか。そんなことは無いだろうと思うが、どうよ?

>ヤクザにはコレクターが多いし、映画好きが多い。

ふーん、そりゃ知らなかったよ。なら、今までどんな戦前の映画がヤクザルート
から発掘されたのかな。いくつか例をあげて教えてくれないか?(皮肉じゃないよ。
知ってたら教えて)


まあ、160では少し言い過ぎたかもしれんが、162を読むと、こりゃもっとマズイと
心配しちゃうよ。心配なんて、それこそよけいなお世話だけどさ。



165 :159:04/03/05 01:26 ID:ZcgnqTfO
>>164
>あの三本は戦後リバイバルがあった関係で偶然残っただけ。
ありがと。でも、そんなの知ってるよ。漏れが言いたいのは、そんな形で残った
ものだけが残っているわけではない……ということ。
>だいいち、当時(戦前)の評価と残存率の間に明確な相関でもあるのかな?
評価の高いものは自分のものにしたがる奴がいると思うのが普通でしょう。
あと、ヤクザルートから出てきたものがヤクザルートから出てきたと公表
されるわけないでしょう。困った人だな(苦笑)
そして実際、(それがヤクザであるにせよ)コレクターの持ってるものは
なかなか出てこない。

漏れを心配してくれるのはありがたいけど、だったら蓮實も心配してあげてくれ。
つうか、ヤクザにコレクターが多いのも映画好きが多いのも知らなかったんなら、
話にならないんですけど。

166 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 01:41 ID:z/6zVPGl
>>165
ヤクザではないかもしれないが、関西の昔からの金持ち(京都や神戸あたり?)には、
古いスター映画やチャンバラ映画好きがいて、いろんなプリントを持っているらしい。

こういうコレクションも、簡単には外に出てこない。

167 :165(159):04/03/05 02:16 ID:ZcgnqTfO
>>166
京都は物凄く可能性ありますよね。
映画ゆかりの土地柄だし、西陣あたりの道楽人の金持ちが
持ってるってのはいかにもありそう。
ちなみに漏れが >>162 で触れてる山中に会ったという人も、京都の人です。
その人は貧乏だったけどw

168 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 07:34 ID:L9/NqVQy
山根貞男氏とフィルム探しに同行した人から聞いたことがあるが、フィルムコレクターにはまったく映画史的なことに興味がなく、単なる道楽であつめていた人も多いという。
誰版だったが忘れたけど、たしか「伊豆の踊子」の失われたとされているフィルムで、女優との会話シーンに自分を映したフィルムを挿入し映画史的価値はゼロにしてしまった
コレクターもいたとか。個人の所有物として頑なに提供しない人もいるらしく、宝物のありかがわかっていても公開につながらないケースもあるという。山中作品もそのような
コレクターが所有していれば問題だ。これは盗むしかないな。

169 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 08:01 ID:ufmeYlt1
>>140
かなり示唆的だね(汗

170 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 08:08 ID:jpEMertD
蓮實氏を嫌っていることを わざわざ表明せずにはいられない奴ってのは、
個人的にどうしても好かん…

>>168 さんの言っている話、私は山根氏の講演で聞きました。
自分を撮ったフィルムを交えて編集し直してしまい、その女優と自分が
対話している形にしてしまったそうな・・・・

コレクターらに山中作品について聞くと、山中作品など珍しくも無い様子で
当然のことのように「あるよ」と言うらしい。
しかし、絶対に人には見せないだけでなく、タイトルすら決して明かさない。
とにかく、かたくなな人ばかりとのこと。

その講演では、損得勘定抜きで、コレクターとコンタクトを取っている山根氏の努力に
頭の下がる思いがしたけれど、個人の活動には限界があるだろうし、
国がそうしたフィルムを高額で買い取る、という啓蒙でもしてくれれば
コレクターの家族の方が動いてくれそうなものだが・…

フィルムの権利関係のクリアーは、その後でも良いではないか…

171 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 13:17 ID:sDlhWEDn
 「なんでも鑑定団」でも、「ガラクタ集めて…」って白い目で見られてるお父さんの
コレクションに高値がつくことってあるよね。
 娘が依頼人として出て鑑定前の評価額が1万以下で実際の鑑定額が高いと
「私のもの、私がもらう」とかあるけど。
 コレクターが死んでもタダのガラクタだとしか思えなくて、捨てちゃったケースも
多いんじゃないか?結構、「幻の一品」コーナーで募集したら、価値もわからずに
相続したフィルムを抱えてた家から出てきたりしないかな?

 コレクターが持ってる分には、いつか日の目を見る可能性が0ではないけど、
ガラクタだと思われて捨てられたら終わりだからね

172 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 13:40 ID:2NfAbAsd
>>170
>国がそうしたフィルムを高額で買い取る

吹っかけてくる可能性があるので難しいと思う。フィルムセンターは、まあまあ
はやってる方じゃないでしょうか?

>.171
「鑑定団」は、その場のノリで高くしたり安くしたりするし、実態相場とは
異なる鑑定しかしないという。無用な骨董バブルを招いたという批判もある。
そういう番組に映画を利用されたくないなあ。

あの番組の価値は、「ガラクタ・贋物は値段がつきません」と啓蒙したことだけですね。

173 :159:04/03/05 13:56 ID:ZcgnqTfO
>>170
>蓮實氏を嫌っていることを わざわざ表明せずにはいられない奴ってのは、
>個人的にどうしても好かん…
その気持ちは分かるから、>>162
>(こんな名前、あんまり出したくないけど)
と、わざわざ但し書きをしたんだけど、それでも不快でしたか。すいません。

174 :173(159):04/03/05 14:04 ID:ZcgnqTfO
説明不足でした。
つまり、(嫌ってるし、その名を出すことを権威に寄り添ってるように曲解する人が多いから)
波風を立てかねない名前だから、出したくないという意味でした。
漏れ自身は、嫌っちゃいませんよ。普通に「蓮實も言ってるよ」と書けば良かったです。反省。

175 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 14:43 ID:jpEMertD
170です

>>173 >>174
理解しました。 こちらこそ不快な思いをさせてしまった事を御詫び致します。

私は、(こんな名前、あんまり出したくないけど)の「こんな」に反応してしまいました。
「この」でしたら、鈍感な当方にも理解できたと思います。

いずれにしましても、当方が礼を欠いた事は事実です。
失礼致しました。


176 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 16:38 ID:mh1IZhAd
結局ルパンに頼んで盗んでもらうという結論でよろしいでつね?

177 :この子の名無しのお祝いに:04/03/05 21:44 ID:HIu7G54k
横シネさえ燃えなければな

178 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 02:02 ID:wLB6y5+H
ルパーソに頼むのがいちばんだがそれが無理である以上、
最善の道は「あるはずだ」と言い続けることだよな。
言ったからすぐどうなるってわけでもないけど、言い続けることで
ひょっとしてネットに情報が流れたり、どこかから出てきたりもするかも。
山根貞男の地道な活動も「あるかも」ではなく「あるはずだ」という
意志ゆえだろう。山中のプリントはあるはずなんだ。

179 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 04:12 ID:Zvt2ZRG1
>>172
 色々問題はあるけど、まんだらけがバカな値付けして古い漫画の価値を
宣伝したから、古いから捨てようと思ったけど金になるなら売ろうと思った
人間が出て、消失を免れた漫画本も多いだろうから、たんに遺産としてとか
で偶然フィルムを手に入れた人間が捨てずに置くかもしれないし、金に困って
売り出す人間もいるかもしれないと思ったんだけどね。

180 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 04:20 ID:wLB6y5+H
>>179
おれもあんたに賛成だよ。
価値があるかも知れないと思わなきゃ、まず処分するのが普通の人。
「ちょっと待て、そのガラクタに価値あるかも」と思わせるだけでも
いいんじゃないかと思う。

181 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 04:36 ID:wLB6y5+H
とにかく処分されるのがいちばん恐ろしい。
いや、これまでにも無意識に処分されてきただろう。
だからあなたの言うように、もしこのスレを読んでる人間で
グッズでもいいから映画コレクションに自慢の人間がいたら、
「幻の一品」コーナーに出てコレクションを披露した上、
「いまいちばん欲しいのは無声映画のプリントなんですよ」
と言って募集する。んで、買い付けて、凄いのが出てきて、
フィルムセンターに寄付したらその人は神……。

なんてことも、夢想しないより、した方がいいと思いますね。

182 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 08:42 ID:SKTSMuWD
映画の著作権が少し前まで50年だったが法が改正され70年に延びた
つまり黒澤の完全版「白痴」は、ほんの僅かの間、映画会社の権利が失効して
いた。この間に完全版「白痴」を海外のオークションに出せば億の値が付いたはず
所有者は金が欲しいのではない、ただ誰も持っていない稀少な映画を一人占めしたいだけ
現に法改正で70年に延びても初期の山中映画はフリーになっているが手放す奴はいない
やはりルパンがゴルゴ13に頼むしかない

183 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 09:04 ID:+//HapID
改正法施行以前に著作権切れになった作品には、70年は適用され
ないんじゃないか?


184 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 09:34 ID:EpkcwijW
でもこの手の噂話ってキリがないよね。
「白痴」のように奈良の山奥に一人で住んでる男が持ってるとか
アメリカの砂漠の地下ライブラリーに沢山保存されてるとか
言い出せばキリがない。
ただ一つだけ確実に言えるのは所蔵してるコレクターは手強いという事
だけは確かだな。
大体コレクターなんて奴は偏屈な奴が多いよね。

185 :山中貞雄日活作品集DVD-BOX:04/03/06 20:07 ID:UXhywjWO

■邦画 DVD DVD ボックス


山中貞雄日活作品集DVD-BOX(初回限定生産)

映画監督・山中貞雄はサイレントからトーキー初期にかけて活躍しながら、1938年
若干28歳で戦死した不世出の映像魔術師である。斬新な映像手法で日本映画史に大
きな足跡を残したが、26本の大半が消失し現存するフィルムはわずか3作品しかない
。本作は最新技術によりHDテレシネした原版から成る高画質デジタルリマスター版
として奇跡的によみがえった日活時代の2作品と貴重な映像特典を収録した、初回限
定生産のDVD-BOXである。なお、当時16歳だった原節子の貴重な映像が堪能できる。
■収録作品
「丹下左膳餘話 百萬兩の壷」(1935年、モノクロ)
「河内山宗俊」(1936年、モノクロ)
■映像特典
・リメイク版「丹下左膳 百万両の壷」(主演・豊川悦司、2004年劇場公開)の特報
・山中貞雄作品「磯の源太 抱寝の長脇差」「怪盗白頭巾」の部分映像(各1分)
■封入特典
・解説書(親族から寄贈され、京都文化博物館が所有し、門外不出だった貴重な資
料を網羅したフィルモグラフィー)(予定)
ttp://direct.nagase.co.jp/scripts/dvdirect/dvd/details.asp?floor=dvd&item=4980884056851

↑ ここで予約しろ!

186 :185訂正:04/03/06 20:10 ID:UXhywjWO
http://direct.nagase.co.jp/scripts/dvdirect/dvd/details.asp?floor=dvd&item=4980884056851

↑予約しろ

187 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 21:52 ID:IC0RShlU
>185
なぜ、「人情紙風船」が入ってないの?

188 :185:04/03/06 22:00 ID:UXhywjWO
>>187
「百萬両の壺」と「河内山宗俊」は日活の映画だが、「人情紙風船」は東宝の映画だから。

189 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 00:23 ID:CmGmo+n7
>>182
>所有者は金が欲しいのではない、
>ただ誰も持っていない稀少な映画を一人占めしたいだけ
それは分かってる。だから家族もその「公的な」価値に思い至らない。
コレクターの死後、処分される可能性はあるでしょう。
あるいは別のコレクターの手に渡ってしまうとか。
(これは大いにあること。コレクター間の情報交換はされてるだろうから、
死んだと聞いたら誰より早く買い叩きに来るだろうし)
だからこそ「鑑定団」でも何でも利用して、それが「求められている」という
事実は訴えていくべきだと思うのだが……。

それ以前に「あるはずだ」と、皆で呟き続けていくことが大事ですね。

190 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 08:57 ID:EbcidJ/c
>>189

そう書く君が先ず「鑑定団」に山中映画1千万円で買いますと名乗り出ろよ
金が無くとも銀行が貸してくれる

191 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 14:10 ID:Wdxw/Gyx
それ、↑ 映画会社が本気でやるべきだよねぇ〜

このスレを眺めているうちに「百萬両の壷」が見たくなり
しまいこんであるLDを引っ張り出し、既に使用していないプレーヤーを配線し直し
久々に見たけれど、やっぱり悶絶するほど面白い!!!

映画館では5回ほど見ているけれど、その際のプリント状態が悲惨だったせいか
久々に見たLDの画質・・・というかマスターにしたプリントの状態は
「あれっ? こんなに良かったっけ?」という印象。
もちろんブツブツとコマギレになっている部分は目立つけれど・・・・

リメーク版を楽しめるのは、これを見ていない人に限られるんだろうなぁ…
いえ、リメーク版も見るし、それなりの期待はしないでもないけれど…


192 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 15:58 ID:CmGmo+n7
>>190
まず、もともと「幻の一品」に出るほどのコレクションがないし、
銀行がそんな金貸してくれる信用がございませぬ。ショボーン。

193 :187:04/03/07 17:20 ID:HJcKUpX5
>188
会社が違うんですね。ありがとう。
東宝って戦前からあったんだ

194 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 18:04 ID:NE5WlAyh
>東宝って戦前からあったんだ
正確には「人情紙風船」はPCL作品、東宝の前身でつ。

195 :187:04/03/07 21:20 ID:tIqlHjJz
>194
PCLって聞いたことがあります。
市川崑がそこでアニメ映画作ってたと聞いたことがあります。

196 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 11:08 ID:SXSPEbjI
>187
ここに詳細のってまつ↓
http://www010.upp.so-net.ne.jp/tohoscope/19321939.html

197 :この子の名無しのお祝いに:04/03/08 19:43 ID:IJhDT9lm
市川崑がアニメを作っていたのは同じく東宝の前身の一つである
J.O.(ゼー・オー)スタジオだと思ふ。

198 :187:04/03/08 20:39 ID:bFWobDHK
>196
勉強になりました。
みなさん、ご親切に(´▽`)アリガトーございました。

199 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 09:31 ID:hXbcsNcO
>>192
結局.他力本願かよ



200 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 13:18 ID:cyCxV06T
そのせいで、
山中貞雄を失わなければならなくなった、というただ一点のみでも
戦争を忌み憎むには、充分な理由たりえると思った。
語弊があるかもだけど。
流れ斬ってスマソ

201 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 13:36 ID:pH/UnmNw
○陸軍歩兵伍長としてはこれ男子の本懐、申し置く事ナシ。
○日本映画監督協会の一員として一言。
 「人情紙風船」が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ。
 負け惜しみに非ず。
○保険の金はそっくり井上金太郎氏にお渡しする事。
○井上さんにはとことん迄御世話をかけて済まんと思います。
 僕のもろもろの借金を(P・C・Lからなるせからの払ッて下さい)多分
 足りません。そこ、うまく胡麻化しといて戴きます。
○万一余りましたら、協会と前進座で分けて下さい。
○最後に、先輩友人諸氏に一言
 よい映画をこさえて下さい。
                    以上。
 昭和十三年四月十八日    山中貞雄


最後の「よい映画を〜」のくだりは、本当に胸に染みる文章です。
というか、今でも目頭が潤みます。
もっとたくさん映画を作りたかっただろうなあ・・・。

202 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 13:49 ID:fvpzXUcX
>>201
俺は任侠ものとか好きなせいか、
あんなに嫌がっていた山中が↓って言うのは、何だかたまらなくなるよ。

> ○陸軍歩兵伍長としてはこれ男子の本懐、申し置く事ナシ。


203 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 16:14 ID:tS3TmQKI
>>201
そういう遺言みたいなもんは形式的にみんな書いていただろうけど
山中には俺は生きて帰って来れないなという事をどこかで感じてたんだろうね。
虫の知らせというか。
結局はこのままでは国に帰れないとぬかした兵士が大馬鹿野郎だったって事で。


204 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 22:30 ID:EbE/ZcAR
「人情紙風船」を撮り終えてセットから出て来た直後に召集令状が来た事といい、
このままでは国に帰れないとぬかした兵士がいた事で、戦争に行かねばならなかった
事といい、何ていうのかな「人情紙風船」これ一本を撮る為だけに神様が山中貞雄と
いう男を遣わし、天国へと誘った。神の手を感じるんですよ。

205 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 22:50 ID:fvpzXUcX
>>204
そうゆうことは一本だけしかええ映画撮ってない監督にゆえよ。

206 :この子の名無しのお祝いに:04/03/12 14:43 ID:mDayxYil
>>204 悲劇を厨房的な情緒で美化するのは、お父さんが許しません。

207 :この子の名無しのお祝いに:04/03/12 20:22 ID:7Ds//dgu
age

208 :この子の名無しのお祝いに:04/03/12 20:33 ID:+Npao3Y4
一つ言えるのは、山中の映画表現は

この手の安っぽい感傷>>204から最も遠いところにある、ということだな

209 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 17:08 ID:G4RML1yH
1921年に撮影された映画が35ミリで今どき見つかるのだから
山中映画もまだまだ可能性はある

http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040312it04.htm

210 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 17:55 ID:z0kMw96C
つーか、プリントは存在してると思うのよ。
それを私蔵&死蔵するコレクター、その価値に気づかず廃棄しかねない家族に
プリント公開の重要性をどう伝えるか、だと思う。
個人的にはテレビ局あたりがキャンペーン組んで特番なんかもバンバンやってくれれば
即効性ありだと思うんだが。
「知ってるつもり」みたいな人物伝記番組もできるし、
現代のリマスター技術なら小型映画もこんなにキレイに、とかいって
映像版ビフォー&アフターもできるのでわ。
映画の製作、配給やビデオ製作に絡んでる局は多いし、BSなんかのソフトにも使える。
フィルムセンターのお蔵に入れられちゃうよりか、
漏れら一般人が見られるチャンスも多いと思うんだけどなあ。

211 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 18:56 ID:kn9HoQJV
>>210 賛成。
そして非力なイパーン人でも、どんどん「あるはずだ」「観たい」と言うのが大事。
何かを考えて(最初は)2ちゃんねるでいいから提案していくのでもいいし、
自分でそういうことを呼びかけるホームページを立ち上げてもいいし……。
>>160 みたく(すっかり沈黙しちゃったね)「3本でもよく残ったと思うけどね。」
で自足してるのは、一番良くない。>>204 の安手の感傷と同じで、映画の敵だな。

212 :211:04/03/13 18:57 ID:kn9HoQJV
あ、ちょっと言うと、フィルムセンターは「お蔵に入れ」ようとはしてないと
思います。保存だけでなく、「良い形で見せよう」とは頑張ってるのではないかと。

213 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 19:06 ID:h5td2DuW
そりよりさ地方の旧家とかでデッカイ蔵がある家を虱潰しに当たって
いくのはどうよ?
蔵の奥からお宝がザックザクてな事もあるかも。
出てくる出てくる、山中、溝口、伊藤、清水、マキノ・・・ハァハァ・・・


214 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 19:26 ID:n2n/UWqj
結局、山中貞雄って一般にどれぐらい知られているの?

215 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 19:35 ID:ze5Da+SG
ほとんど知らないだろ。
黒澤、溝口、小津ですら知ってる人は少ないのに。
それらを好きになって調べていくうちにそこから伝説の監督山中に
辿り着くってパターンがほとんどじゃないかな。
ちなみにオイラは「龍」ってマンガで山中の事を知った。

216 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 19:48 ID:cqmgWAvq
 山中貞雄が助監督でデビュ−したときのこと。何も仕事しないでカメラの横に立って
 現場を眺めているだけだったらしく、「あいつ誰やねん」ってみんな不思議がっていた
 そうな。大物は態度もでかいなと(笑)。

217 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 19:58 ID:n2n/UWqj
僕は、十数年前に発行された「日本映画ベスト150」ってやつで知りました。
多数の有名人のアンケ−トを元にまとめたもので、人情紙風船は10位でした。
(ちなみに1位が「七人の侍」2位が「東京物語」3位「が「生きる」でした。)


218 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 20:12 ID:ze5Da+SG
>>216
清水宏みたいだな。

219 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 20:39 ID:kn9HoQJV
>>214-215
その意味で今回の『百万両の壺』のチャンバラ・シーン発見が朝日新聞
でそこそこの取り上げられ方したのは良かった。他の新聞はどうなんだろ?
>>216
知り合いの山中に会ったおじいさんは、とても謙虚な人だと言ってますた。
ひょっとして、ぶきっちょで、現場で動けなかったのでは?(笑)

220 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 23:32 ID:4BVM+B7E
山中っておよそ美男とは言えないが、いい顔してるよね。
ジャームッシュの映画に出てきそうな感じ。

221 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 00:02 ID:wic0VP9X
>>212

黒澤が共同監督した『明日を創る人々』は
フィルムセンターで塩漬け状態なんですよね。

黒澤プロ側からのNGなのか、(組合主導作なので)東宝から
NGが出ているのかは不明だけど、いつか上映して欲しいなぁ。

222 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 00:59 ID:Z6RVqfAP
まあ、でも自分の周囲からそういう古典フィルムが出てきたら
まずフィルムセンターに連絡するけどなあ。

223 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 02:19 ID:OSyFF+bi
ディープな映画ヲタほど性格悪いからね
増してやフィルム持つほどとなると・・・・
きっと墓場まで持って逝くつもりなんだろうな

224 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 02:56 ID:IMnkLbBl
山中は、当時の助監督の証言によると、人の好き嫌いがかなりあったそうだ。
現場では大きな声は出さないけど、その静かな声で役者が動いていく独特の空気が
あったという。

225 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 18:32 ID:jFNYCoHU
ところで「人情紙風船」のDVDはいつ発売されるんだろう?
東宝が自社の映画で、DVD化してほしい作品のアンケ−トをとったら第五位(途中結
果)に入ってたんだが?

226 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 19:14 ID:LoOMAD7A
>>185
をみんなが買ったらやるんじゃないか? 営利企業だからね。

227 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 19:27 ID:LoOMAD7A
>>219
いや、俺の読んだ話では、
助監督なのに全然雑用はせずに、監督の演出にぶつぶつと文句つけていたらしい。

>>220
ジャームッシュ(ワラタ

228 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 13:24 ID:Zg7ofnc/
>>225-226
今回のDVDは山中それ自体というよりも、トヨエツ主演のリメイク版
「丹下左膳 百万両の壺」公開に合わせたタイアップなり。DVDの映像特典として、
トヨエツ版の予告編も入ってるよ(w つか、そんなの要らんちゅうに。
監督はカメラマン出身の新人で、時代劇の経験もないらしい。
脚本はプロデューサーの江戸木純自身。どう見ても駄目だと思うが。
日活は東宝にも「人情紙風船」DVD化の話を持ちかけたが、
「うちは出す予定はないです」と断られたとか。
まあ、邦画の旧作はそもそも売れないし、なかでも東宝はそんな邦画旧作に対して、
もっとも厳しいメーカーだからなー。

229 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 19:49 ID:h7x1U4xN
>>225
百万両BOXが好評だったら便乗して売るだろうね(w

230 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 21:15 ID:TBiSEcOJ
>>228
だったらなんでアンケ−トなんかとったんだろう?


231 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 21:45 ID:/pnmudyf
市場調査、マーケッティングですよ。
今のご時世、そんな事もしないで発売するのはそういう
発想も文化もない二流か、したくても金が無くて出来ない
中小企業。

232 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 22:14 ID:c8ZUutuz
東宝としても、変な映画のタイアップに付き合いたくないというのもあったんだろうな。

ところで、東宝で『紙風船』出すとして特典とかの素材ってあるのかな?

233 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 07:19 ID:RO6p8ElE
源公の女房おてつ役で出演していた原ひさこへのインタビュ−。
ところで原ひさこって生きているの?

234 :この子の名無しのお祝いに:04/03/24 01:01 ID:DYGwgqJV
保守捕手

235 :この子の名無しのお祝いに:04/03/24 01:49 ID:8kQt+LwI
>>233
昨日のNHKの俳句の番組に出てました
ひさ子さん、まだまだ元気なご様子で安心しました

236 :この子の名無しのお祝いに:04/03/26 22:14 ID:zaLw6aCi
CS衛星劇場にて4月、「河内山宗俊」放映!!

237 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 00:33 ID:ci8/1RHc
銀幕の女神たち 戦前日本映画黄金時代を彩った女優たち
ttp://www1.odn.ne.jp/~ccf10780/

...んのBBS、荒りゃりゃだな
ttp://mypage.odn.ne.jp/www/k/d/kd1040/bbs.html

なんか、ある意味ほのぼの。
(って当時者にしたらそうとも笑ってられないんだけど)


238 :こぴぺ:04/03/28 14:00 ID:jK465aO7
297 名前:名無シネマさん[sage] 投稿日:04/03/04 20:16 ID:CropKhOY
東宝DVDラインナップ(価格は税込)

4/28
竹取物語、つる・鶴、ゴジラ対へドラ(各5040円)、陰陽師U(2枚組6300円)

5/28 
悪魔の子守唄、獄門島、女王蜂、病院坂の首縊りの家、ルパン三世念力珍作戦、ゴジラ対ガイガン(各5040円)

6/25 
阿修羅のごとく(6300円)、東京オリンピック(2枚組6300円)、ゴジラ対メガロ(5040円)

7/30 
ひみつの花園、渚のシンドバッド(各5040円)、ウォーターボーイズ普及版(本編のみ2940円)、学校の怪談BOX(4作品18900円)

夏以降
(昭和傑作選)
青い山脈、無法松の一生、人情紙風船、銀嶺の果て、西鶴一代女、また逢う日まで

(MGM作品ファンタスティック・レザレクション・シリーズ)
SFソードキル、ダークエンジェル(D・ラングレン)、ハードカバー、プリズン、ジェレミー

来年
(成瀬巳喜男作品)
浮雲、めし、山の音、流れる 他

239 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 21:44 ID:NhXB4LKT
>238
おぉ!東京オリンピック!!!

240 :.......:04/04/17 15:23 ID:vwzpkUTi
 『紙風船』DVD出るらしいですね。山中貞雄ファンサイトの
掲示板に書いてありました。

241 :この子の名無しのお祝いに:04/04/20 23:05 ID:hK6cgDXD
トヨエツ版観た。山中版を見返したくなる映画であった。

242 :この子の名無しのお祝いに:04/04/21 21:34 ID:Dgv0erW3
トヨエツ版では和久井映見が妻役って言われてたと思うけど、左膳と店の女将って夫婦だっけ?
単に用心棒だと思ってた。それとも道場主の妻役?

243 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 08:05 ID:oWKmX3M0
山中貞雄は29歳で亡くなったものと思っていたけれど
今号のキネ旬を見たら、29になる前に亡くなっているんですね

ジャン・ヴィゴと同じ年で亡くなったことに因縁を感じていたけれど
間違いだったわけだ・・・・

ちなみにリメイク版の和久井映見はお藤だけど、左膳とお藤は明らかに夫婦ではないと思います。
内縁かな?

244 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 08:28 ID:/DCATm3l
抜き差しならぬ仲

245 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 09:43 ID:+O0n498B
>>243
左膳はお藤の営む矢場の居候。居候兼用心棒兼内縁の旦那。ちなみに、当時
の矢場は、実際は女たちは客に体を売っていたそうで。性風俗店だったんだね。

246 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 10:29 ID:oWKmX3M0
>>245
なんというか・・・凄く納得!

この映画は映画館で五回見ているし、LDも持っているけれど
そのたびに不思議だったのは、いい年した大人にとってあんな矢場の遊びが
楽しいのだろうかという事と、あの矢場が商売として成り立っているように見えない事

もちろん、映画の矢場が当時、実在したものをどの程度まで忠実に再現しているかは
分かりませんし、映画の店にはそっち方面の雰囲気は希薄だけど、
とにかく納得しました

247 :245:04/04/22 11:46 ID:Yj1rBPYH
>>246
たしか「加藤泰、映画を語る」(筑摩書房)に書いてあったと思う。詳しい内容は忘
れましたが、「百萬両の壺」に言及する中で触れてありました。

つまりは、矢場の女の子と仲良くするための場所だった訳で、だからあのバカ
殿道場主もいそいそと通っていたんですね。
チョンの間というか、ピンサロというか、キャバクラというか、どこまでサービス
していたかはわかりませんが。

248 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 11:48 ID:/DCATm3l
>>246
辞書にも載ってるよ。矢場とか銘酒屋は。
江戸時代から、少なくとも大正頃まではあったみたい。
明治の終りに浅草六区で大流行したそうだから、
当時映画を観ていた人は左膳の住む世界が分かっていたはず。

今東光「吉原哀歓」
http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/bungaku/yosiwara-aika.html


249 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 11:52 ID:/DCATm3l
>>247
私娼のカモフラージュだからやってたんじゃないかな。
当時は公娼があったから、今のソープやマッサージのように露骨だと
お上の取締対象になっちゃうし。

250 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 13:27 ID:oWKmX3M0
今後この映画を見る際は、可憐な深水藤子を見るこちらの目が変わってしまいそうで
それはそれで楽しそうです(笑)

映画自体があまりにも面白くて楽しいし、「余話」というのはこの場合「パロディ」と
解釈できることもあって、気付きもしなかったけれど
お藤の貫禄は置屋の女将の貫禄だったわけだ・・・

そもそも、矢を射って遊ぶだけの娯楽施設ならば、用心棒の必要性も無い・・・

と、いうわけで今までの自分の不明を恥じてます。
ホント、勉強になりました

251 :この子の名無しのお祝いに:04/04/22 16:19 ID:Q5x+f1Ly
>247
>チョンの間

おお懐かすい言葉だなあ
マスコミの言葉狩りで消えたんだっけ? 前はショートとかいってたかな

252 :この子の名無しのお祝いに:04/04/23 19:02 ID:jGPn38OX
矢場=私娼のカモフラージュについてですが、黒澤明の「野良犬」で
拳銃の密売を探る三船敏郎が、復員兵の格好で町をうろつき、射的場
の女に声をかけると「高いよ!ショートで・・・円」って言われてました。
戦後すぐは、まだあったみたいですね。


253 :この子の名無しのお祝いに:04/04/23 19:05 ID:S/QkzFaZ
市川崑さん山中作品をリメークしたいといっていた

254 :この子の名無しのお祝いに:04/04/23 20:18 ID:BWdSJPlz
あげ

255 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 16:53 ID:0ssq+OO1
DVD-BOX発売間近あげ

256 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 22:31 ID:d9ofENt8
山中箱楽しみだなぁ ( ´∀`)

257 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 22:35 ID:H0JZy9qr
>>252
その部分は本田猪四郎が撮影したのかな
本多は「人情紙風船」の助監のひとりだね

258 :この子の名無しのお祝いに:04/05/06 21:53 ID:GF+fr3nh
日活DVD-BOX、今日買ってきて『百萬両の壺』観終わった。
いやぁ、やっぱり面白いですな。映像も思ったより綺麗だし、
付属のブックレットもなかなか充実。ウンウン、満足満足。

259 :この子の名無しのお祝いに:04/05/06 22:38 ID:nVI0zwUx
いいなぁ、家は明日届くんだ。
早く観たいよ ( ´∀`)

260 :この子の名無しのお祝いに:04/05/07 02:49 ID:+6bTTAmx
おぉ! うちには明日届くかな。。。

261 :この子の名無しのお祝いに:04/05/07 21:43 ID:M4vDjPvB
百萬両、観終わった。面白かったー。
映画全体に流れる( ´∀`)こんな雰囲気がとっても良かったです。


262 :この子の名無しのお祝いに:04/05/08 11:23 ID:Os6FxPQM
DVD買った方、「河内山」の音はどうですか?
まえにビデオで観たとき、ノイズが多くて聞き取りづらかったので気になります。

263 :この子の名無しのお祝いに:04/05/09 00:10 ID:47ELHSs0
DVD-BOXが出たのにあんまり盛り上がらないのはチトサビシイですな。

「河内山」のビデオを見てないのでわからないですが、この時代のもの
だったらこんなもんか、って感じで特に気にならないで見られましたよ。

264 :この子の名無しのお祝いに:04/05/09 00:17 ID:ZDeNkiVk
音声はデジタルリマスタ版なのでLD&ビデオ版よりも
ノイズはかなり減っています。
でも、音のこもり具合まではさすがに修復不可能だった
みたいなので、もこもこした音のままです。

265 :262:04/05/09 00:55 ID:e/p/8dNk
>>263
>>264
どうもありがとうございます。
ちゃんと修復されてるんですね。安心して買いに行けます。

266 :この子の名無しのお祝いに:04/05/09 01:09 ID:47ELHSs0
DVD-BOXに入ってる冊子に、梶田章さんの解説が載ってるんですが、この方は
大河内伝次郎研究の第一人者でして、20年近く前に手紙を出して返事をいただいた
ことがあったりしたので懐かしかったです。

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)