2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大映京都】大映株式会社総合スレ【大映東京】

1 :大門軍団:03/10/25 17:53 ID:A4j7LjlB
紆余曲折を経て、いまは角川の子会社となってしまった大映について
過去、現在、未来、作品等なんでもいいから語ろう!


2 :大門軍団:03/10/25 17:58 ID:A4j7LjlB
「スタジオは大騒ぎ」の脚本は新東宝の赤坂長義が書いている。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 18:03 ID:fjsAjneD
3get

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 18:23 ID:SWwGSGHG
永田雅一マンセー

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 19:48 ID:1HUg3cZz
子会社で大映テレビというのもあるな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 20:20 ID:akFRfLTE
>>5
大映テレビは、大映倒産後に分離した会社なので、現在は直接の関係は無い。
増村保造は延々と関わり続けたけど。。。

大映京都が消えたとき、日本映画の最良の部分が失われた。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 20:41 ID:1HUg3cZz
>>5 新東宝倒産後の「新東宝興業(現・新東宝映画)」みたいなものですな。

8 :奈々資産:03/10/25 21:13 ID:Gb7fPBFA
カメラマンから映画監督になって活躍された
成島東一郎サンについて教えて下さい。
いろいろ調べたのですがわかりません。
いつなんで亡くなったのか知りたいです。

9 :大門軍団:03/10/25 21:54 ID:1a7e/W7A
>>5
唱和45年あたりに経営改革をした結果、大映レコードができたり
テレビ室が大映テレビ株式会社になったりして、大映本体とともに
潰れる寸前の所で、負債を清算して完全に独立した会社になりまし
たとか。
>>6
大映京都がなくなったのは、日本映画の技術的分野においては、
本当にイタイところですね。
>>8
松竹のキャメラマン?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 22:18 ID:pMU1319m
>>6>>9
最良の部分っていうのはやっぱり技術的なものを指してるんですか?
東京のスタッフについては過去スレでもあまり話が出てこないですけど
どの程度の差があったんでしょう?



11 :名も無く貧しく美しく:03/10/26 06:50 ID:NZjkB/BC
太秦には大映通り商店街てまだあるね

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 16:38 ID:etFeS/q5
映像京都が一応大映京都の生き残りになるのかな?


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 18:19 ID:rmqU35yd
大映映画はセリフの音響が生々しい
録音の仕方が他社とは違うみたい。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 10:17 ID:DfyoTluE
菊地寛 社長

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 10:47 ID:rqaINmri
>>12
京都映画は?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 17:32 ID:C2E78MJ9
>>15
京都映画は松竹系列ですよ。

大映東京の流れ汲むのは
大映テレビになるのかなあ・・・。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 19:08 ID:JBIseh2e
何年か前、京都映画祭の雷蔵特集で『釈迦』が上映されたとき、
本郷功次郎サンのトークショーがあった。
印象的だった話。
「大映の女優は、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒、叶順子、
みんな元気でいるのに、男優は市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、川崎敬三、
田宮二郎、みんな亡くなってしまって、自分だけ生き残っている…」

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 23:05 ID:+0v/Atk8
>>17
川崎敬三はまだご存命では? 何をしているか知らないが。

そういえば、川口浩(探検隊シリーズ)・川崎敬三(アフタヌーンショー)・田宮二郎
(タイムショック)、みんなテレ朝の仕事に従事しているね。
川崎は村上不二夫・山本耕一らと並んで、アフタヌーンショーの顔だったのに、番組が
ヤラセ事件で終わってしまった。村上も元大映。

余談だが、エロネタ・事件ネタが多く、エゲツない番組だったな。川崎敬三と聞く
と、この番組の下品さを思い出す。
山本耕一なんか、妻の小林千登勢が昼ドラの「わが子よ」の主演だったのに・・・。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 23:12 ID:KOa3j1fU
>>18
芸能界を引退した川崎敬三は現在、アパート経営。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 00:40 ID:2lma2wHM
大映のマークっていいよね。

21 :大門軍団:03/10/29 00:51 ID:wV5vF7am
>>20
「映」の部分を「和」に変えれば大和ハウスのマークになる。
それにしても「角川大映映画」とはなんとも腑抜けな名前だなぁ。
徳間大映も最初は、「大映映画株式会社」だったけど、やっぱり
「大映株式会社」の方がいいような・・・。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 00:56 ID:zY2e32NB
いわゆる大映カラーのあの色が一番好きです。
控えめで、かつ華やか。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 02:57 ID:ay+7BXto
大映ホークス

24 :永田ラッパ:03/10/29 10:37 ID:7UTS/jI5
>>13
WESTREX方式

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 12:48 ID:zxeRQDmS
>>24
WESTREXは当時、全社では?
タイトルにWESTREXと古い映画には必ず。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 12:56 ID:zxeRQDmS
ところで「女優を愛人にしたのではない!! 愛人を女優に
したのだ!!」と吹いたのは永田社長だっけ?
それとも新東宝の社長?


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 12:58 ID:sR8J4izw
大蔵っぽいけどどっちだったかなあ…

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 13:04 ID:Dwa5BGiE
大蔵貢だよ。
永田のラッパは幾分か計算されたものだったと思う。
単なる放言ではなかった。

29 :大門軍団:03/10/29 20:51 ID:yC1eaOhC
>>28
永田はもともと製作畑できたから、映画界での処世術にも長けていたんだろうね。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 21:21 ID:7ai3cYeL
永田雅一についていろいろと調べている、
とずいぶん前に山口猛が言っていたので期待してるんだけど
本かなにかにまとまっているの?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 23:32 ID:3Aw0QTXT
金成漢という朝鮮人使って林長次郎(長谷川一夫)の顔をズバッと
切り付けたさせたとか?

大映作品全てに漂う陰鬱さの原点かと言ってみる。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 16:43 ID:26rJLYo8
でも、戦後は、長谷川一夫は大映の大幹部。

千本組始末記
ラッパと呼ばれた男
父長谷川一夫の大いなる遺産

これらを読んでいます。。

33 :大門軍団:03/10/30 22:23 ID:PdFtnlyh
>>32
そういえば『千本組始末記』ってなんか間違いというか勘違いな箇所が
ありませんか?永田雅一に関して面白い本は、犬塚努が去年
かその前くらいに書いたのが面白かったです。芸者を長谷川と取り合って、
永田はその芸者を妻したとか云々という内容でした。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 01:00 ID:xSFnELzn
>>ありませんか?永田雅一に関して面白い本は、犬塚努が去年
>>かその前くらいに書いたのが面白かったです。芸者を長谷川と取り合って、

その本のタイトル教えてください。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 06:40 ID:OYR7yvFw
犬塚稔さんの『映画は陽炎の如く』じゃないかな?
http://www.asaka.ne.jp/~tokyudry/folder4/inuduka.html


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 10:45 ID:+as9ssE5
大映倒産後の永田って何してはったの?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 01:06 ID:4H6Bp0VE
>>36
確か永田プロを設立して、
「君よ憤怒の河を渡れ」や「日蓮」等を製作しますた。
最初の頃は徳間大映の支援を受けて映画を製作していたが、
その後は喧嘩別れをしてしまったとか。。。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 01:30 ID:wN4Z4fw3
京マチ子さんも『妖婆』で一肌脱いだ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 07:13 ID:kXaaCywc
球団も持ってたよね。東京スタジアムってめちゃデカイ球場もあったとか

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 07:54 ID:UrnHl8E+
ちっちゃい球場じゃなかったっけ?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 13:34 ID:Ri+DW8RL
永田雅一についてはココを参照汁!
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1053702158/l50

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 23:53 ID:wN4Z4fw3
確か>>41のスレに東京スタジアムのページのURL張り付けたYO!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 21:19 ID:Tgk4EQ7r
中田康子ってキレイだよねー

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 22:54 ID:mTB1fOf0
>>43
そっ! それにグラマー!!
中田康子の映画で男の股旅姿をしたのが有るんだけれど晒しを巻いた
胸がはちきれそう もうムラムラ!!

あと大映の脇役女優といえば毛利郁子(事件をおこして業界から去る)


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 00:27 ID:QYWXGAVA
大映の女優はモダンでエロ!

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 00:40 ID:Tp6DmFgg
もちろん男に性欲をもよおさせるんだけど、
そういう表現よりも、
女の性欲を感じさせるという印象ですね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 06:31 ID:c0u2FQzI
東映の女優は中学生男子用!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 12:01 ID:fIQDxDX0
新東宝はエロオヤジ用!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 13:47 ID:V5QhPmKR
東宝はサラリーマン用!

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 18:25 ID:Tp6DmFgg
にっかつは童貞男子用!

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 22:28 ID:c0u2FQzI
松竹はどうなのよう?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 00:56 ID:G3NDouq6
松竹は漂泊の自由人用! 

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 04:06 ID:3XjojUq/
中田康子のインタビューというか、聞き書きが載ってる↓
http://www.matusen.co.jp/myway/nakata/nkt00.html

中田の東宝時代の代表作って何? 俺は「ラドン」で殺されるセリフもないアベックの片割れくらいしか知らない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 13:46 ID:+/D2ql+Q
>>51 >>52
松竹はチンポの立たなくなったジジイ用
じゃないかなぁ。

55 :この子の名無しのお祝いに:03/11/13 11:51 ID:H5KQGHPP
松竹は文学少女用でないの

56 :この子の名無しのお祝いに:03/11/13 18:49 ID:rJDi2Gaa
勝新太郎 映画祭がはじまるそうです
田宮二郎さんのもしないかなー?やっぱり衝撃的な最期だったからか
田宮さんの作品も モット注目されてもイイと思うのだけど
テレビでの作品はリメークされているけど

57 :この子の名無しのお祝いに:03/11/13 19:38 ID:h2xRmRFx
黒いシリーズはチャンネルnecoで全部やってたね。

58 :大門軍団:03/11/13 21:56 ID:FU9IZ5XT
松竹は織物工場をはじめ各種工場の女性労働者用に思える。


59 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 00:08 ID:2OSg9dAj
カシツソ(・∀・)ニヤニヤ

60 ::03/11/14 11:15 ID:iw9dKrKc
田宮二郎主演の「白い巨塔」って面白いよね。
役者にもみ〜んな灰汁があって見ごたえ十分だよ。
今ドラマでやってる「白い〜」は灰汁が抜けてふにゃってる、そんな印象だな。
あと雷蔵の「ある殺し屋」も面白い!
当時の批評には、“森一成の突然変異”なんて皮肉られてるよなw
森一成の作品なんて、それまで駄作ばかりだったから、
そのように書かれても仕方がない部分も多いが…


61 :大門軍団:03/11/14 22:21 ID:J8LQZMcR
>>60
森一生は比較的若い時代の作品とか「薄桜記」なんかもいいんですけどね。
私は結構好き。たまに出来の悪いのもあるけど。

62 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 22:31 ID:gAo5YKkI

今夜0:00からCS718Chで「大魔人」放映

63 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 23:17 ID:+wJE3Qyf
>>60
>森一成の作品なんて、それまで駄作ばかりだった

そりゃ可哀相だ。ただでさえ作家性が見えにくい作風で、しかもあれだけ作
品数が多い人なのだから・・・。
森一生は、マキノ雅弘・中川信夫ら多作の娯楽派に連なる系譜の監督ですよ。

64 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 00:37 ID:CM2vvXDz
森一生はTVでやった横溝正史シリーズも面白かった

65 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 01:42 ID:tYR6RHIq
森一生さんは多分人がいいんでしょ。
うまいはずなのに、これは妥協したんかな? って作品が結構あるから。
スタッフやキャストの事考えるとあんまり粘れないんじゃない?

66 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 02:36 ID:LXF1VZVS
座頭市の撮影中、
二日酔いで平気で遅刻してくる勝新を怒鳴りつけたらしい<森一生
出世作「不知火検校」の監督ということもあってか、
勝新は森監督には頭が上がらなかったらしい。

67 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 03:38 ID:N3vPBMoQ
森一生
三隅研二
田中徳三

大映プログラムピクチャーを支えた名監督

68 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 03:53 ID:y1rm5h+m
>>65
そうかね?
田中徳三とか井上昭に比べると、いい意味でタチの悪そうな監督って印象なんだけど…

69 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 12:30 ID:jZRcoFke
森一生監督って、キネ旬で自伝みたいなのを書いてたよね。本になったのかなぁ

70 :>>65:03/11/15 13:16 ID:tYR6RHIq
これ、キネ旬の連載だっけ?
「森一生 映画旅」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794203535

71 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 13:26 ID:+m6S/N7w
井上昭て「大映のゴダール」と呼ばれているらしいが、
なんで??

72 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 14:05 ID:SFo9YM/N
>>70
「森一生映画旅」はキネ旬の連載を基にした本ですね。その本の山根・山田
対談にあるように、森の作風は、いつもどこかさらっとしている。
晩年、森が好きだったのがビクトル・エリセだったそうで、ああいう映画が理想
だったらしい。キネ旬連載では藤沢周平を撮りたい、と語られていましたが、
そのくだりは単行本ではカットされていますね。

映画を離れてからはTVでも多作でしたね。自分は「木枯し紋次郎」と「斬り捨て
御免」ぐらいしか観てないけど、データを見ると、こんな戦前からの生き字引み
たいな人が、80年代まで撮っているので驚く。

73 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 14:06 ID:SFo9YM/N
そういえばTBSの鴨下信一が森ファンだったそうですが、鴨下は映画を撮
る機会は無いままでしたね。
80年代の大井の森一生特集で、森・鴨下のトークがあったらしい。

>>71
井上は前衛的(?)というか、妙な「間」がある監督ですね。ヌーベルバーグ
としてゴダールの名が引き合いに出されただけで、別に似ていない(と思う)

74 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 14:44 ID:lfQltHnE
でも、森一生って、名作と呼べるのは
「ある殺し屋」と「薄桜記」くらいだろうか?
他によい作品があったら教えて欲しいです。
作風がちょっと乾いている感じがして、たとえば
「新・悪名」は、前作の田中徳三の「悪名」「続・悪名」と比べて
ここまで作風って違うのかと驚いたことがある。
まあ、テーマもなんだかシリアスだし
カメラも変わったせいもあるだろうが。

75 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 16:44 ID:D09JeVWv
>>74
>他によい作品があったら教えて欲しいです。
「まらそん侍」「若き日の信長」「忠直卿行状記」「怪談蚊喰鳥」「座頭市御用旅」とか・・・。

特にこれ、という作品よりも、たまたま観て面白かった、そういう監督ですよね。
まあ、昔の撮影所系の人はそういう人が多い訳ですが。

「新・悪名」は、戦後にいきなり話が飛び、勝・田宮コンビの設定が強引で
ちょっと苦しかった。実際、以後は初期設定とは余り関係が無くなっていくし。

76 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 17:03 ID:VbxYrPnj
作家性の強い監督じゃないしねぇ
求めてるものが違うんじゃない

77 :大門軍団:03/11/15 17:36 ID:DH4A5Uxi
>>66
勝プロの作品の殆どに関わってますよね。「警視K」までとってますから。
>>67
池広監督も忘れないで。
>>71
井上、池広両監督は映像に凝っていて、田中、森両監督はテンポがいいと思う。
>>75
「若き日の信長」は私もいいなと思いました。
「悪名」・「続悪名」とそれ以外の「悪名シリーズ」は別モノと考えた方が
良さそうですね。時代背景も雰囲気も違うし、プログラムピクチャー的にシ
リーズを引き伸ばした感じも否めないですから。



78 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 19:16 ID:dSr7Ei3d
上手い下手は抜きにして、雷蔵と信長はイメージ的に合わないよね。
雷蔵を観て、一番凄いと思った作品は「炎上」かな。
彼の作品群から見て、代表作ではあり、かつ傍流に属する作品ではあるけれど、
時代劇の、主役をやる役者が、こんな作品に出て、
見事に演じきってる所が凄いと思いますた。。。

79 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 19:34 ID:RYam05IQ
俺は「新」以後の悪名が好きだな。
ただ、シリーズが後半に行くにしたがって、朝吉が単純なヒーローになってしまったのが残念。

80 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 20:11 ID:lfQltHnE
>>75
ありがとう。
「新・悪名」はかなりクールで
笑いの場面がほとんどないですよね。でもテンポはよかったので
けっこう面白かったです。最近のテレビの放映で
音声カットだらけだったのには驚愕したが。
「新」以降で、あのコンビの関係がとても活きていたのは
「悪名一番」かな。喧嘩別れしたけれど
最後にほろっと仲直りするところはとてもよかった。
靖国神社前の喧嘩も面白かったし。

雷蔵かあ・・・私はコメディタッチの方が好きですね。


81 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 20:49 ID:k8JETf2I
>>80
>「悪名一番」

靖国神社の場面を見ると、いったい朝吉はあの時幾つという設定なのか、よくわからなくなる。
別に気にしなくてもいいのだが、こうしたキャラ設定のアバウトさはシリーズ映画の宿命ですね。

マキノ雅弘の「悪名一番勝負」では戦前に時代が戻っていて、日本侠客伝の
ような、レトロでしっとりした味わいの作品になっていましたね。
セットの裏町の長屋の全景で、高架上を汽車が通るショットがある。恐らく
合成だろうが、よくできていて驚いた。さすが大映。

ちなみに井筒カントクも悪名ファンなんだよね。

82 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 21:57 ID:oJIELT9E
「悪名一番」俺も大好き。
他は「悪名太鼓」に「悪名桜」がお気に入りかな。

83 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 23:34 ID:mtK992Za
悪名で清次が言う、梅にうぐいす.....の口上がよかった
清次は自分のことを清次にいちゃんと言うし意外と馬鹿キャラ
田宮さんはインテリの役や清次や鴨井のような馬鹿キャラに凄く似合っていた

84 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 23:39 ID:5HmXAJux
田宮二郎は関西出身なんだよね。
だからあんなに大阪弁が上手かった…

85 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 01:34 ID:GbOyPg93
手塚治虫がインターンやりながら赤本描いているころの話で、赤本の版元が町屋町(まっちゃまち)というところにあり、自然と大阪下町の言葉が身についたと書いてある。
「〜だ」という語尾が特徴で、これは東京弁の「〜だ」とは明らかに違い、「だす」が縮まったものだって。
これ呼んだとき、まさに「悪名」で田宮がしゃべっていた言葉じゃんと思ってニャアンスが理解できた(当方、東京生まれの東京育ち)。
ちなみに、手塚によると、患者の前で町屋町言葉がポロリと出ることがあり、医者と患者という堅苦しい感じがなごむことも多かったとも書いている。
但し、田宮自身はいいとこの出(本人曰く公家の血筋)らしい。

86 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 02:41 ID:YnpxJbYC
「悪名」だけど、この時はまだいまいち売れていなかった田宮が
「こんな役は無理だしもう役者を辞めたい」と
いっていたそうだが、それを引き留めて説得したのが
田中徳三だそうだ。
役作りはおそらく田宮自身も死にものぐるいだったのだろうな・・・。
田中徳三の作品は
大阪弁特有の会話のテンポや「間」の取り方が非常にうまいんだけれど
あまりにも自然すぎるので誉める人いないな。


87 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 03:16 ID:GbOyPg93
第1作では、当時、関西にあった勝新の家に住み込んで二人で役を練りこんでったんだってね。
勝新は東京から来た役者を撮影中自分の家に寄宿させることが多かったみたいで、シリーズ4作(だったか)で共演の長門弘之も家に置いたらしい。
でも、長門は大の風呂嫌いで、玉緒ちゃんが追いかけて無理矢理風呂に押し込めていたと田中監督の本に書いてあった。
で、思い出したんだけど、昔、津川雅彦が「ぴったしカンカン」で、「撮影がなければ、風呂なんて半月に1回しか入る気がしません」と発言して会場を驚かせていた。
兄弟揃って風呂嫌い……くさ〜。

88 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 04:42 ID:/JMGUo5N
田宮はコテコテじゃなくてちょっと標準語的に喋るね。
映画は全国区だからわざとやってるんだろうけど。
役の性格付けの旨い人だった。

89 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 05:11 ID:GbOyPg93
>>88
>役の性格付けの旨い人だった。
これは凄いものがあったようですね。
「白い巨塔」のときも、財前になりきるために家では白衣で通したり…夫人や子供も近寄れない雰囲気があったらしい。



90 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 05:25 ID:al5kvxjC
微妙に活気づいてきてるな、このスレ。

91 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 09:17 ID:zSTWfFK7
爛れを見たけど濃かった.....
田宮さんは白衣姿もいいけど、なんと言っても手術着姿もいいよね
今日もツタヤで不信のときを借りに行きます

92 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 13:38 ID:kjrj4nlt
>>91
「不信のとき」。田宮が大映を辞めるきっかけになった作品ですな。

93 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 14:25 ID:o6hN9DO2
「悪名」は最初からシリーズ化する予定だっったんですか。
「モートルのサダ」はラストに刺し殺されるし。
「セイジ」が「モートルのサダ」の弟てのも、取って付けたような
設定だし。

94 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 18:03 ID:std3H1rL
>>93
モートルの貞を殺すという設定は、
勝新が考えたらしいぞ。
その案を聞いた永田社長は激怒したらしいが(w
大映映画といえば、やはり増村−若尾コンビだよな。
「刺青」とか「卍」とか、「清作の妻」とか「赤い天使」等、
今観ても面白いよ。

95 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 18:18 ID:6RRRd7L1
「赤い天使」はある意味、SM的愛の境地を描いてると思う。

若尾ちゃんでいえば、増村作品ではないが「瘋癲老人日記」(木村恵吾)もすごかった。
あの山村総が……。

96 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 23:53 ID:oV/NKqMt
田宮さんは大映を首になる出来事が無かったなら
もっと長生きしていた気がするけど、でも大映は倒産するけど
田宮さんは見た目と違って神経が凄く細かそう

97 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 00:06 ID:hTK8hlIb
確かに「卍」はすごい映画だと思う。
流れるような展開に息つぐ暇もなくあっというまに
見てしまった。まあ、若尾文子のファンでなければ
「赤い天使」などは何度も観たくなる作品、というものではないだろうな。

一番好きなのは「黒の試走車」かな。この作品については田宮二郎より
押して押して押しまくる高松英郎がはるかにかっこいい。

98 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 00:32 ID:2ATLzHIw
田宮が銀縁眼鏡に蝶ネクタイで徹底した色悪を演じたという「女の勲章」って激しく見てみたい。
「悪名」で活かされるあの大阪弁はこのときの役作りで身につけたんだって。
実際の田宮は京都弁。

99 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 01:58 ID:sUMFdoBf
田宮さんは、まさしく色悪が似合いますね
後、似合う人は片岡仁左衛門さんぐらいかな

100 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 02:03 ID:z17bfwn4
ちなみに「女の勲章」で共演した京マチ子の田宮評

「田宮ってホンマいやらしいやっちゃ、ホンマにやりおるねん」

101 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 02:12 ID:iWt+CAmy
>>98
『女の勲章』は吉村公三郎らしいいい映画でした。
京マチ子が哀れでねえ。森雅之は例によって頼りにならないし…
三隅研次の『女系家族』もおもしろかったね。

102 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 02:14 ID:iWt+CAmy
>>96
気難しいから、会社も辞めるし、自殺もするんだと思うけどね…
いい役者だっただけに残念だよね。

103 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 02:39 ID:s+UHgopW
確か、田宮二郎は自殺の少し前に生命保険に入っていて、
普通は加入直後に自殺では保険金が下りないんだけど、
うつ病による自殺と言うことで病気扱いで保険金が下りたらしい。

104 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 03:06 ID:2ATLzHIw
>>100
マジでもんできたらしいね。シーンに入る直前は「先輩よろしくお願いします」。でカチンコ鳴るともうマジ。
カットで「失礼いたしました」。

京サンの「やらしいやっちゃ」には「結構上手いじゃない」というニュアンスも含まれているような気もするんだけど。

105 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 03:22 ID:2ATLzHIw
>>97
高松の冷徹な上司ってのもハマり役だね。「巨人と玩具」でも同じような役だった。

で、上司の命令で詰め腹切らされる気弱な課長が似合うのは船越英二。

106 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 03:30 ID:s+UHgopW
船越英二ってすごく出演作が多いのに、代表作は何?
どれもそこそこで、飛びぬけた作品が思い浮かばん。
息子の英一郎も2時間ドラマ出まくりで同じタイプ。

107 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 03:41 ID:iWt+CAmy
俺は『卍』『盲獣』『黒い十人の女』が好き。

> どれもそこそこで、飛びぬけた作品が思い浮かばん。

ほんとに!? 何出てもシーンさらってしまうと思うけども…



108 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 04:09 ID:2ATLzHIw
『盲獣』の船越のサイコ演技はすごかったね。
『黒い十人の女』……優柔不断なダメ男、だけどなぜか女にはもてる、これって森繁のキャラなんだけど、船越のそれはまた微妙な味わい。

あと意外なところでは、『ガメラ』の博士役がステキ。とりわけ子供と話すときの船越博士の優しい感じ、決して子供を軽んじないで、その目線に下りていこうとするあの優しさ。
東宝の志村博士、平田博士とはまた違った怪獣映画博士の魅力を知りました。

船越さん、今はセミリタイヤで旅館業の方が忙しいらしいですね。

109 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 04:24 ID:2ATLzHIw
ああ、そうだ。叶順子バージョンの「痴人の愛」の譲二役も船越のベストアクトの一つだと思う。

110 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 07:31 ID:oL3ptTQQ
田宮さんか三國さんだよね、ラブシーンで本当にイレテきた人は?
爛れでも若尾さんをおもいっきり壁に突き飛ばしていたし.....
田宮さんは意外と不器用な人だったのですね

111 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 08:52 ID:iWt+CAmy
器用不器用というより邪気でしょう。
小沢昭一も吉永小百合に指入れちゃったとか。

112 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 14:12 ID:7ngGFrEn
田宮さんの困った顔は、世界初めて物語のモグたんに似てます

113 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 14:23 ID:LIpzsOxr
爛での若尾文子と田宮二郎のケンカシーンは壮絶
ボコボコと鈍い音がまた凄いです
後、田宮二郎が水谷良重をレイプシーン(未遂だけど)
田宮二郎が何故かしっかりと腰を動かしていて.....
田宮二郎って、やり過ぎキャラの人だったのね.....

114 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 14:27 ID:c/SWHnER
船越英二ってCMでも見掛けなくなったし病気なんかなぁ。歳だし心配だ

115 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 14:28 ID:+r8E2tIh
>112 なんだとー!  でも俺もそう思ったw

満員電車って嫌いな映画だがあの船越英二のお釜っぽさに笑えた。

116 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 16:09 ID:HZhCO9De
船越英二は市川崑と増村作品で良い味出しまくりですね
「暴れん坊将軍」での爺役でしか知らなかったから、吃驚ですた

117 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 16:20 ID:watIxhVN
>>114
いや、だから今旅館経営に専念しているんだって。
↓旅荘船越HPより なつかしギャラリー
http://www.nande.com/funakosi/gallery.htm

118 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 16:31 ID:5uZ9M9wj
>>117
なぬ? 娘さんが女将なの? こりゃ本格的だな・・・。

119 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 16:36 ID:HZhCO9De
そんや川口浩がやってたマンション(?)って今もあるんだろうか?

120 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 16:40 ID:watIxhVN
川崎敬三は俳優辞めて一時期靴屋のオーナーやってたね。今も続いてるのかわからないけど。

121 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 17:09 ID:watIxhVN
大映版「七人の侍」を考えてみた。

制作・永田雅一
監督・三隅研次 (大映スコープ)

勘兵衛……長谷川一夫
菊千代……勝新太郎
勝四郎……本郷功次郎OR川口浩
五郎兵衛…
七郎次……
平八……船越英二
久蔵……市川雷蔵OR根上淳

長老……中村雁治郎
志乃……中村玉緒

百姓たち……川崎敬三、大辻司郎、酒井修、他
野武士……橋本力、丸井太郎、他

なかなか濃いメンツになった(w
加藤と稲葉がチト浮かばない。ヒマな人、フォローお願い。

122 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 17:53 ID:qlisOfjz
こうやってみると大映てメンツがそろわないなぁ。
田宮二郎はどの役に?
自社専属だけでやれるとしたら東映しかないような気が。

123 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 18:03 ID:jStvtpm4
五郎兵衛…?
七郎次…北原義郎

利吉…菅原謙二or高松英郎
利吉の女房…若尾文子
万造…見明凡太郎
茂平…伊達三郎

与平…左ト全

124 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 18:12 ID:qks0SXOl
http://jbbs.shitaraba.com/music/6029/yasuko.html

125 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 18:17 ID:I24Om0CE
野武士の小屋にいる百姓の女房・・・毛利郁子
藤原礼子もどこかで使わんと。
坪内ミキコもどこかで。
浜口庫ノ介の嫁になった人も。

126 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 18:22 ID:I24Om0CE
百姓たち・・・西川ひので、天王寺虎ノ助

127 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 18:42 ID:YEGZo93y
勝四郎→川口浩だったら 志乃は野添ひとみで!

藤巻潤は野武士だに


128 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 19:05 ID:oJunHHXD
>>121
漏れとしては勘兵衛はアラカン、五郎兵衛に長谷川が良いと思う。
勝四郎は田宮二郎、志乃は京マチ子で…

129 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 19:16 ID:K0hJ9lNZ
>117
この旅館に泊まったら、船越英二に会えるのだろうか?
それとも娘だけ?
電話番号が2754>ふなこし なのにはワロタ

130 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 19:25 ID:watIxhVN
五郎兵衛……城健三郎 はどうだろう?

勝と夢の兄弟共演!

131 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 23:45 ID:efHxYMgV
「日本橋」の山本富士子と淡島千景は ほんま奇麗やったわぁ

132 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 02:05 ID:o2xa5R9e
>>117
今度泊りにいこうかな…

旅館経営とは『しとやかな獣』の若尾文子に感化されたか(w

133 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 02:58 ID:kUizlYpO
>>126

百姓に橋幸夫(特別出演)で。
ラストの田植え歌シーンで大活躍。

134 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 03:00 ID:kUizlYpO
長谷川勘兵衛「この飯、おおそかには食わんぞ」(キラリと流し目)

135 :(´・ω・`):03/11/18 11:22 ID:SSCxIi9k

おおそか?

「おろそか」だろバカ

二度とくんな

ヴォケ



136 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 12:30 ID:S1WVXZBR
>>135
わかってねー香具師だなぁ
長谷川のセリフの発音が!!
なんにも判ってんねーおまえこそ出入り禁止!!

137 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 13:26 ID:mK8Zs9sk
長谷川一夫もロクに知らんのだろ。
ほっとけ。

138 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 14:45 ID:GZgU3OCm
>132 違いまふ。テレビ局を辞めさせられちゃったのでいつまでも
岸恵子のひもをやるわけにも行かず旅館経営となったわけです。
宮城まりこの供養しながら… 中村玉緒はやっぱりカレーライス頼むんだろうか?

139 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 15:02 ID:7O/AItxI
ヒモだったのか、濃いですねココのスレ
今、増村作品にハマッテます
若尾X田宮コンビの作品が多いけど

140 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 15:19 ID:6VtZcwuB
船越のように無責任でモテモテの男になりたい。

141 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 15:20 ID:rnU55/ul
いまスカパーで「源氏物語」やってるんだけど、絢爛豪華だこと。

142 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 15:25 ID:6VtZcwuB
>>130
城健三郎となるとかなり期間限定だね。大映ではあまり芽が出なかったが。

143 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 18:32 ID:m2RS5ksc
パンチパーマで織田信長やってたね

144 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 18:50 ID:nTQ6D+bp
>>143
ワラタ 「忍びの者」でしょ。
俺のお気に入りは足の上がらない少林寺拳法の使い手陳ソン。
でも少林寺拳法って戦後にできた武術なんだよな。

145 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 23:16 ID:nTQ6D+bp
城健三郎って名前からして勝新太郎のパチモノ臭くて哀しい。

146 ::03/11/18 23:59 ID:TNlY/m8i
忍びの者」で印象に残ったのは、城健と伊藤雄之助だったよな。
雷蔵はあまり印象に残ってないな。。。

147 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 00:21 ID:fK1qnNab
オイラ的に忍びの者は藤村志保だに

148 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 00:24 ID:NOYJnb4j
他のスレにも書いたが、くの一装束の八千草薫に萌えた。
あとやっぱり伊藤雄之助の三太夫かな。

149 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 03:13 ID:NOYJnb4j
城健三郎って他に何かある? むろん大映に限って(w

150 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 08:04 ID:vFcD8MRh
座頭市の兄さん役と、
「千両首」での馬から落下、首で着地シーン

151 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 13:34 ID:xSTBBhao
勝新の息子もパチモンくさい芸名。
顔も今風じゃないし。

152 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 14:36 ID:SmpPVCsb
>>149
>座頭市の兄さん役
う〜ん、まんま(w
そういえば、若山さん、「影武者」で信玄役にオファーされていたそうだね。
「勝と黒澤なら、絶対もめる。そうなったら間に入るのは俺しかいない。そんな損な役回りはゴメンだ」って。
で、予想通りの展開になったわけだけど。
俺、若さんで一番好きなのはTVの「鬼一法眼」。これもよく考えれば、盲人という座頭市のハンディを聾唖に置き換えたキャラといえるけどね。


153 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 15:04 ID:SmpPVCsb
>>151
雁龍太郎か。勝新らしいセンスだね。雁はおじいちゃんの雁治郎から取ったそうだ。
一説によると、城健三郎という芸名も勝新がつけたそうだ→比留間某著「勝新役者バカ一代」
雁は今やただのデヴだしな。そういえば、若山の息子だったか娘もデビューしていなかった?

154 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 16:34 ID:hMeCYE/f
>勝と若冨
濃い顔つきだがやんちゃでかわいいところがギャップ的に面白いので
勝のほうが「深み」がみられるかな。
若冨はそのまんまでこわ〜くて下品な濃いおっさんといった感じ。


155 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 22:29 ID:76YV2AoE
みなさま、寒くなってまいりましたね!
しかし、あの場所だけはつねにヒートアップ!!!
あの熱い戦いをもう一度!勇敢な戦士たちよ、集まれ!

「罵声でぶちのめせ」
http://kn.sakura.ne.jp/~en-dai/cgi/basei/basei.cgi


156 :大門軍団:03/11/19 22:40 ID:8eYQNJFn
>>153
「勝新役者バカ一代」って事実と脚色がごっちゃでない?カツシンがらみで
面白い本は何かな?

157 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 23:09 ID:DD2GZqsU
>>156
「市川雷蔵とその時代」(徳間)は、勝新のロングインタビューが載ってる。
他に田中監督、池広監督、鈴木撮影所所長、脚本の星川清司など、大映の全盛時代のエピソードが満載。


158 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 23:09 ID:YNFGO9iP
一番最初の大映マークと思しき「作製社會式株映大」。
確か「王将」(昭和23年)や「静かなる決闘」(昭和24年)でも使われてたから、一体いつ頃まで使われてたんだろうか?


159 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 23:21 ID:JomzgsIF
浪漫工房の勝新特集はまだ手に入るのかな?(というか雑誌自体続いてるのかな?)
当時は勝新に興味無くて購入しなかったんだよなぁ


160 :大門軍団:03/11/19 23:23 ID:8eYQNJFn
>>157
あれはおもしろかったね。

161 :大門軍団:03/11/19 23:27 ID:8eYQNJFn
>>158
社名クレジットって後から替えられている場合があって
特定しがたいよね。社史にはロゴマークの由来とか書いて
あったなぁ。どのクレジットがどこまで使われているか、
今度調べてみようかな。

162 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 23:36 ID:DD2GZqsU
旅荘船越のついでに…
ここ懐石料亭の嵯峨乃屋さんは勝新と玉緒が新婚時代を過ごした邸宅を改造した料亭なんだす。
http://www.2kyoto.net/insyoku/togetsukyo-kita/saganosato.html

ソース「玉緒さんを勝手に愛する本」


163 :これはどうなんだろうね?:03/11/19 23:59 ID:vFcD8MRh
ビジュアルブック発売!
『勝新図鑑(絵になる男・勝新太郎のすべて)』(ピエ・ブックス)
11月15日映画祭限定先行発売/11月下旬一般発売 定価:3800円(税抜)
ポスター、ロビーカード、レコードなど図版300点以上!
デニス・ホッパー、やまだないと、他テキストも充実。
編集:川勝正幸 デザイン:松本弦人

164 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 00:14 ID:olQUsoYq
川勝さんこんな仕事もしてるんだ!

165 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 00:16 ID:Xm3OUITc
激しく欲しいが、3800円は今きついなあ。

166 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 01:43 ID:IW4NFykk
田宮二郎バージョン発売してほしい
田宮さんこそ絵になると思うれど、スタイルといい

167 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 03:27 ID:Xm3OUITc
そういえば、田宮が若き日の安部譲二を演じた「複雑な彼」(原作・三島由紀夫)という映画もあったね。あまり面白くなかったけど。

168 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 20:04 ID:rMt4Toau
>>162
料亭なのに結構リーズナブルだな。来週京都出張なんで行ってみようかな。

169 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 17:42 ID:wYJL+Hnc
そういえば川口浩の妹は何してるんだろ?
麻薬関係で消えたんだっけ?


170 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 22:14 ID:wCNzqi+0
画家になった

171 :大門軍団:03/11/22 22:35 ID:kQMG/b16
西原儀一の本に、田中徳三監督がピンク映画を監督したと
書いているが、本当だろうか。確かに大映在籍末期には、
エログロ作品を監督はしていたが。

172 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 00:17 ID:/W8Gwk2p
なんで大映末期はエログロ路線になったの?テレビ時代になったから?
今、増村作品にハマッテます

173 :大門軍団:03/11/23 01:01 ID:UUKZxBC1
>>171
テレビでは扱えない題材を求めた結果が、エログロだった。

174 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 11:26 ID:E0ZkvUuY
今年の12月28日はNHKで石原裕次郎特集やるみたい
できれば、田宮二郎の命日でもあるのだから田宮二郎の特集でもしてもらいたかった
増村作品、白い巨塔などなど.....いっぱい名作があるのに.....


175 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 12:40 ID:R5rXeHA4
>>171
>>確かに大映在籍末期にはエログロ作品を監督はしていたが
本当?是非タイトルを教えてください。
田中徳三は最後の方は怪談映画を撮っていたようだが
「怪談雪女郎」は映像化された雪女作品では最高だとおもう。


176 :大門軍団:03/11/24 14:47 ID:/1DpKIFM
>>175
秘録おんな寺
このシリーズは他の監督でもとられている。成人指定ではない。

177 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 23:41 ID:HVaVscIn
秘録おんな牢、蔵、寺って題名はエログロ風だけど、
中身は、エログロという意味では、大した事ないでしょ。
女の人の裸出てくるけど、ほんの数シーンだからね。


178 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 00:32 ID:TIKt6OmR
>>176,177
教えていただきありがとう。
三隅も増村は思いっきりエログロになってしまって
残念に感じていたところだった。

179 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 14:29 ID:s3smhFPE
「悪名尼」って作品を見たいですね。おそらく、名画座でもかかんないしソフトで出ることもないだろうし。

180 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 17:00 ID:ZMYeP20A
第三の悪名のオ−プニングシーンは、清次がうさぎと毒きのこの刺繍の入った
スカジャン姿、よく永田社長許したね


181 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 17:15 ID:KMH17Fh1
>>179
ダイニチ映配を解消して単独で製作・配給した大映最後の作品のうちの一本「悪名尼」。
尼モノかと思いきや末期の大映お得意のスケ番モノだった。
田中重雄の演出にやる気というものがまるで感じられない愚作。
八並映子と桜井弘子のレズシーンなど、目を覆いたくなるほどヒドい。
同時上映の「蜘蛛の湯女」が京都撮影所の最後の意地を見せたのとは対照的だった。

182 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 17:42 ID:9cE1Cnua
>>181
田中重雄、、、この人ほど、戦前からあらゆる映画を撮りまくり、大映崩壊
後はTVまでを撮り、そして、忘れられた人もいないのではないだろうか?

田中といえば、「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」の暗く野暮ったいムードを
思い出す。この人の映画を観ると(実はそんなに観てないけど)、画面から
「わしゃ、あくまで脚本に書いてある通りに撮ってるだけだから、文句は脚本
家やプロデューサーに言ってくれ」という空耳が聞こえてくるんだが。

183 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 13:15 ID:2QshRckT
>>44

話が合いそう。
私は今でも中田と毛利で抜いてます。

184 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 15:47 ID:EA9qnN7V
大映出身で80年代に映画を撮れた人って増村と池広だけ?

185 :44:03/11/26 16:33 ID:GsFR6Xgx
>>183
毛利ではちょっとしんどいです。(化け猫のイメージが)
中田はOK!!

186 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 21:33 ID:2bRgfz/7
亀レスで悪いが

>>74
森一生は「怪談蚊喰鳥」が最高傑作だと思いまつ
あと「昨日消えた男」も面白かったな

>>114
船越英二は腰を悪くして芸能界を引退した
たしか息子(船越栄一郎)の結婚式にも欠席してたようだから
よっぽど(腰が)悪いんだろうな

187 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 04:21 ID:w45iGT1k
あと、大映って、美術(大道具とか)がすごいね。
黒澤を驚喜させた「羅生門」。
「炎上」の金閣寺の剥がれかかった金箔の雰囲気。
あるいは「眠狂四郎」や「大菩薩峠」の抽象的に省略させたセット

「同じ松の廊下でも大映は廊下の厚みが違う」(勝新太郎)

他に、あの映画のあのシーンのあのセット、あの背景、効果、といったのでおすすめあったら教えてください。

188 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 08:13 ID:yYp/z/3i
>>187
>他に、あの映画のあのシーンのあのセット、あの背景、効果、といったのでおすすめあったら教えてください。

そりゃ、数え切れないでしょ。大映京都作品は、どれも美術が凄いし。

幾つか挙げると、「大菩薩峠 竜神の巻」で、後半、森の中に舞台が移るが、
あの森の壮麗な人工美にブッたまげた。
現代劇「とむらい師たち」では、中之島公園の水子祭りの悪夢のようなビジュアル
に驚嘆した。ホントにあんな巨大な風船を創ってしまうとは・・・。
一転、「続悪名」(撮影=宮川一夫)の有名な、モートルの貞が刺される場面は、
ノーセット、シンプルな俯瞰とアップだけで簡潔に唐突な鮮烈さを表現していたね。
大映京都作品は、こうした画面構成も素晴らしいよ。

189 :大門軍団:03/11/27 10:05 ID:k12/0XeC
>>184
湯浅、村野

190 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 10:34 ID:GSWOrL2f
★リスクなしで8ヶ月で300万円を儲ける方法★
http://www.getx3.net/a0313/

191 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 13:56 ID:+5CMcHCN
>>186
息子の結婚式に来なかったのは、
結婚に反対していたから。出席者の某氏の
スピーチでそれについて触れた。今はどうだか知らん。

192 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 14:36 ID:6VHmnYH2
貞の殺されるシーン、シナリオでは市場だったらしいね。でも撮影日数が押してセット組む余裕がなくなり、宮川カメラマンのアイディアでああなったという。

193 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 15:11 ID:EA3mAlcr
自分は33歳でリアルタイムの頃の大映を知らないんですが、好きな映画の中に
ある殺し屋、とむらい師たち、ボクは五歳、セクースチェック等・・・・・
が入ってたりする。

194 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 18:06 ID:YDQ6ZyMO
東映か松竹が潰れりゃ良かったのに・・・

195 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 19:25 ID:21DJqb+4
眠狂四郎の居候する三ノ輪浄閑寺のカラスのふすま絵に痺れた。
ララン・ドロンのノワール映画『サムライ』冒頭の灰色の部屋に通じるものがある。

196 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 22:56 ID:gdqaAGvD
>>194
いや、東映は仁侠ものがあるし、松竹は野村/三村がいるから駄目。
東宝にして。

>>194
内藤昭さんの本の表紙になってるよね。内藤さんの美術はクール。

197 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 23:42 ID:TyVsoFoD
>196
東宝もダメ。だって社長シリーズ・駅前シリーズがあるもん

198 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 23:48 ID:mNU1QZ3j
大映の女優さんのラブシーンは本人が本当に脱いでいますね
増村作品での若尾文子とかもバンバン脱いでいるし
相手役の俳優さんも刺激的だったでしょうね
ところで、昔からマエバリはあったのですか?

199 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 23:51 ID:gdqaAGvD
>>198
> 増村作品での若尾文子とかもバンバン脱いでいるし

『刺青』とかはボディダブルだよ。
で「体の綺麗な人じゃないと」と若尾文子から注文があったらしい。


200 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 01:04 ID:VUUYhr9c
>>199
若尾専門のダブルがいたのは有名な話。
『卍』のレズシーンで、岸田今日子の鬼気迫る演技にダブルの女優さんがマジで怖がってたそうな。

201 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 01:29 ID:M5l144Qj
スペア−のことをタブルと言うのですか、タメになります
京マチ子との絡みで京マチ子のオッパイを揉んだ田宮二郎ですが
若尾さんとのラブシーンではキスもやるふりだけですね
増村作品で共演の多い2人ですが随分、田宮二郎が若尾さんに気を使ってますね

202 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 11:23 ID:YVlGjoU9
>>192
う〜んなんだかその話はよく聞くけれど、
実際にああいう俯瞰で急遽撮ろうといったのは
当然監督である田中徳三だったらしい。もちろんカメラもよかったが・・・。
なぜか宮川一夫に手柄を撮られちゃっているんだよね・・・。
ビッグネームの強み?
大映のセットといえば、末期とはいえ同監督の「怪談雪女郎」が本当にきれいだった。

203 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 13:10 ID:3o8hFfFr
昔の映画で主役級の女優が裸(うしろ姿さえ)になるなんて事は
まず有り得ない。

204 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 22:53 ID:8xKX4j4l
オレ的な大映京都監督評

三隅は別格
森一生は当たりハズレが激しいが時たま凄いHRを打つ
池広はユニークだが仕掛けに凝りすぎてまとまりが悪い
田中徳三は手堅く上手いがハッとするような面白みがない
安田公義は地味だが、シリーズものに起用すると意外と健闘
田坂勝彦、加古敏は・・・印象薄し

205 :大門軍団:03/11/28 23:04 ID:1s7rv5Fn
>田坂勝彦、加古敏は・・・印象薄し
たしかに。田坂も加戸もこれといった作品がないもなぁ。

206 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 00:19 ID:SUBUY6MO
三隅は確かに映画向きというか、
大きな感じがするね。
反対に、田中徳三は、映画よりも
もっと細かい所作が活きるテレビ向きかな。
田中は本当に幅広い作品をテレビで残しているが
三隅は必殺以外ではまとまりの悪い作品が多い。

207 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 02:57 ID:ATeFb+iM
>>203
安田道代、関根恵子あたりからかなあ。
大映は大切にしている女優を脱がす変った当時としては会社になったね。

原田美枝子もそだね。

208 :大門軍団:03/11/29 11:49 ID:g/h+a32j
>>207
なんといっても渥美マリからでしょう。関根は倒産間際のデビューだし。
ところで原田って大映株式会社と関係あった?

209 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 12:31 ID:1q/rPKQp
田坂勝彦は俳優やスタッフから”グリューさん”て呼ばれていたらしい。
兄貴の田坂具隆監督をもじって。つまり具隆もどき。なにげに彼の監督としてのポジションがわかる。

210 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 18:32 ID:5/3jx7uM
さっき「刺青」みたんだが、ダブルだとかそんなことどうでもいいな。
例えば「ラストサムライ」なんかだと史実と違ってるとか、製作の苦労話
とか余計なものが付きまとってしまうんだが、「刺青」は作品だけで
完璧に完結していて、映画の外の世界が何にも無いような印象を受ける
のがすごい。

211 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 18:49 ID:dR4z54RM
田宮二郎&天地茂の「犬シリーズ」は如何?
天地のコミカルな演技が絶品です。

212 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 23:16 ID:SUBUY6MO
>刺青
テンポはよいけれど、お嬢さん役の若尾文子が
ちょっとヤリすぎで白けて見えることあり。
「卍」はきっちり填っていたけれど。

213 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 23:25 ID:ATeFb+iM
『卍』はあの寸止め感が秀逸でした。
『鍵』の京マチ子のやりたい放題やられようも素晴らしい。

214 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 00:19 ID:7XRwIWrj
「犬シリーズ」、最初のあたりの方が
田宮が若々しくてよかったかな。
天知茂は、本当に芸幅の広いいい役者さんでした。
悪人も善人もクールもコミカルもできるんだから・・・。

215 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 01:25 ID:KfXX8b9d
大映の美術でいえば、「釈迦」の魔神像かね。
大味な映画だったが何故か好き。
「透明人間と蠅男」の有楽町のミニチュアもリアルな出来だった。
東宝ばかりでなく大映特撮ももっと語られていいと思う。

216 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 01:58 ID:uMb39Yqv
>>214
善人は微妙だけどね。今でも一番好きな俳優。

217 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 23:40 ID:7XRwIWrj
>>216
ま〜テレビでは「明智小五郎シリーズ」「無宿侍」あたりは
善人といえようが
確かにマスクに悪の要素が入っているから
深みがあるんだよなあ。

218 :この子の名無しのお祝いに:03/12/01 20:50 ID:/8vYHKCj
天知といえば
「第三の影武者」は憎々しかったな

「忍びの者」の服部半蔵って元々は天知が演じるはずだったらしいね
だけど何故だか伊達三郎が演じている 

まっ、伊達三郎も大好きな大映俳優だからいいんだけどさ
脇役なのに、一度見たら絶対に忘れられない顔(w

219 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 01:14 ID:cXb9SdEM
天知の大映入りって本人の希望?それとも声がかかったの?

220 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 03:46 ID:FFKoK4iy
>>219
それはわからない。でも直接の原因は新東宝の倒産だよね。
新東宝俳優の流れ(とりあえず思いつくまま)
・大映へ=天知、宇津井、久保菜穂子、三条魔子、万里昌代、若山(のちに東映)
・東映へ=文太、三原葉子、
・TVへ=池内淳子、中山昭二、他無数

ってとこかな。

221 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 04:34 ID:kAur2yzu
>>220
微妙に違う。

若山富三郎(城健三郎) 新東宝→東映→大映→東映
      菅原文太  新東宝→松竹→東映

若山は新東宝時代から主演していたが、助演も多く、人気定着は「極道」まで
待たねばならなかった。
文太は正直、新東宝・松竹時代は影の薄い役者だったのではないか? 東映
に移ってから、配役の格が上がり、やがて主演に昇格した。
新東宝を離れてもっとも得をしたのは、各社の映画・TVに異常な出演量を
誇った丹波哲郎だろうね。

222 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 11:08 ID:/IYglHoO
>>220
倒産のことは知ってるんだけど、その後の身の振り方が分かんなくて。
「四谷怪談」で目にとまったのかなぁって思ってた。

223 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 12:21 ID:GiG56GlL
丹波は新東宝が倒産する前に
会社と喧嘩してフリーになったんだよな

224 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 13:19 ID:d0OTAbRH
「炎上」の仲代のびっこの引き方が美しいと思う

225 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 15:07 ID:uAaXAjr+
220です。
>>221さん、そうでしたね。
>>223さん、
>丹波は新東宝が倒産する前に
>会社と喧嘩してフリーになったんだよな

いかにも丹波らしいね。
でも、田宮やお富士さんのように五社協定を盾に干されたりしなかったの?




226 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 23:01 ID:9EGHQlvk
新東宝にそんな力はない。
香川京子もね。

227 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 02:38 ID:P+Hp70Pu
そういや丹波って大映の作品に出たことないのでは?
東映、松竹、日活の作品にはそれぞれ主演作まで持ってるのにな

228 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 02:48 ID:4c6qPv/i
>>227
徳間大映なら、↓があります。

1976.10.16 ひとごろし  永田プロ=大映映画=映像京都  


229 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 03:39 ID:cwko6fIi
>>227
いやいや、出てるよ。未見だけどね。
ttp://www.jmdb.ne.jp/1967/cq003070.htm

丹波は異常だが、丹波だけでなく、当時の売れっ子は今の想像以上に多忙だったはず。
映画・舞台以外にも、TV映画・スタジオドラマの本数も多く、ラジオドラマ
もあり、役者の仕事場が広かった。
今は映画の製作規模が小さいし、TVも中途半端な番組・ドラマばかりだし、
舞台以外の「役者」としての仕事場が狭い。
役者にとってもファンにとっても、不幸なことだ。

230 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 07:54 ID:KQ8Bv5jF
>>219
一番最初の「座頭市物語」へ、どういう経緯で出演になったかはわかりませんが。
(勝新太郎関連の本で、経緯が書かれているのがあった気がします)
ワイズ出版の「天知茂」での奥さんのインタビューによると。
「座頭市物語」に出た後、大映と本数契約で所属したそうです。

231 :227:03/12/03 22:12 ID:yRpxDdg4
>>228-229
そうか大映作品も出てたんだね
丹波には「眠狂四郎」「座頭市」シリーズにゲスト出演して
雷蔵や勝新と対決してほしかったな

232 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 00:23 ID:XlrtVZFv
>>221
文太兄いはホームドラマの松竹に移籍後は脇役専門になってしまいましたが、
新東宝時代に何本も主演作があります。
文太兄いが陰が薄いというよりも当時の新東宝が他社に比べてあまりに陰が薄かったというべきかも。
文太兄いが大映に入ってたらどうなったかな。
田宮二郎のような器用さはないし、雷蔵のように時代劇が得意なわけではないから・・・

233 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 00:52 ID:nGZaNqFC
>>232
文太はハンサム・タワーとはいっても、正直、スマートな色男は似合わなかった。

文太の目つきの鋭さ、崩れた味は、任侠映画の助っ人や、現代ヤクザ映画の
脇で活かされましたね。待田京介と同じ系列の役者ですからね。
大映にはクールな成田三樹夫や天知茂がいたし、伊達三郎のような名物脇役も
いたし、脇に甘んじたことでしょう。

234 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 06:56 ID:HOBzdhRr
菅原文太は待田京介のような芸達者じゃないよー、文字通りスターなんだよ。
存在感が(高倉健はともかく)他の役者とは全然違うよ。

235 :この子の名無しのお祝いに:03/12/06 12:43 ID:pgU9kuoH
待田京介は善悪どちらも無茶苦茶うまいもんね。

236 :この子の名無しのお祝いに:03/12/07 01:29 ID:Hx3aU1ET
けど東映では鶴田、高倉、若山に続く
主役級のスターを売り出そうとして
その候補にあがっていたのが菅原文太と待田京介らしいね
もし待田の方が主役に選ばれていたら映画史は変わっていたのか?

って全然大映と関係ない話をしてスマン
待田の大映出演作といえば「座頭市果たし状」だよね
志村喬との親子役が妙に嵌ってたな

237 :この子の名無しのお祝いに:03/12/07 12:09 ID:4hD25+RT
「座頭市果たし状」といえば三木本賀代(強引w)
この人好きなんだけど、
大映倒産とともに引退しちゃったのかな?

238 :この子の名無しのお祝いに:03/12/09 23:54 ID:zFCV5ePh
本当に田宮二郎は器用な役者だった、皮肉にも私生活はそうはいかなかったけど
田宮二郎が演じたパイロット、医者役を越える役者はいない

239 :この子の名無しのお祝いに:03/12/17 20:58 ID:Bz59PmNY
BS2で大映作品が放送されてる日に限って裏のサンテレビでも大映作品が放送されてるんだよな。


240 :この子の名無しのお祝いに:03/12/19 19:37 ID:mnlPDWHE
サンテレビの映画はどれも色が褪せてる。
フィルムの状態悪杉。


241 :この子の名無しのお祝いに:03/12/19 19:58 ID:Tl0bEJk6
>>240
昔ながらの16ミリの放映用プリントを未だに使用してるのかな。

242 :この子の名無しのお祝いに:03/12/20 01:35 ID:urCXyJlX
今週のBSは、大映コメディ時代劇だったね。
「ほんだら剣法」は、冒頭「無責任はもう古い」「マジメでいこう」とか言い出す
部分がいちばんワラタ。肝心のお話は、笠原良三なので(?)エエ加減そのものだが。

ナベプロが東宝以外に出演させない方針だったせいか、植木等が出ていないのが残念だ。
多忙のせいか、谷啓も出ていない。
資料を見ると、「大冒険」「無責任清水港」に挟まれて、他にTVやステージもあるなか、
メンバーにはムチャなスケジュールだったであろうことが推察される。

それでもそこそこに撮りあげてしまうのが、さすが早撮りの森一生。

243 :この子の名無しのお祝いに:03/12/22 15:26 ID:DXrf3iJI
角川大映スタジオリニュアルしてるね。昔入ったことあるけど、ステージ
のでかさにはおどろいた。小さい頃だったからかな。

244 :この子の名無しのお祝いに:03/12/24 07:11 ID:f/N9lJ3E
「斬る」の藤村志保の衣装のあまりの美しさに悶絶しそう。(勿論藤村志保自身もね)


245 :大門軍団:03/12/27 22:46 ID:VWbU8E4D
今年も池広一夫のドラマが見られてよかった。来年も見たい。

246 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 20:18 ID:7wW+4KBR
そういや昨日の土サス
池広監督だったんだよね
見てないが(w

池広の「無宿人御子神の丈吉」シリーズが見たい!

247 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

248 :大門軍団:03/12/29 20:01 ID:+bGTUun3
>>246
「無宿人御子神の丈吉」見たいですね。それもたしか池広監督
がホンかいているのが2本ありますよね。去年の年末の土ワイで「脚本池広一夫」と
新聞に出ていた時はびっくりしました。30年ぶりとは。

249 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 14:12 ID:h8HAXIa7
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/62760482

250 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 19:34 ID:LcpgTjx7
>>249
高ッ

251 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 19:39 ID:8bwS+45A
>>243
大映調布スタジオは天井の高さに定評あり。円谷プロの「ファイヤーマン」の特撮場面は
ホリゾントの奥行きが広々としており、同時期の円谷作品「ウルトラマンタロウ」(スタジオは国際放映か)
の窮屈さに比べて雲泥の差。あと円谷の映画「ダイゴロウ対ゴリアス」もここ。

252 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 20:51 ID:LcpgTjx7
>>251
国際放映は添乗高いステージもあったんでない。今も形を変えて残っている
大シネスコ用ステージとか。

253 :この子の名無しのお祝いに:04/01/14 05:46 ID:NKr12UiI
あげ

254 :この子の名無しのお祝いに:04/01/14 13:39 ID:bzr1lYfe
昨日のNHKのスタジオパークのゲストに藤村志保が出ていた。
大河ドラマ「太平記」のとき、足利尊氏が地蔵を厚く信仰していたと知り、
鎌倉の寺まで尊氏の拝んでいた地蔵を見に行き、自前でその地蔵の
写しを作って撮影につかったそうだ。
このこだわりの原点は大映の美術。
処女作「破戒」での庫裏のシーンはセットだった。スタジオ内の強いライトに
照らされて暑いはずなのに、寺の庫裏特有のひんやりした感覚がしたそうだ。

255 :この子の名無しのお祝いに:04/01/14 19:34 ID:BZMaAE9y
藤村志保という芸名は、「破戒」に出演した時につけられたんだよ。

256 :この子の名無しのお祝いに:04/01/14 23:09 ID:Ua/Di8DU
勝新映画祭で見た「とむらい師たち」と「やくざ絶唱」がえらく面白かった。
大映って昔すごかったんだね。田中徳三なんかもっと評価されてもいいと思うけど。
「兵隊やくざ★強奪」の夏八木と勝の決闘シーンは映画界に残る名シーンだと
思う。

257 :この子の名無しのお祝いに:04/01/15 14:49 ID:+WZrA4V3
>>255
役名の志保と原作者の島崎藤村から

258 :この子の名無しのお祝いに:04/01/16 03:40 ID:AgOQi0nf
>>256
私は以前から田中徳三監督作品が好きなのだが
田中徳三に限らず、大映の監督って本当に評価低いよね。
勝新だって三隅研次が撮ったのと
田中徳三が撮ったのとでは表情が全然異なるし、
個性というものがきっちりあると思う。ところで、
CSで時々放映されている「映画監督インタビュー」では
大映系の監督って全然出てこないね。何撮っていたのか全然知らない
監督なんかは結構出てくるのに。

259 :大門軍団:04/01/16 09:17 ID:w+T37Nw2
>>258
田中徳三の監督協会のとったインタビューはあるので、いつか放送
されると思うよ。

260 :259:04/01/17 01:11 ID:dHbNwy1k
>>258
情報ありがとうございました。

261 :この子の名無しのお祝いに:04/01/17 01:43 ID:MVPkLzIa
↑誤爆?
どういうこと??

262 :この子の名無しのお祝いに:04/01/17 01:59 ID:6fq/KGNI
>>258
他の映画会社でも、優れた映画撮っていたけど、
撮影所崩壊したら映画撮れなくなった人いるよね。
そういう人に比べて評価低いかな?

撮れていた頃の実力で評価してやるべきだとは思うのだが。

263 :258です:04/01/17 17:26 ID:dHbNwy1k
わっごめんなさい!

田中徳三インタビューに関する情報のお礼のつもりでしたが、
258から259さんへの間違いでした!
ご迷惑をお掛けしました。

>>262
そうですね、特に映画からテレビに移った方に対しては
風当たりきつそうですね。(大映、東映の監督など)
同じ映像文化なのだから差別することはないと思いますが・・・。

264 :この子の名無しのお祝いに:04/01/17 21:27 ID:WYmv1Frt
志保は雷蔵から「破戒」の撮影中に、
「処女がそんな歩き方をするか!!」と怒鳴られ、
泣かされたそうな・・・

265 :この子の名無しのお祝いに:04/01/17 23:14 ID:OGxlKnQO
>>264
他の映画で三隅研次に怒鳴られたんじゃなかったけ?

266 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

267 :この子の名無しのお祝いに:04/01/18 22:30 ID:Uq4+wr/M
「その男、凶暴につき」についていろいろ調べてるうち、
平泉征(平泉成)という俳優の出演作一覧にたどりついた。
この人、昭和39年に大映京都第4期ニューフェイスに選ばれたということで
大映の映画にたくさん出てるわけですが
「こりゃいったいどおゆう映画だったんだ?」という、
変な題名が多いですなぁ。

平泉征
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0341360.htm


268 :この子の名無しのお祝いに:04/01/19 08:28 ID:1KEVB5se
「裸でだっこ」
分りやすいじゃないですかw

269 :この子の名無しのお祝いに:04/01/20 14:11 ID:Qx/wC0d5
>>264
雷蔵、処女の歩き方ってあるのかよ・・・

270 :この子の名無しのお祝いに:04/01/21 02:29 ID:jFcnhzRJ
今日、『ヤングパワー・シリーズ新宿番外地』観てきたけど、結構面白かった。
編集の中静達治さん、よかった。調べてみると凄い経歴だね…
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0272280.htm

271 :この子の名無しのお祝いに:04/01/27 06:54 ID:TbXe2j6g
悪名シリーズ大好きなんだけど
悪名スレってないのね・゚・(´Д⊂)・゚・

272 :この子の名無しのお祝いに:04/01/28 02:11 ID:doQvVAIU
>>199スタンドインだろ当時は!

273 :この子の名無しのお祝いに:04/01/28 03:26 ID:98oupaLs
私も大好き、「悪名」シリーズ。
スレは過去にあったけれど・・・。

274 :大門軍団:04/01/29 17:03 ID:zRAFegf9
>>273
一作目と二作目は名作ですね。その後のシリーズも面白い作品が多いですけど。


「跋扈妖怪伝 牙吉」っう映画、大映怪談映画好きの原田監督だけあって
川崎あかねを特別出演にしている。最近では川崎あかねも唯の脇役のおばさん
だったのに、特別出演とはうれしい。そのほか山村嵯都子なんかも出ている。


275 :大門軍団:04/01/29 17:04 ID:zRAFegf9

原田でなく、原口智生だった。
原田雄一とか原田真治とか原田徹とかまぎらわしいね(w


276 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 22:19 ID:8KoDhnRN
1942年から続く日本映画のしにせ「大映」の名前が消える―。角川書店の
角川歴彦会長は29日、映画製作者連盟の会見で、大映を買収して設立した
「角川大映映画」を再編、4月1日から「角川映画」に名称変更することを
明らかにした。

黒沢明監督「羅生門」や、勝新太郎さん主演の「座頭市」など旧作の
ブランド名として「大映」は残るが、社名からは62年で消滅することになる。
角川書店は一昨年11月、徳間書店から大映の営業権の譲渡を受け、角川大映
映画を設立、映画やビデオの製作、撮影所の運営をしてきた。しかし「(角川
大映双方の)社員の交流も進み、融合がスムーズにいった。さらに発展させ、
角川グループとしての映像の方向性を示したい」(角川会長)として、角川
大映映画に同書店の子会社などを統合、角川映画の名称で新たにスタート
することになった。


277 :大門軍団:04/01/29 22:45 ID:xhVikT8K
>>276
これでいいのかもしれませんね・・・

278 :大門軍団:04/01/29 22:55 ID:xhVikT8K
連続ですまないが、71年当時、大映の経営陣は映画会社は潰しても
TV部門にだけは「大映」の名を残そうとしたらしいが、30数年
を経て、現実のものとなってしまった。

279 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 02:00 ID:1MymtG6E
角川、アスキーも買収だと。
儲かってんのか?

280 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 05:09 ID:7Ky303w6
>>269
雷蔵は歌舞伎の出だからね。いろんな型があるよ。

>>270
その後の高校生番長シリーズも、同じく先端風俗を取り入れて結構面白い。
監督の帯盛廸彦は、なかなか良い職人だと思った。
これで八並映子だけでなく南美川洋子も脱いでれば、もっと大ヒットしたんでは?
小野川公三郎と篠田三郎もイイ。

>>273
ダイニチ映配作品は最後の仇花だったんすね。

281 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 23:58 ID:S+Rj9oMn
http://www.movielodge.com/ktv2004/ktv[40-47]/[1-3].mpg
http://www.pornsolid.com/tfi2004/tfi[09-23]/[1-3].mpg
Avy Scott
http://3xmania.themoviehost.com/62/avy_scott_aka_filthy_whore_scene_5_[04-41].mpg

282 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 02:11 ID:Ifnb447z
「大映」が消えて「角川映画」になった……
http://plaza.rakuten.co.jp/geinou/diaryold/20040130/

283 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 23:15 ID:IjAoxKAN
>>264
あのころの時代はパンツなんて穿いていなかったから
着物がめくれるくらい大股で歩くなってことなんじゃないの?

284 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 23:52 ID:AUJzCmgd
そいじゃ、お歯黒つけると大またでもいいことにならないか。
見えそうになってもいいことにならないか。それは違うわけで、
処女とお歯黒で歩き方が違うというのではなく、いかにも処女に見える歩き方、
お歯黒に見える歩き方がある、ということを雷蔵は云ってるんだよね。

285 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 23:57 ID:iRMf7SAZ
>>284
お前のレス、蛇足じゃねえ?

286 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 00:25 ID:3beLd9bT
「Wの悲劇」の冒頭、早朝公園、ひろ子の歩き方を観て
女性観客から笑い声が…
と、つまり、こういうことか?
大映とは全然関係ないけど。

287 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 02:36 ID:sRwrQL9V
>>285
あのー、リアリズムでのうて見立てのことだと云ってるんですが。

288 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 00:34 ID:EZyqBVJ1
悪名のDVD見てデジタルリマスターの画質の綺麗さに感動したよ。

289 :大門軍団 ◆Qy2LDEjKWE :04/02/02 01:19 ID:TMiD+MCk
>>288
ええなぁ、DVD

290 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 18:49 ID:/e0cHDWY
映画は大映

291 : :04/02/13 21:51 ID:tJvi2iSY
age

292 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 13:19 ID:7jlTrG1L
あげ

293 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 13:28 ID:Y84KSp1x
強いぞがっめっらー♪

294 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 16:29 ID:c8795H56
巨人の高橋一三と結婚した女優って誰だっけ?

295 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 17:41 ID:1u2FVqk8
http://66.102.7.104/search?q=cache:WzSC1tEp89sJ:http%3A%2F%2Fwww.kaiseidoshoten.com%2Fdaieigraph.htm+%BB%D1%C8%FE%C0%E9%BB%D2&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx

296 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 18:20 ID:2RAUDBHq
>>295
294に対するレスだとしたら、微妙に違うんだが・・・

297 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 19:44 ID:FBgwlye1
http://www.ringohouse.com/eiga_Folder/arashi.html

後に巨人の高橋一三投手の奥さんとなった橘和子。


298 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 19:47 ID:FBgwlye1


ちなみに倉田投手は大映女優の姿美千子、えもんかけが投げてるようなフォームだった高橋一三投手は日活の橘和子と結婚し、
この二人の女優が姉妹だったので義兄弟になったという記憶があるんだけど、正しいのかな?


http://plaza8.mbn.or.jp/~60data001/htm_fils/keijiban/200011/20001101.htm


299 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 21:58 ID:9eKi3+O/
ガメラ3を超える特撮モノは後にも先にもありません
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1076416799/898

898 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 21:54 ID:eaxEL49O
いや一般人は作品なんか見なくてジャンルだけで判断」しちゃうから関係ないっしょ。
俺も明日、釈迦は見てみます。まあG3よりショボイに決まってるけど。
三隅研次?そんなおっさん名前も聞いたことねえな。どうせ三流監督だろ。



300 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 22:30 ID:lkq2KtzB
901 名無しより愛をこめて sage New! 04/02/16 22:03 ID:dBy9Th2x
>>887
つか普通にダメだろ釈迦
せいぜいあの年代にこんな凄いことやりマスタってくらいのもんだろ
糞亀はこの際おいといてさ
釈迦ってあんなバカでかいセット組まにゃスケール出せないんだったら
明らかにリターナーより劣ってるじゃん
それに役者も大したの出てないね、なんだっけあのパンツに大麻隠してて
「なんでこんなとこにあるのかこっちが聞きたいよ」ってほざいたバカw



301 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 22:37 ID:lkq2KtzB
920 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 22:28 ID:mV92FkiX
雷蔵ってだれ?聞いた事もないけど。勝新てのは座頭市やってたオサーンだろ。

920 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 22:28 ID:mV92FkiX
雷蔵ってだれ?聞いた事もないけど。勝新てのは座頭市やってたオサーンだろ。


921 名無しより愛をこめて 04/02/16 22:30 ID:v+DRMOOF
>920
円月殺法の人でしょ
眠今日知ろうだっけ?


302 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 22:47 ID:lkq2KtzB
927 名無しより愛をこめて sage New! 04/02/16 22:42 ID:mV92FkiX
若い女の子は岩井俊二だろうな、アピールする監督名は。

釈迦って昭和36年の作品だって釈迦厨のオヤジが言ってたな。
東宝特撮ならモスラの年だ。あの程度だろ。

当時の特撮としては頑張ってたのかもしれんが今見たらチャチやん。


927 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 22:42 ID:mV92FkiX
若い女の子は岩井俊二だろうな、アピールする監督名は。

釈迦って昭和36年の作品だって釈迦厨のオヤジが言ってたな。
東宝特撮ならモスラの年だ。あの程度だろ。

当時の特撮としては頑張ってたのかもしれんが今見たらチャチやん。



303 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 22:53 ID:pET94PFT
929 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 22:44 ID:mV92FkiX
>>926
>時代劇なら黒澤を超える評価を持つ御仁だぞ。

嘘こけ。女の子だって黒澤なら知ってるぞ。女の子が
知らないんだからヘボ監督に決まってるやん。



304 :この子の名無しのお祝いに:04/02/16 23:44 ID:v5GEYx0g
名無しより愛をこめて・・・ってどこの板?

305 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 01:15 ID:15dwQFMI
遊星より愛をこめて

306 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 02:11 ID:z3ioznnN
溝口の作品すら再販しない大映どうにかして!
近松物語はスペイン盤DVDもあるのに。。。


307 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 09:23 ID:etNRC67Q
「大東宝が総力を挙げておくる超大作!」はいいけど
「大大映が…」はちょっとゴロが悪いわね、ゴローちゃん。

308 :この子の名無しのお祝いに:04/02/22 21:29 ID:UvrIzck+
超大映、とか、ウルトラ大映、とか。。。

309 :この子の名無しのお祝いに:04/02/22 21:32 ID:xm/lt3l3
「映画の大映が」で決まりでしょう

310 :この子の名無しのお祝いに:04/02/22 21:53 ID:bZ5JyVdz
映画は大映

311 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 00:34 ID:r9PQtIed
大映の社長が、東宝の経営陣ぐらいに利口だったならと、
最近思いまくっている今日この頃。。。

312 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 00:50 ID:6714rk5r
>>311
でももしそうだったらあんな豪華な作品群が作られなかったと思うぞ。

永田雅一はやっぱ漢だな。

313 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 09:38 ID:jgvy/Jgb
>>311
松竹、東宝との明暗の違いは、配給網の充実ぶりの違いでは?
東映は任侠もの当てたから生き残ったけど、松竹、東宝は大したことやってない。

314 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 09:40 ID:jgvy/Jgb
あ、ちなみに釈迦の儲けはずいぶんと東宝にいったそうだ。
劇場足りなくて、東宝でも配給して貰ったから。半分、劇場の儲けになるから。

315 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 12:28 ID:A5cbSLhT
>>313
寅さんはだめ?

316 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 14:42 ID:9t2PQjgB
他業種転換もしなかったしね.....大映

317 :この子の名無しのお祝いに:04/02/26 23:23 ID:Tu7j3QaG
東宝が「明るく楽しい東宝映画」なのに比べ
大映の作品は、いろんな監督がいるが、総じて「陰性」という感じがする。
男優も屈折した感じのひとが多いように感じるが。
不良でも、裕次郎より川口浩や田宮二郎のほうが陰惨な感じ。

そこがいいところなんだが。

318 :この子の名無しのお祝いに:04/02/26 23:43 ID:coRNuqr8
日活のヒーローはウルトラマンのように家庭がないが、
東映や大映のヒーローは仮面ライダーのように、
時としてロボット刑事Kのように家庭や人間関係がある。

319 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 00:00 ID:MQo6LIiJ
小林一三はもともと三和銀行の出身だから、
「宝塚歌劇」や「PCL」(東宝映画の前身)を作るときも
ちゃんと計算していたからね。

320 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 13:04 ID:v1gG2srJ
>>317
日活に限って云えば、後発組だけに石原兄弟とか石坂洋次郎といった、
戦後の明るさ、現代劇という路線で売り込んだんじゃないだろうか。
東宝は、イメージとしてはお茶の間が出てくるような偉大なるマンネリの
路線を選択したようなふうに思える。
で、大映は、芸術性の方向に走って、客から遠い方向に逝ってしまった、と。

あくまでイメージだけなんだけど。

321 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 22:49 ID:yUqZOoCl
>>320
> 日活に限って云えば、後発組だけに石原兄弟とか石坂洋次郎といった、
> 戦後の明るさ、現代劇という路線で売り込んだんじゃないだろうか。

たまたま当ったからでしょ。始めは文芸路線だったんだから。

> 東宝は、イメージとしてはお茶の間が出てくるような偉大なるマンネリの
> 路線を選択したようなふうに思える。

これは戦後組合が企画や脚本に口を出したことが決定打だと思う。

322 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 22:51 ID:yUqZOoCl
あ、黒澤は組合の「ヤクザがヒーロー的すぎる」って修正要求を
会合では受け入れたものの、結局は無視して、
「三船がどんどん突き進んでいっちゃうから]って三船の演技のせいにしてたよね(w

323 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 02:50 ID:r0MkMRw1
東宝は成瀬という文芸映画の巨匠がいる

324 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 03:45 ID:nDJM+bB8
>>317
「処刑の部屋」が56年6月封切。「狂った果実」が同年7月。ほぼ同時期。
しかし、川口浩の個性では、裕次郎にはなれなかった。
増村保造の「不敵な男」などを観ると、裕次郎アクションに対抗させよう、
と思っていたのは明白なのだが。

>>321
日活映画のおおまかな系譜としては、

文芸・時代劇→文芸・太陽族・アクション→アクション・青春→アクション・青春・任侠→
青春・任侠・ニューアクション→訳がわからなくなって崩壊。

という感じですかね? 時代とともに、だんだん混迷が深まってますね。

325 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 04:03 ID:nDJM+bB8
この頃の日本映画について考えると、当時の文壇の、純文学・中間小説的な厚み
が、いかに企画に貢献したか、実感せざるを得ないですね。

例えば、裕次郎主演の「花と竜」は62年12月なので、実は東映任侠の第1作
とされる「人生劇場 飛車角」(63年3月)よりも早い。
「花と竜」は、むしろ文芸アクションとして企画されたのでしょうけれど、企画的には
東映の先を行っていた、これはもっと注目されていいのではないかと思います。

また60年代の日活青春映画は、文学少年・少女のための映画が多いですね。
こうした良質なジュブナイルもいつしか、日本映画から失われました・・・。

326 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 04:08 ID:nDJM+bB8
>>323
東宝・大映の文芸映画の貫禄も失われたなあ・・・。昔は普通の庶民が、贅
沢なモノを観ていたものですよね。

やがて、小説はマンガのドラマツルギーの質量に凌駕され、映画界ではスターの
文芸映画の成立が困難になり、こうした文芸と映画の蜜月も終わりましたが・・・。

いまや、TVもロクなモノが無いものねえ。人気マンガを引っ張ってくれば
いい、ってもんじゃないだろうが。

327 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 09:48 ID:othbRqMl
>>325
「花と竜」は東映東京が1954年に先に撮ってますよ。
まあ藤田進が主人公なので、「文芸アクション」なんですけど。

石原優次郎も任侠もの全然合わんわな。
喋りが少し幼くて育ち良さそうだから。

328 :この子の名無しのお祝いに:04/03/03 22:46 ID:kOBy9s/2
怪談ものがいいね。
新東宝の怪談と比較されるけど、お客を騙さない大映怪談が最高。
いくつかの四谷怪談お岩の亡霊(佐藤慶の伊右衛門 監督森一生)や、
妖怪百物語のろくろ首(毛利郁子!)左幸子の茨木童子なんてトラウマに
なった人いるんじゃないすか?

329 :この子の名無しのお祝いに:04/03/04 02:08 ID:4jgfwsqf
語りたがりや

330 :この子の名無しのお祝いに:04/03/04 13:28 ID:b/L75TKs
松坂慶子主演の「夜の診察室」を観たいのだが・・・

331 :この子の名無しのお祝いに:04/03/04 13:49 ID:EFA9FDg+
DVD出てますよ。関根恵子の旧作と同時に出た。

332 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 18:01 ID:0R2zRNSj
叶順子はなんで退社したんですか?
結構好きな女優なんですがね

333 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 19:11 ID:hC0iLUr4
>>332
寿退社。

334 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 22:18 ID:lRcHMUcl
愛人を頃して消えた女優もいたよね

335 :この子の名無しのお祝いに:04/03/07 22:21 ID:hC0iLUr4
>>334
毛利郁子。

336 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 10:59 ID:nGkN0Q2L
◆ 新レギュラー!愛とエロスの水曜日 Cine Erotics
http://www.nihon-eiga.com/0404/0404_04.html
全部大映

337 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 11:10 ID:nGkN0Q2L
◆ 新企画 発掘!お宝大映シネマ
http://www.nihon-eiga.com/0404/0404_05.html

338 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 11:20 ID:nGkN0Q2L
◆ 再スタート! わが映画人生〜田中徳三
http://www.nihon-eiga.com/0404/0404_06.html

339 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 00:39 ID:lyYDiIQU
漏れ、もし昭和30年代に今の年齢で存在していたら、
大映の映画館に入り浸っていただろうな。
日活はアホ過ぎるし、東宝はアオ過ぎる。
大映の淫靡な感じが好きなんだよな。

340 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 22:17 ID:yyXK3DLP
>>339
私の場合、1960年代‥‥東宝、大映ひいき。東映と日活はスター優先で、企画が
ワンパターンという印象。70年代なら、日活ロマンポルノと松竹映画かなあ。

341 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 23:11 ID:1qDq1/Uy
>>338
情報有り難う。でもえっらいマイナーなのばっかりだな。(W
あまり放映されない名作だったら
長谷川一夫主演「裁かれる越前守」とか市川雷蔵・京マチ子主演「濡れ髪牡丹」、
藤村志保主演「怪談雪女郎」とか、ほかには面白いモノとしては
本郷功次郎主演「鯨神」とかなんぼでもありそうなのに。
監督ちょっと気の毒かも。


342 :この子の名無しのお祝いに:04/03/15 23:26 ID:fndtwlSz
>>341
かつてのamsや大井でも上映しなかったような珍品を、堂々と放送するのがCSですから・・・。
デビュー作「化け猫御用だ」は貴重では? 雷蔵が勝手にゲスト出演して、会社が怒ったので有名ですね。

田中徳三といえば、天理教の映画「扉はひらかれた」があるね。観た人いるのかな?

343 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 10:52 ID:aXlNjCTV
「誘拐」は本当に珍品っぽいね。
「化け猫御用だ」はビデオ化されていたと思うが
これはなかったよね。面白ければいいんだけれど・・・。(W
「扉は開かれた」って、記録映画でしょうか?

344 :大門軍団 ◆Qy2LDEjKWE :04/03/16 21:35 ID:X5kAbisM
化け猫はビデオ化ありですね。
扉〜は一応普通の映画です。
この前コヤで「悪名」を見たが、ビデオで見るのとコヤでみるのとは
全然印象が違いました。やっぱりいい映画でした。でも中村玉緒の一番はじめの
出演シーンではなぜか場内がざわめき、失笑が・・・。やっぱり今の玉緒をみている人
にとっては、あまりにも印象が違うのだろうか。

345 :この子の名無しのお祝いに:04/03/16 23:50 ID:aXlNjCTV
俺は逆にテレビの中村玉緒を見るたびに
「げ〜あの玉緒ちゃんが・・・」って萎えてしまう。(W
60年代の中村玉緒は本当に明るくて溌剌としてかわいらしい。
勝新や息子のせいで相当苦労したんだろうな。

346 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 01:14 ID:ZbwK8Vvu
>>345
今、田宮作品をたくさん観てる所ですが、
「悪名」とドラマ版「白い巨塔」の玉緒さん、全然違いますよね。
うちのじいちゃんに言わせると、
勝新のおかげで演技が急激に伸びた、と言う事らしいですよ。
声も昔と違うし、演技も違いますよね。

347 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 01:28 ID:EUTD5LEH
最初の頃の玉緒、大したことない。完全、親の七光り。
しかしどんどんいい味が出てきた。カエルの子はカエルというやつか。

348 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 22:32 ID:+WTrNFwH
>347
本人はデビュー当初、6人部屋からスタートでまったく特別扱いはなかったと言ってるが。

349 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 22:41 ID:UFq3XkQA
>>348
ただし、入社はコネでしょ。

350 :この子の名無しのお祝いに:04/03/17 23:51 ID:EUTD5LEH
入社後の扱いもコネに決まってるだろ。そんな器量ないもの。

351 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 03:25 ID:W7nbR2Yr
ありゃ中村玉緒ってえらく人気ないなあ。(w
好みだとは思うが、、美人ではないけれど内面から明るく
溌剌として他の女優にはない美点があったと思うが。
私的には大映東京の女優達の方が
化粧がけばくみんな同じに見えて好きではない。例えば団礼子あたり。

それにしても今の玉緒ちゃんは
お父上の中村雁治郎にそっくり・・・娘は父親に似るってほんとだ・・・。


352 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 05:49 ID:NLVWfVwH
嵯峨京子の顔が見たいのですが?

353 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 10:40 ID:fl5+aB+n
>>351
団礼子?団令子の間違い?そうだったら東宝でしょう?

354 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 15:28 ID:geim7/Dv
>>351
そっくりじゃない。雁治郎は目つきがきついし。兄ちゃんとは似てると思うけど。

355 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 19:33 ID:3t2oiHaz
まぁ、有名俳優の息子・娘で七光りでデビューしても、人気が出ずに消えていった人も
沢山いる訳で・・・
今も芸能界に残ってるって事は、本人の努力も大きいでしょう

356 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 20:29 ID://yfXewP
>>355
そりゃ、玉緒も最初はコネを使っただろうけど、ちゃんと実力で残ったと思うよ。

カツシンを養うためとはいえ、あれだけの女優が年を喰ってからTVでバカ
やるなんて、相当の芸人根性がなくちゃできないよ。

二世と言えば、林成年なんか好青年で良かったのに、映画は辞めてしまった。
後年、「廃市」に出たときはさすがの貫禄だったが。
川口浩も、ある時期からほとんど映画に出なくなってしまう。なぜか「コント55号 宇宙大冒険」
なんかには出ているけど。そんで、キイハンターで探検隊。浩に何があったのか?

357 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 20:55 ID:hFHPfsyv
昨日見たザ・ガードマンに川口浩の嫁・野添ひとみが出ていた。

358 :大門軍団 ◆Qy2LDEjKWE :04/03/18 21:39 ID:7JKswkEb
野添ひとみは大映テレビに兄弟がいたからじゃないですか。

359 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 22:25 ID:CTFBQ7UV
玉緒がコネ入社って言ってるが
スカウトされたんじゃなかったっけ?
もちろん会社は雁治郎の娘ということで
話題性ありでスカウトしたんだろうが
雁治郎は娘の映画界入りに反対したらしい
勝新との結婚にも反対したらしいが
「私はお父ちゃんには強かったのでガンとして(父の)反対をハネのけた」
というようなことをTVで言っていた気がする

360 :この子の名無しのお祝いに:04/03/18 23:53 ID:IenNM6x0
>>359
スカウトして出てたのは松竹の映画
その後、親戚の長谷川一夫のいる大映に入れさせてもらった。

361 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 10:50 ID:7t/rbUHC
>>358
多分、プロデューサーの野添和子さんじゃないですか?

362 :大門軍団 ◆Qy2LDEjKWE :04/03/31 23:50 ID:SPNLK+Vi
>>361
そうです。

「大映」改称あと数分age

だけど角川大映スタジオは「角川大映撮影所」になるらしいので
安泰。

363 :この子の名無しのお祝いに:04/04/02 22:18 ID:LllK0AJb
大映の三枚看板(女優)の京マチ子、山本富士子、若尾文子は勝新についてあんまり語ってないねぇ
雷蔵については語っているのに
後輩の藤村志保や大楠道代はよく語っているが
葬儀にはいっただろうけど・・・

364 :この子の名無しのお祝いに:04/04/02 23:40 ID:unVaWHGo
>363
その三大女優と勝新の共演は少ないからではないでしょうか
オールスター映画ぐらいでしか共演していないのでは?

365 :この子の名無しのお祝いに:04/04/03 00:38 ID:pVigPmoS
「美貌に罪あり」くらいじゃないかな?
京マチ子は出てなかったけど。

366 :この子の名無しのお祝いに:04/04/03 16:07 ID:KsgtY2d6
>>363
勝新の葬儀に行ったのかね
行ったらマスコミが取り上げると思うんだが、見た印象がないんだよね

367 :この子の名無しのお祝いに:04/04/03 20:21 ID:/H+EhTcp
中谷一郎氏って雷蔵・勝新と共演多かったね

合掌

368 :この子の名無しのお祝いに:04/04/10 11:21 ID:2bQ7J+d7
加藤嘉がハァハァしてた。

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)