2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

救いようの無いなつかし邦画劇場☆

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 00:40 ID:Fav22aA5
救いようの無いなつかし邦画を語るスレです。

救いようのない苛立ちや不快感、慟哭や悲しみなどが描かれている、

一見暗いが深い、あなたの好きな作品について語りましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 00:46 ID:CNArzhtP
マトリックスレボリューションズネタばれ

・現実世界はやっぱり現実世界。
・マトリックスは崩壊しない。共存?
・ラスボスは確実にスミス。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 00:48 ID:mN0zv7Ku
3じゃなかったらオレのケツの穴を公開。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 00:54 ID:52XCwzce
NHK-BSのことかと思った・・・


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 11:23 ID:VcTQBLjY
「地獄」
「東海道四谷怪談」
「盲獣」
「偽大学生」
「狂った果実」
「日本の悲劇」
「笛吹川」
「日本のいちばん長い日」
「白昼の通り魔」
「マタンゴ」
「生きものの記録」
「プーサン」
「私を・棄てた・女」
「死ぬにはまだ早い」
「仁義の墓場」

なんか、スラスラと出てくるぞ。
日本映画には、救いのない内容の作品が多いな。
特に映画隆盛と言われた時代にこそ、実は華やかな娯楽大作と並行して、
こういった作品も作られていた。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 11:27 ID:ez0u122x
幻の湖

7 :ラジオ関東:03/10/17 13:17 ID:oAAFfKmu
「天城越え」もキツイね。あの「らんららんら〜ん」とかいう変に明るい音楽がさらに煽ってた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 13:54 ID:iz2ryiYa
「初恋 地獄篇」
高校生のとき、ACTミニシアターで観て
暗澹たる気分になった。まだ童貞だったしな<俺

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 14:41 ID:fZ+OeB4c
全然好きな映画じゃないけど・・・
「正午なり」。
田舎へ帰った青年がセックスに悶々とする2時間くらい(?)の映画。
最後女の子を強姦して(でも女の子、頭強打して動かず。死姦?)、
女の子の太ももに白い精液がタラ〜ッと。めちゃめちゃ後味悪い。
私が見たなかで一番の最低作品。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 14:56 ID:qwiBsLP3
いまいちスレの意味がわらんが「水のないプール」カナ  「十階のモスキート」
は違うな。あれはカッコよさも含んでるモンナ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 15:39 ID:5XTLjvW5
「十九歳の地図」とか。一回しか観てないけどあの年代の内面を
巧く捉えてるなと思った記憶が。原作読もうと思いつつまだ読んで
ないんだけど、もー手遅れかな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 16:19 ID:+l6T1fDI
>11 あー、あったね ×3つ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 18:10 ID:Qg3TiGjo
黒澤の「どん底」
夢もチボーもないっす。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 18:42 ID:zCF4htQ2
混血リカ

「あんたが混血リカかい?」
「そうだ」
「つけられてるんだ、助けて欲しい」

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/17 23:02 ID:kPLS8bse
今週、BSで観た「一人息子」も救いが無いな。日守新一はどうあがいたってやはり
夜間の教師以上の地位には就けないだろうし、飯田蝶子もあのままひっそりと老いていくだけだろう。

以下、「晩春」は、どう見てもやがて来る笠の孤独な死を暗示して終わるし、「宗方
姉妹」の濡れネズミになった山村聰の唐突な死にざま、「小早川家の秋」の河原にカラス
がまるで三途の川のように止まっているラストシークエンス、「秋刀魚の味」の東野
英次郎の老いの醜悪さ、ラストの笠のショボくれた佇まい・・・。

再見も含めてずっと観てきたけど、小津はどうにもどこかで暗さを滲ませないと気が済まないね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/18 10:23 ID:fEwQQNC7
>>15
昨日、秋刀魚の味を見ていたんだ。
なんかつらい。ラストにもう一ひねりくれって感じだった。
あれで終りじゃない、陰も陽もあるはずなんだよ!
娘の気持ちは一体どうなんだ。あれじゃ日記の一こまを切り取っただけじゃんか!

笠さんファンなもので、スマソ




17 :紀子:03/10/19 06:53 ID:j0iDW/+S
>>15,16
小津さんが好きなのはわかるけど、あなたスレ違いよ。
「小津百年」に帰ったほうが良いわよ。
ほら、見てごらんなさい、小津よりもずっ〜とZ級の(しかし愛着のある、)
映画を紹介しようとしているのに、皆引いちゃってるじゃない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 07:01 ID:j0iDW/+S
「青春の蹉跌」。
学生運動の挫折の季節、エリート街道に登りつめていくはずの若者。
家庭教師していた家の少し頭の足りない娘・桃井かおりと、金持ち令嬢
・壇ふみとの間で、萩原健一ことショーケンは立身出世の為、妊娠した
桃井の殺害を決意。雪山で桃井の殺害は成功し、そのまま上手く行くか
に見えた或る日、ラグビー試合でショーケンは首をゴキュッと絶命。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 07:55 ID:IpRAoSbu
珠留美・小川欽也らの撮っているピンク映画を観ると、とてつもなく救いよう
のない気分になれますよ・・・というのはスレ違いか?

増村保造の「赤い天使」もどうしようもないね。あそこまで戦線で戦死者た
ちがいかに無駄死にしたかを実感させてくれる作品も無いよ。
それをエロチシズムから描くひとひねりが増村流な訳だが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 08:09 ID:j0iDW/+S
>19
全然、大丈夫ですよ。
「赤い天使」、若尾ちゃん、身体で御奉仕してましたな。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 09:19 ID:E0aXEj8f
この間、増村の「氷壁」観たけど救いが無かったな
野添タンがかわいそうだった。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 13:10 ID:Tlv7TG1m
この手のスレでは何度もループする作品だが「ゴケミドロ」
高久進は救いの無いラスト描かせたら最強の脚本家だな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 13:49 ID:Nln01GE5
日活最後の作品「八月の濡れた砂」も救いようがなかった。渡辺文雄「後悔するぞ」
村野武範「ああ、後悔したいんだ、できりゃあな」というやりとりが胸を打つ。

しかも当時の同時上映は、夏純子たち不良グループが自滅するだけの「不良少女魔子」

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 14:42 ID:iguhVFDH
>22
高久進は「Gメン75」でも、とてつもなく救いようのないストーリー
を展開。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 20:38 ID:QKGgnzYm
ヤクザ映画らしいんだけど、劇場に追い詰められて、仲間の組織の人間に
撃たれ血へど吐きながらながら死んでいくという最悪な映画知りませんか?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/19 23:08 ID:nHwgSJRq
「砂の器」
幼年時代の主人公が祖父と共に村を追われ放浪するシーンには
涙した。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 00:09 ID:qwJbkzd3
http://webnews.fc2web.com

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 09:48 ID:R3zMZw0C
「津軽じょんがら節」 「ユキーー!ユキーー!」
             「あんちゃーん!あんちゃーん!」 

「青春残酷物語」 タイトルそのまんま

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 14:34 ID:S/y0pxDu
黒澤明「乱」
あのラストシーンは・・・

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 15:34 ID:YUV56pz8
トヨエツの傷だらけの天使は後味悪い。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 16:05 ID:I8ESNbdQ
ショーケンが出てたATG映画「股旅」
何なんだあのラスト…

>30 トヨエツは仁義無き戦いも後味わるかった。

32 :(´・ω・`):03/10/20 21:12 ID:iVF/Tme+
>>15
「一人息子」
あの後、戦争でもっと酷いことになるであろう。
日守:徴兵→ニューギニアで終戦後に殺され喰われる→ゆきゆきて神軍
妻:空襲であぽ〜ん
子:戦災孤児で餓死
飯田蝶子はどうなるでしょう?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/20 21:26 ID:br9Un7gX
増村作品は大概救いようがないんだけど、
「盲獣」「赤い天使」「遊び」辺りになると、
幸不幸やら生死やらから突き抜けちゃって、
なんつーか別のステージに上がっちゃったような印象も受ける。

「偽大学生」はその辺がちょっと微妙で、
確かにジェリー藤尾はあっちの世界に行っちゃってるけど、
周りはこっちの世界のまま。それがいたたまれない。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 04:35 ID:N2ZaYGQX
青春の殺人者・・

救いようが無いけどなんか解放感がある不思議な終わりかた。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 08:17 ID:Krx/WMKP
太陽を盗んだ男も救いようが無いと言えば無いが
続猿の惑星みたいな失笑はないし、爽快感がある破滅なんだな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 14:56 ID:sbBtMolt
木下恵介の「陸軍」。
戦地にいる息子の身を案じる東野英次郎.
それを女々しい叱り飛ばす愛国者の笠置衆。
その妻の田中絹代は、街を行進する歩兵部隊の中に徴兵されたわが子の姿を探す。

誰もが自分の本音を押し殺して生きなければならなかった時代の、
庶民の悲しい姿がにじみ出ている。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 15:08 ID:RMiFm9cN
>34
>救いようが無いけどなんか解放感がある不思議な終わりかた。

なんかわかるよ。
ラストに流れるゴダイゴの曲(ぜんぶ名曲だけど)の歌詞を
訳して読んだら、余計に切ない気持ちになったことがある。
どんな内容かは忘れたが。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 15:35 ID:k0X8UAKY
新藤兼人の「絞殺」

この映画も救いようが無いけど、心にジーンときて良かった。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 18:14 ID:DIKAT4WQ
ードメール特集です。日本語での登録解説を作成しました。
これからは完全無料のメール受信で稼ぐ時代です。
これらは登録無料でかつメール受信(メール中のリンクをクリック)とHPのPaid2Clickのバナーをクリックするだけでお金がもらえます。
また紹介者を増やすことで収入は格段に上がっていきます!
月に100万も夢ではありません!!!
詳しくは↓↓↓をクリック!
http://www.geocities.jp/hajimenotamago/hajimenotamago.html



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 19:05 ID:ZmRt0vbP
>>25
深作&文太の「人斬り与太・狂犬三兄弟」かな?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/21 23:11 ID:Krx/WMKP
闇のカーニバル

「なつかし」に入る?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 09:46 ID:wpcZKNTM
>>37
何の曲が流れていたの?知りたい。
大概は分かる(はず)

43 :37ではないが、:03/10/22 11:55 ID:UZjE84nC
ゴダイゴの「イエロー・センターライン」じゃなかったっけ?

44 :俺も37じゃないが:03/10/22 15:19 ID:Q5kwQ2w4
ファースト・アルバム「新創世記」の4曲目に入ってる
"IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN"だよ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 15:40 ID:yDLhpYD0
 まだゴダイゴが「西遊記」でブレイクする前ですね。

ものすごいいい意味で救いようがないのは「ションベンライダー」です。

コレはほめ言葉ですけど。ラストに河合美智子が歌ってるんだね。「感じるー感じてー」って。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 15:56 ID:MGKOl2E0
おまいら「鬼畜」を忘れてるぞ!
鬼女の岩下志摩と小心者の緒方拳。
言われるままに自分の子供を次々に始末していく男・・・。
あ〜〜〜〜! むなくそ悪い〜〜〜〜〜!

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 17:49 ID:COLNrIcG
>46
拳、「ほら!アンパン(拳特製毒入りアンパン)食え!」と
ガキの口に突っ込み・・・

一時の野村芳太郎はどうかしている。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 19:39 ID:rQ9WFWsJ
「鬼畜」というと真っ先に思い出すのがガッチャマン。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 20:31 ID:E670Yj8A
そして東京タワー→能登の海岸

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 21:04 ID:LGKriqkt
神代辰巳版の「地獄」
受験の前日に深夜放映されてたこれを、うっかり観てしまったのが運のつき。
陰陰滅滅な気分のまま朝を迎え、試験は当然不合格・・・・

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 22:19 ID:0FF+79Yu
>>50さんの人生も救いようがありませんね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 22:45 ID:0FF+79Yu
子供の頃見たんですけど、ラスト太陽に向かってセスナで当ての無い
死の逃避行を始める犯罪者の男女のシーンで終わるサスペンス映画ってなんだったか
わかる人いますか。救いようの無いラストだったのだけは鮮明に覚えてる。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/22 23:10 ID:UZjE84nC
>>47
『鬼畜』だけでなく、あの頃の野村芳太郎作品では『震える舌』も“どうかしてる”。
野村監督のことは大人びた落ち着きのある人かと思ってたら、
深作の『蒲田行進曲』について「なんで東映の物語が蒲田行進曲なんだ!」と、
テレビの生放送中に激怒していて、けっこうヤンチャなんだなと感じたことがあった。
実は、狂ったところのある人だったんじゃないかな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 00:11 ID:xwl1U/jx
「影の車」「八つ墓村」「鬼畜」「震える舌」「真夜中の招待状」
このラインナップで、野村芳太郎オールナイト我慢大会とか、どうだろう。



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 04:11 ID:jfG4Cfhe
>>53
まあ、野村監督のお父さんは蒲田の所長だったからね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 05:46 ID:gGrZ5ds3
犬神の悪霊

57 :47:03/10/23 06:02 ID:iuBEn9tN
>>53,54
野村芳太郎マンセー(藁
そのラインナップとあれば絶対観に行きますよ!
自分は噂に聞く(藁)「震える舌」を見逃しているので。
昔、自分が中古パンフ売るバイトしてた時、「震える舌」のがあって
中身見たんですけど「もの凄い映画があるな〜(汗」てその時から
思ってました。

58 :42:03/10/23 11:25 ID:uuWx6ovm
>>43-44
そうだったんですか、ありがとう。
知ってますよーどちらの曲も。「新創世記」と「Dead End」が大好きなんですよ。
苦手な英語の歌詞も歌えるようになりましたもん。

>>57
「震える舌」って子供が池だか沼だかに遊びに行って、破傷風になる話だっけ?
痙笑(笑ったような表情で痙攣を起こす)と暗い部屋(刺激が痙攣を引き起こすため)が
妙に頭に残っているよ。
今救急病院で勤務してるけど、破傷風の名を聞くたびにこのイメージが浮かぶ。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 14:18 ID:6mBBI0WH
野村芳太郎って、大島渚の師匠なんだよね。
二人で書いた『十三日の金曜日』という脚本は、殺し屋が人を殺しまくる話だったそうで、
当時、大船では「二人はクスリをやってる」という噂が立ったらしい。
大島の狂気というのは、野村に感化された部分もあったんじゃないかな。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 14:23 ID:0++LzWEz
>>52
『超高層ホテル殺人事件』
近藤正臣と由美かおるのカップルだね。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 15:17 ID:u0+sjZ4s
「鬼畜」は子供の頃見て、トラウマに
なりかかった。
親によると、上野動物園行くのが大好きだった
俺が捨てられると思い泣いていやがったという。
後で見直してみると最後の婦警さん大竹しのぶ
なんだよね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 16:12 ID:DIzIQMXP
題名忘れてしまったが緒方拳が自分が殺した死体にションベンかける映画には
すさまじいほどの衝撃を覚えたよ・・・

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 16:33 ID:idQqKCay
>62
「復讐するは我にあり」だね
倍賞美津子が三國連太郎にチチ揉まれるシーンが忘れられない

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 16:50 ID:MzQOelU0
血がついた手を小便で洗うんじゃなかったっけ?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 19:21 ID:iUVU+a4A
「鬼畜」と「誘拐報道」がごっちゃになるのは俺だけでしょうか。

実在の事件が元になってる「真昼の暗黒」は?
(詳細ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/yakai.htm)
警察ののんきさとか自白場面での回想シーンのコミカルさが
ラストを一層後味悪くしてる。
あと単純にあの時代の農村の生活とか、
あの時代を知らない人にとっては見るだけで心が重くなってくる。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 20:45 ID:I2mYrNJl
う〜ん、「鬼畜」と「誘拐報道」は全然違うよ。
もし共通項があるとすれば、事件にガキんちょが絡むところかな。
「誘拐報道」の高橋かおりに全国のロリファンが胸を熱くしているらし
いね。確かにあの時の高橋かおりは可愛い。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 23:19 ID:GZv6NLGX
>>60
そんな題名でしたか。70年代特有の暗さを持った映画だったような覚えがあります。
原作森村誠一だったんですね。
このころの社会派サスペンスって特捜最前線とかなぜか思い出しちゃう。
ドラマだけど。

68 :少年院同期:03/10/24 09:40 ID:/PdPYFTW
松本清張原作は基本的にどれも暗いんだけど、「鬼畜」
は特に原作にない部分の脚本が凄かった。
酔っ払った緒方拳が自分の虐められた少年時代のことを
息子にくっちゃべるシーンなんか、最高だった。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 10:06 ID:NOGPWGda
>68
>酔っ払った緒方拳が自分の虐められた少年時代のことを
 息子にくっちゃべるシーンなんか、最高だった。

キツイ・・・(汗ダラダラ


70 :Air1Aar029.ngn.mesh.ad.jprlo; ◆wqLZLRuzPQ :03/10/24 10:29 ID:P3aD4voA
70

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 00:32 ID:Mws/Mcl+
「みんな〜やってるか!」
俺の中ではこれが救いようが無かった・・・
ただ笑って見れたけどね

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 02:30 ID:0hvdQ4dP
梅宮辰夫の「不良番長シリーズ」
今、ゴールデンタイムにやったらあの親にこの娘と解かる
日本映画の名大根役者!

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 03:20 ID:iocThzaY
さそりなんかはどうですか

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 03:35 ID:IziLjyCh
63>あのカナヅチで殴るシーンは子供心に「ほ、本物だぁ・・・アワワ」と
   驚愕したナァ。タンスに詰められてるおばあさんとか。清川虹子だっけ?
   
   「親子丼た〜〜〜い」も凄い台詞。もちろん意味を知ったのはずっと後だけど。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 08:11 ID:f9I3Js+b
>73
けもの部屋

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 09:45 ID:lX5Xj5ER
「鬼畜」は当初、渥美清にオファーが行ったが
「寅さん」の善良なイメージを崩したくない、と断られて
緒方拳になった


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 11:08 ID:iocThzaY
>>76
渥美さんは金田一も似合わなかった。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 18:40 ID:D84Uc02A
>77
原作者はイメージに一番近い、と・・・。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 21:51 ID:+GBeCtDn
「鬼火」(56)「下町」(57)どちらも千葉泰樹作品。
「鬼火」は加東大介の汗ばんだ顔や、首を吊った津島恵子の暗闇での横顔、
宮口精二の死んだあとの目玉など怪談映画のような恐怖を味わえます。ラストのガスの炎が
人魂のよう。
「下町」は、戦地からの夫の帰りを待つ山田五十鈴が、ある日知り合った三船敏郎を好きになり、
一緒になろうと思うが・・。どちらも1時間弱の映画で見終わるとつらくなります。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 23:35 ID:VlqeFlHi
渥美清はどの映画に出ても「寅さん」にしか見えないな。(暴言?)


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 00:50 ID:v2Djxvsc
ロマンポルノだけど最強に救いがないと思ったのは
天使のはらわた。蟹江敬三が出てるやつ。。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 01:32 ID:T7zRjtoZ
難しいな、「救いようのないストーリーだけれどなんだか好きな映画」ですよね。
「銭ゲバ」。
みにくい主人公が世渡りのため次々と人を殺し、しかもそれが周りには全然ばれずに
かえってどんどん出世していくという話。主役の唐十郎がなんともえぐいし、しかも
主題歌の「ゼニゲバ!ゼニゲバ!・・・・」の繰り返しがトラウマになる。
だが演出はよくテンポもよいので
えぐいと思いつつ最後まで観てしまった。ちょっと気に入っている。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 01:38 ID:l5qtRbaO
>>81
「赤い教室」ですな。
「天使のはらわた」を含む石井隆の名美はどれも救いようがないっす。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 02:05 ID:rB7oRAGW
「田園に死す」とか寺山修二のやつ。
映画作品として救いようがない…

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 05:52 ID:XY0fRD3z
>>82「アメリカン・ゴシック」みたいですね。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 06:28 ID:4a2pTQW+
>>63
「復讐するは我にあり」にオレも一票。鬱なときに見ると、不思議とパワーを
もらえる映画w。

87 :名も無く貧しく美しく:03/10/26 06:47 ID:NZjkB/BC
>11
最高

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 20:24 ID:4aSpQVOh
「侍」と「飢餓海峡」だな。
「侍」ラストの三船は救いが無さすぎて色っぽい。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 00:48 ID:kzK7MMo7
ATGはどれも救いがない






90 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 01:56 ID:h5O0TwOT
「私設銀座警察」ってマニアックな映画批評サイトで結構紹介されてますよね。
ワテは見たこと無いんですが、救いようの無い陰惨な映画だとか。
見た人、感想教えてホスイ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 02:22 ID:9aj/tYUU
>>90
日本最悪の映画の1本です。「仁義の墓場」以上に暗いです。マジでこれだ
けは、家族や恋人とは観ない方がいいです。「仁義なき戦い」は許してくれ
る人でも、これは許してくれないと思う。

他サイトで内容はご存じでしょうが・・・渡瀬恒彦の嬰児殺しに始まり、シ
ャブ中殺人鬼と化した渡瀬の野垂れ死にで終わります。
美化されがちな戦後闇市愚連隊伝説の影を見事に描きました。銀座警察には
モデルがあるのでしょうね。
現実に愚連隊だった安藤昇が途中で呆気なく死亡するのがなんともいえません。
(その死に方もちょっと凄いんだが・・・)

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 03:15 ID:QIcvTUht
>>91
私は>>90ではないですが、ありがとうございました。
安藤昇の映画を観ようかと思っていた矢先でしたので
しっかり記憶に留めておきます。それにしてもすごそうな内容・・・。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 06:39 ID:qwIwzQVG
>>90
俺はこの映画で吐きました・・・
生まれてこのかた映画で吐いたのこれ一本だけだよ
だって手油に豚のエサとしてバラバラになったり・・・
他にも思い出しただけで気持ち悪くなるシーンが烈火の如くある・・・
ホント救いようのない映画だよ・・・
ただ隠れた名作と言えばその通りなんだけどね・・・


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 20:59 ID:ihPuQggT
>だって手油

って何ですか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 00:11 ID:Xff5IImr
「追悼のざわめき」。
暗い暗い自主上映会で見た。
その日ばあちゃんが死んだ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 02:36 ID:urPhncdp
>>94
生きた人間の手をグツグツした油につける

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 02:43 ID:NXapqJuK
既出だけど「十九歳の地図」。
ひたすらもやもやしつづけ、ラストも全く着地点がないままエンドマーク。
でもそれが若い頃の自分の気分にマッチしてて好きでした。
今、こんなの作ったら誰も観ないんだろうなあ・・・。
因みに新聞店の描写はかなりリアル。
友人の家が経営してる専売所に蟹江そっくりな店員さんがいました。

98 :ラジオ関東:03/10/28 23:59 ID:oZFwhjOc
>>97 立ちションしてる沖山秀子とかキツイもんがあったな。。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 00:09 ID:enu96OK2
題名わからんけど、
スプラッターポルノと銘打った映画 誰か知らないかなぁ。
かなりのB級だと思うんだが・・。
人がバラバラになったりするんだけど、もう最悪だった。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 00:19 ID:rlcM+92Q
仁義の墓場は冒頭いきなり死ぬ西村晃が笑えると友達が言ってた。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 21:26 ID:EDl2eiXE
>>100
西村晃なんか出ていたか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 00:40 ID:+I+4O4eb
こちらもよろしく!

http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1054547982/l50
【ATG】アートシアターギルド【ATG】

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 14:25 ID:EnEBIJdP
>81,83
『赤い教室』は救いがないっていうか、個人的には救われないけどしっとりと
した素晴らしいメロドラマって感じです。

それよりも『赤い淫画』の方が救いが無い。港雄一がトラウマになる。
いきなり女の子を襲って、殺してから犯してしかもその後ションベンまで
かけてるし。ラストも阿部雅彦が間違われて射殺されちゃうし…

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 19:54 ID:vqcS2Lh6
>>100
北陸代理戦争なら出てるけど・・・

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 20:55 ID:rhBoR0bK
野村芳太郎監督の拝啓天皇陛下様だな、
渥美清扮する山田正助二等兵が幸せを掴んだトタン、
事故で死ぬなんてね、哀れだよ、
これ渥美の代表作?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 21:48 ID:jnwA59l6
「復讐の歌が聞える」原田芳雄の映画デビュー作。
中村敦夫・菅貫太郎・福田豊土etc・・・と豪華メンバーが様々な方法で殺されていきます。
一人殺すごとにスペードのカードが一枚、だんだん数が増えていきます。
トランプって13までしかないからどうするのかと思ったら最初のエースに
戻っただけでしたが、結局20人以上殺してました。
ラストは内田良平との対決。血まみれになってました。
原田さん、まだ20代のはずなのにすごい貫禄でした。
「切腹」の仲代達矢以来の衝撃です。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 23:14 ID:ZzAOFLOY
切腹の仲代は渋かった。いい声してたな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 23:41 ID:ReSL1Ro0
>>104
その「北陸代理戦争」も救いのない映画だよね。
ハナ肇とか西村晃なんかコメディ調の芝居をしてるんだけど、
とても「仁義なき戦い」みたいに笑えないんだよなあ。
ひたすら雪国のドロドロした怨念的世界観が続いて、観ていると鬱になる。
監督はそういう世界がやりたかったんだろうけど、
ラストのナレーションなんて観ててあんまりだと思った。

「TATTOOあり」も救いがないなあ。
破滅に向かって流されていく男の物語。
考えたらATGとかディレカン全盛期はそんなのばっかだった。
みんな好きだったけどね。

109 :ラジオ関東:03/10/30 23:50 ID:Z/U0PhHL
>>103 「天使のはらわた・赤い淫画」の港雄一に殺されるコ、スチールだと桂木文に似てて可愛かったなあ。。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 00:22 ID:WAFxQciR
>>108
そうですか・・・感覚の違いかな?
俺はケラケラ笑いながら観ちゃったけど(w>北陸代理戦争
高橋洋子が地井武男を殺すシーンとかは確かに陰惨だと思うけどね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 00:33 ID:OEv7LBMZ
仁義の墓場は新世界のドヤでのセックス〜田中邦衛の登場シーンが強烈。
で、その後の立てこもりの場面で投石合戦で息抜き。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 01:58 ID:UbM4Fpqq
>>110
なんで自分がのれないかというと、たぶん松方の演技が暑苦しすぎるから。
ま、そういう男の役だからしかたがないんだけどね。
「仁義〜」とかだと他にも周りも濃いから中和されてていいんだけどね。
他の主演物もねえ、なんか長時間みてると疲れるw

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 02:28 ID:Xl3q+l4i
>>105
またしても野村芳太郎。このスレの常連となりつつあるな。
この人って社会派の堅いイメージしかなかったからいろいろ見てみたくなった。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 09:37 ID:q/5vieb8
>>109
伊藤京子。石坂浩二の劇団にいて彼との仲が噂になったのって彼女だっけ?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 11:21 ID:pujPmD4b
田園に死すに実写版の顔ナシが出てて驚いた

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 12:07 ID:duo91aGN
>>114
そう。伊藤京子と石坂浩二はかつて愛人関係だったらしい。石坂の再婚相手
はこの人だという説が流れたほどだ。
実際は違っていて、伊藤も死亡していたことがわかった訳だが・・・。
<参考URL>
ttp://yokohama.cool.ne.jp/toheaven/introduction.html

佳作「女教師狩り」の役の大きさから見て、にっかつも力を入れていたと思うが、
実はたった4本しか出演していない。
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0030540.htm

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 17:53 ID:N7DdwOS9
「さざんか」?だっけかな?
実際の事件であった老いた親が家庭内暴力の息子を殺すまでのお話
息子を溺愛の母親役が市原悦子?だかで、そんな息子を殺す哀れな父親役が水戸肛門の西村晃
近親相姦と母親の女としての業が根底に流れている、全体的に重苦しい、
遣り切れなさ、後味の悪さがスパークしてた映画でした。息子に乱暴されている時に心なしか悦んでいる様な母親の表情と
その光景を見て呆然としている父親役の西村晃の表情がトラウマ間違いなし

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 18:05 ID:KBdBGV1h
このスレのような映画を見終わって心に思うのは

「この先、俺にどうしろと・・・」

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 18:09 ID:HbhuFUQc
>>117
ATGの「絞殺」もそういう内容だったなあ。それも西村晃出てたよ。
母親役は乙羽信子だったけど。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 18:19 ID:N7DdwOS9
>119
じゃあ、それかも。
なにしろ大昔の子供の頃見たっきりだから記憶があやふやなんだけど
だけど、インパクト強過ぎで今だに印象残ってるよw

121 : :03/10/31 20:51 ID:VOBJWM7X
>>120
新藤兼人なら「わが道」。
殿山泰司の死体写真がエグ過ぎ。
BSで流れた時に偶然観て、食べていた豚汁を残したよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 22:25 ID:5aa4GvXR
>121
新藤兼人タンの映画てキモい時があるよね。
「午後の遺言状」あたりは(まだ)爽やかだけど。
「絞殺」の最後、狩場勉が最大の暴力を振るうところ、乙羽も西村も
ぶっ飛ばされるわけだけど、その時の二人の髪型、ドリフのコントみたい
な髪型(志村けんの爺役のよう)になってたね。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 22:40 ID:oYpOSmty
伊藤京子の写真集持ってます

タイトルが「夢レイプ」

なんだこのタイトル!

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 22:43 ID:jk15ybkg
>>122
あーかーいー鳳仙花〜

乙羽信子のオッパイポロリが拝めるよ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 01:21 ID:BEsDCCJS
>120
「人間」て人肉食べる話だっけ?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 01:30 ID:NGfWRyhU
乙羽信子と言えば鬼婆
応仁の乱の時代、農民の姑と嫁とその間に割り込んできた流れ者の男との確執
乙羽信子扮する姑が、嫁を呪う為につけた能の面が外れず、まさに狂って髪振り乱して
暴れるラストが凄過ぎ
嫁の容貌もぶさ インパクト有り過ぎ
OPのジャズのドラムに合わせて、姑と嫁が落ち武者殺して身ぐるみ剥ぐ映像怖過ぎ
モノクロの映像に殺されて穴に埋められる落ち武者の生白い足が映えてキモ杉
もっかい観たい

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 01:44 ID:t/oB0bAd
>>103
私もあの映画好きですよ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 19:57 ID:iR9G3/d5
>>117
「さざんか」?だっけかな?

「絞殺」のなかで印象的に使われる曲が、加藤登紀子の「さざんか」(?て
曲名で良いのかしら?)て曲なんだよね。親と子の関係を暗示するイイ曲です。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 20:28 ID:km4B6qpz
愛しても 愛しても
あゝ他人の妻

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 20:33 ID:km4B6qpz
http://that.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1067487144/l50
鬼畜

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 22:31 ID:ynQNg+fs
>>128
鳳仙花です
朝鮮半島の民謡を登紀子が邦訳したものです

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 22:37 ID:rWvEYn0u
>131
スマソ。全然、題名が違ったね。あの曲が凄く印象的です。
>124
乙羽さんには悪いけど、あんまし嬉しくない・・・・。でも妙なエロキュ
ーションがあったのも事実。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 22:42 ID:Jw172IOH
>>117
「絞殺」のモデルになった事件の高校生と同い年で同じように親を半殺しにした経験を持ち、
この作品を封切で見た俺には、
少年の理解者のつもりでいるクソジジイが分かったつもりで偉そうに作った映画にしか思えなかった。
本当に不愉快な作品で、
日劇文化のトイレのドアに怒りをぶつけて思い切り蹴飛ばした記憶がある。
本多勝一「子供たちの復讐・下」(朝日文庫)に、この作品への痛烈かつ具体的な批判が載っている。
本多も理解者のつもりでいるジジイであることには変わりはないが、
この批判は至極まっとうなもので、付け加える言葉はない。
いま思い起こしても、不愉快な気持ちが蘇る。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 01:47 ID:FjBCyVQz
乙羽信子ってもう故人だったんだねー…

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 18:26 ID:1YnRkKNW
救いのない話といえば、石井輝男が68−69年にかけて作った異常性愛シリーズ。
残酷きわまるシーンも救いがないが、いたぶられるヒロインの人生も本当に救いがない。
また珍しく男が苛められる「やくざ刑罰史 私刑!」も救いのない話のオンパレード。
オムニバス3話なんだけど、特に2話の大木実が理不尽な目に合う話が陰惨だったなぁ…

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 00:08 ID:EzyHM5Z0
救いようのない映画みてると、なんか見てよかった…と思うことがある。
ご都合主義のただの娯楽映画に食傷ぎみの時なんかは特に。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 00:20 ID:fiHM2atp
うーん
この時点では「絞殺」が救いようの無い映画第一位だなあ

チミたち、もっと救いようの無い映画を思い出せ!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 01:10 ID:sxXayPFc
吉永小百合のでてた「天国の駅」いきなり絞首刑のシーンから始まる。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 01:20 ID:WS+gWJqe
>>138
執行自体は最後じゃなかったっけ?
丹波哲郎が念仏を唱えつづけるんだよな。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 01:37 ID:sxXayPFc
そうだっけ、、最初と最後に吊るされてたような、思い違いか、、
エンディングで小百合ちゃんが裸足で電車に乗ってるシーン、、顔
が写ってなくって恐いような、悲しいような、何年か前の正月の夜
中にテレビでやってた。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 01:59 ID:WS+gWJqe
>>140
石井輝男が全く同じ題材で『猟奇女犯罪史』を撮ってるけど、
それは別の意味で救いがなかった。いや、正確に言えば“救いようがない”か。
犯人も被害者もどうしようもないDQNに描かれており、犯行も行き当たりばったりで残忍。
けど、実際の事件はそんなもんだったのかも、とも思うけど。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 03:27 ID:ExiYaAxO
>>141
モデルについては「日本閣事件」で検索するといろいろ出てくるが、読むだ
に気持ち悪くなってくるね。
「明治大正昭和 猟奇女犯罪史」のモデルは、日本閣事件・阿部定事件・小平義雄事件・高橋お伝か。

実話モノでは、牧口雄二の「戦後猟奇犯罪史」も、西口彰事件・克美しげる
事件・大久保清事件、すべて救いナシ。ただ、大久保=川谷拓三は甘いかな?
映画の川谷拓三がマシに見えてくるほど、現実の大久保もひどい。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 06:33 ID:EzyHM5Z0
前のほうに出てたけど「追悼のざわめき」
殺した女の肉片をマネキンの中に入れてそれを「再生」させるという話だった。
しかし途中で強姦した身障者の女がその「生命」を殺そうとする…という内容だった。
観念的な世界を描いているのだが160分も気が滅入る画像を延々と見せられる。
まあ救いようがない度は普通かもしれない。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 08:25 ID:sxXayPFc
モデルになった実話がある映画ってのはより救いようがない。
観てしまうと夜、眠れなくなる。最近起きてる凶悪事件もその
うち映画になるのかな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 12:40 ID:OLfRGFVX
救い様のない、というのもちと路線が違う形だけど、
「日本春歌考」は、見終わった後、こころにぽっかり空洞ができて、
救われなさが募ると思う。空洞が埋まらずに、静かに救われない。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 13:54 ID:81GD7bP4
「〜牛裂きの刑」とかいう映画(タイトルうろ覚え)
善人は全員惨殺。悪人(汐路章)は何の報いも受けないまま。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 16:10 ID:ncbu/ndT
>>146
「徳川女刑罰史」?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 21:05 ID:zgNWvWLa
>>146
「徳川女刑罰絵巻・牛裂きの刑」ですな。
2部構成の拓ボン鋸引きも陰惨。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 22:14 ID:7gO1QYfL
猟奇モノは東映に多くない?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 00:20 ID:D1V+WDwG
大島渚の「少年」もなかなか救いが無いぞ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 00:25 ID:tm5JvVLE
「盲獣」というのを観たいんだが
知ってる人詳細きぼん

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 00:42 ID:N9Rt/wAj
きぼんもくそもあるかい!
おどれは検索ひとつできんのか、アホ!
セルビデオも出とるわ、ボケ!

それともなにか、『盲獣vs一寸法師』が観たいのか?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 07:08 ID:8n+gzM7l
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD22612/index.html

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 13:33 ID:T21WXw8k
太陽を盗んだ男
救いようのないラストがいい

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 22:35 ID:8n+gzM7l
>>151
ラストがグロかった。あんなんで気持ちいいはずないじゃねえかよう。
しかしあの女体のセットは凄かったな。
緑魔子に数年前あったがおばさんになってた。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 22:47 ID:+HuxjCRj
69年頃、やくざ映画で全盛だった東映の向こうを張って日活もやくざ物を
量産していたけど、渡哲也の無頼、大幹部、前科などのシリーズは陰惨だったな。
東映に負けじとばかりの残虐シーン、夥しい流血…
しかし最も悲惨だったのは主人公の周りの人物の末路。
ことごとく人生を踏みにじられ、惨殺されていく。
それだけにラストの渡の怒りのドスの迫力は東映の比ではなかったが。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 23:04 ID:2dsmSFpb
「太陽を盗んだ男」は、今見るとギャグ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 23:13 ID:iN5cj7EI
>>157
え?昔っからじゃなかったの?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 04:28 ID:wgyoX6po
『銭ゲバ』『盲獣』…。緑魔子は、救いようのないなつかし映画女優だな。
男優の救いようのなさトップは、岡本喜八スレでカルト度が話題になったジェリー藤尾か?

>>157
『太陽を盗んだ男』は封切で見たけど、その時も客席は爆笑の渦だったよ。
ただし、渦といっても、日曜にもかかわらず客は10数人しかいなかったけど。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 04:47 ID:jfPWrobH
「新座頭市物語 折れた杖」もかなり救いようがない


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 07:54 ID:zOyrLHkc
魔子さん、好きだったなぁ。今も好きだが。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 09:25 ID:INYR0GhR
>159
ジェリー藤尾って、黒澤の「用心棒」で三船に腕たたっ切られなかったっけ?


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 13:21 ID:Kv6x5sFO
「救いようがないけど何となくマヌケ」ななつかし俳優に
草野大悟を推薦。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 17:33 ID:FiT1UVuM
岸田森萌え

165 :この子のななしのお祝いに:03/11/05 20:25 ID:SvNv7E8a
救いようのない女優・男優も同時募集中

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 20:29 ID:lO48iy4O
>155
どんなグロかきぼんぬ

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 20:54 ID:8LqqwAzC
「赤ちょうちん」の、イッちゃった目で鶏肉むさぼり食ってる秋吉久美子がちょっ
としたトラウマになっています。

「青春の殺人者」って、自分の中でショーン・ペン監督の「インディアンランナー」
と被るんだよな…ラストシーンが似てるからかしら。(両方好き)

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 23:45 ID:SuCLvVKK
救いようの無い男優は
狩場勉役の狩場勉

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 23:52 ID:17omt6NP
>>160
冒頭から気分悪すぎ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 01:39 ID:LPJqS6Z7
>>166
手足切断

増村保造の映画で、女の主人公が最後電気ショックでしんじゃうのって
「でんきくらげ」でしたっけ?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 13:18 ID:Y96yS9Lu
>>170
「でんきくらげ」・・・ちがいまつ!真面目な女の自立ドラマでちた。
           電気ショックで死ぬやつなんか、あったっけ?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 14:23 ID:vLkFMBlQ
梶芽衣子主演「怪談昇り竜」


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 21:57 ID:0V5r2oNq
実相寺昭雄の映画

近親相姦 フリーセックスでズボズボやりまくって
さいごみんな死んでしまう、実もふたもない映画
しかも長いから眠くなるんだよな

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 23:33 ID:HjAINz5x
二百三高地もキツイ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 23:42 ID:+kgn6eyM
奈美悦子の乳首確認のために見た日活ロマンポルノ「トルコ行進曲 夢の城」も
タイトルとは裏腹に暗い話だったな。
このスレで挙げられてる映画群に比べればたいしたことないが。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 00:02 ID:PsPAcTe2
>>170
増村のその時期の作品だと、ヒロインが最後にガスで死ぬ映画はあるけど、
それの間違いじゃない?
ヒント=『パンドラの箱』のリメイク、っていうかパクリ映画。
 (「箱」の字は本当は違うんだけど、変換されない)

ネタバラシは、オネダリがあっても止めといた方が良いよ。
あなたも、オネダリは止めなさい。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 00:09 ID:lgLwC9oS
津軽じょんがら節も切ない。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 00:35 ID:G3L+4xp1
>>160
藤岡重慶が子供の頭をぶん殴って殺すシーンと、
知的障害者にセンずりを教え込むシーンに萎えた

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 03:30 ID:ZWnc8UFW
>>175
奈美なら田坂具隆の遺作「スクラップ集団」も救いがないね。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 06:35 ID:cPsnEgDU
で、奈美の乳首は黒かったんか?それが気になって眠れなかった。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 07:21 ID:mmIYANMM
現在、平井駅周辺情報ページへのアクセス数は全駅中第33位です  Up (前回は114位でした)

http://www.bit-st.jp/station/sta07279.htm

一位めざして(`・ω・´)ノ ガンバロー

平井を一位にするスレ本部
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/bakanews/1063837946/l50


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 08:53 ID:WKWMwA8H
浜田光夫・川地民夫主演「太陽は狂ってる」も救いようがありませんでした。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 08:55 ID:TWIOhFFE
>>175
でも、鈴木ヤスシがガス爆発でぶっ飛ぶシーンにゃ
大笑いしたよ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 10:09 ID:lLAKRpmT
>178
> 知的障害者にセンずりを教え込むシーンに萎えた

禿げしく見たい自分はさらに救いがないな'`,、('∀`) '`,、

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 14:55 ID:tJ+po20g
>>180
黒目だった。
まあ当時35くらいだから仕方ないが。
乳も大きくないし、それだけのためにわざわざ借りて見るほどのものではない。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 21:51 ID:AqVkOHTx
乳首は大きかったのか?を確認すべきでは


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 22:56 ID:SSja/4Io
ホシブドウのようだったよ



188 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 00:04 ID:ohIxleny
>>45 で書いているけど、30年の映画人生で苦痛と感じた映画は「ションベン・ライダー」だけです。
確かに「野獣死すべし」もつらかったけど、苦痛とまではいきませんでした。
亡き相米監督には悪いけど、ほんとお金を出して見にくる人に失礼だよ!
出演者は当時ペーペーだけど今はベテランの演技達者ばっかりなんだけどね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 00:13 ID:MRPKoKB6
「野獣死すべし」は優作ひとりだけがイッちゃってる映画だけに
優作シンパのみからには異常に評価が高い(藁

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 01:01 ID:auhzOEvL
>>179
「スクラップ集団」みてぇ。
渥美清が糞尿の匂いを嗅ぐのが趣味の男らしい。
どんな趣味だよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 01:08 ID:kurcQZZZ
あなたリップヴァンウィンクルってご存知ですか?

192 :190:03/11/08 01:33 ID:auhzOEvL
>>191
ウィスキー?飲んだことないけど。
ウンコ味なの?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 01:43 ID:hDpbvmY0
>>192
「野獣死すべし」は見てるの?
なんか凄まじいボケだ・・・

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 01:55 ID:kurcQZZZ
ウン子味ってなんだよ!?

そうっす。是非「野獣死すべし」見てみてください。
個人的には「蘇える金狼」よりは救えるかなあと。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 03:50 ID:ug6RLeS8
優作で一番救いようがないのは、やっぱ、「ジーパン・シンコ その愛と死」なんじゃないか。テレビドラマだがな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 04:53 ID:fTpTOYxi
>>189
鹿賀丈史もイッちゃってる気が。

>>190
ビデオあるよ。かなり生硬なコメディーなんで、
文句無しに楽しめる作品とはとても言いがたいですが。
まあ、一見の価値はあるかと。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 11:15 ID:HVv14i7b
>>190

渥美清は趣味と実益が叶った"くみ取り屋"さんです。
その他ゴミ好き@小沢昭一、元福祉事務所職員@露口茂、少々イカレた元医者@三木のり平
が登場。チョイ役としてミヤコ蝶々・左ト全・笠智衆・笠置シヅ子etcが出演。結構豪華です。
若い頃の奈美悦子がカワイイです。
(敬称略)


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 12:57 ID:fTpTOYxi
>>197
宮本信子も出てたよね。露口と寝るんだけど、それにまつわる挿話が一番陰惨かも。
あと糞尿が詰まった炭鉱が爆発するシーン、
ネズミに食われた小沢昭一が骨になるシーンなんかも印象に残る。
象をさばくシーンも臓物が画面いっぱいに広がったりしてかなり強烈だったな。
また冒頭の地球儀が転がりつづけるシュールなシーンは、恐らくチャップリン「独裁者」から。
その証拠にのり平は最後にはヒットラー風の独裁者に変貌する。

199 :190:03/11/08 16:19 ID:auhzOEvL
>>196 探してみまつ
>>197 豪華なチョイ役ですね
>>198 風刺劇なんですね 
    地球がでてくる風刺映画というと死体商売を扱った
   「ラブド・ワン」も思い出しました

200 :名無し:03/11/09 05:04 ID:LEssRUPZ
岩下志麻が息子と近親相姦する映画なんていったっけ?
あと、「蔵の中」はラストの意味が不明でいまだに不愉快。。。。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 11:27 ID:qgJMForx
「越後つついし親不知」
夫(小沢昭一)が出稼ぎで留守にしている間に、村の男(三國連太郎)に犯されてしまう人妻(佐久間由良子)。
その一度のことで、身籠もってしまい、夫に知れてしまう。
最後にはみんな死んでしまい、救いがなかった。

「さらば愛しき大地」
覚醒剤で壊れていく根津甚八。
うまいものを食わせてやると言って、誰もいない砂浜で妻(秋吉)と幼い女の子の家族3人で
無言のまま蟹をむさぼり喰らうシーンが強烈。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 18:58 ID:tTR5jUMl
ところで、このスレの趣旨、いまさらだけれど
「救いようがないけれど『好きな』映画」だよね・・・?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 23:12 ID:jL1MAQB+
「戦国自衛隊」
戦国時代にタイムスリップした自衛隊のたまたま一番階級が上だった者(千葉真一)が
戦い好きの荒くれ者だったばっかりに、平和に暮らしたかったみんなが戦いに巻き込まれて
ひどい目にあって死んでいくという悲惨な映画。

原作では冷静沈着な隊長が長尾景虎軍を使いながら緻密な計算の元、近代兵器を駆使して
天下を平定して織田信長の役目を果たしていくという、よく出来た話だったんだが…

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 00:15 ID:VKcSvdZm
>>202
実際本当に救いようが無い映画を好きな人もいれば怖いもの見たさの人もいるんじゃない。
救いようがなくて記憶に残った映画をあげてるだけの人もいるだろうし。
まあ何らかの思い入れがあればいいのではないかと。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 05:54 ID:6KI/Yc/k
日本の黒幕

悪徳代議士が最後まで生き残る。
その周囲の人物はほとんど悪徳代議士の犠牲になり
犬死にする。
田村正和・梅宮辰夫・若尾文子・田中邦衛などが
死んでしまう。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 08:36 ID:rhyfjokJ
>>205
「日本の黒幕」の主人公は、保守政権の黒幕(恐らくは児玉誉志夫がモデル)
である佐分利信。田村正和は死ぬが、梅宮や田中は死んだっけ?
それに若尾文子は出ていない。
クライマックスは、金田龍之介演じる首相が、少年テロリスト・狩場勉(山口二矢?)
に刺殺される場面だが、思いっきりチャチなので萎え。
ネタは面白いのに、映画はクズだったという悲しい一作。

東映なら、「日本の首領・完結編」でしょう。三船敏郎以外、ほぼ全員死亡。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 09:34 ID:FmlcuklP
>>200
>岩下志麻が息子と近親相姦する映画なんていったっけ?

『魔の刻』じゃねいですか?息子役は坂上忍だっけか

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 10:03 ID:tPAxH8sF
児玉誉志夫って自家用ジェットで自宅に
攻撃食らった人だっけ?

若尾文子でなくて松尾カヨだった。
あと死んだのは小林ねんじゅ(田村正和に首切られる)
田中邦衛(中尾彬に日本刀で切られる)

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 12:05 ID:VGOCMOSM
>208 Yes、正確にはセスナ機だけどね。笑えたのが下のサイト。
田中邸と間違えてる。
マキコに怒られるぞ。当選したしw

チャンネルNECOの9月のサイトより:

いちどは行きたい女風呂
1970年・日活・83分・カラー
監督:江崎実生
出演:浜田光夫 前野霜一郎 夏純子

やけっぱちなタイトルからしてスバラシイ!万博景気に沸く一方、
日本映画が迷走した70年代初頭の典型的コメディ。一度聞いたら
忘れられないテーマ曲に乗せて、青春スターから脱却した浜田光夫が、
後年『なんたって18歳』で見せた大映テレビ乗りで大張り切り。
また、田中角栄邸に飛行機で突っ込んだ前野霜一郎や、キュートな
夏純子なども元気一杯に楽しませてくれる。とはいうものの、
監督は巨匠・江崎“夜霧よ今夜も有難う”実生なので、内容はお墨付き。
<ビデオ未発売>
放送日 9/ 5 ・ 10 ・ 17 ・ 20 ・ 28

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 13:09 ID:0Wd5YRGd
前野霜一郎の例のカミカゼ特攻事件の後、神代辰巳が月刊シナリオに書いた彼の追悼文が印象的だった。
『日本の黒幕』って、クランク・イン直前に大島渚が降板して、降旗が10日くらいで撮ったんだよね。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/10 18:10 ID:CjtbbN1W
あれ悪徳代議士じゃなかったのね。
右翼だったか。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 00:22 ID:CnCq63YE
犬神がみたい

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 00:23 ID:yY/ESHy+
一族?
怨霊?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 00:48 ID:ReQRizdD
犬上の悪霊なら自由が丘でやってるよ。
オカルト映画と思ったらお笑い映画だった。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 01:26 ID:wxfJpMh1
犬神は観られる機会は少ないが、あまり見所がない

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 03:17 ID:RG/U945m
>>143
身障者兄妹の熨斗柄布団被っての近親相姦シーンは
今思い出しても鬱になるな

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 03:50 ID:enious7/
>>157-159
 「太陽を盗んだ男」スレで、「封切り当時見たがつまらなかった」と書いてた人が
 総攻撃にあってて、怖くて書き込めなかったが、こっちへ来てみて安心した。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 10:24 ID:CnCq63YE
>>215
長谷川真砂美はどうでした?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 16:40 ID:Tp6DmFgg
犬のドラマでは萌えました。

あっ、スレ番い、じゃない、違いだった。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 16:46 ID:Uk9EpSx3
「道頓堀川」

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 18:50 ID:x/arxm8W
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20031110_40.htm
よりによって、こんなリメイクを・・・
救いようがないな

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 23:04 ID:vayDioKc
「青春の蹉跌」

エンヤートットエンヤートット。
ショーケンがえらい格好良かった。
でも、じんわり暗い話だった。

223 :ラジオ関東:03/11/11 23:29 ID:R7z0ItCK
根岸吉太郎監督・本間優二主演の「狂った果実」サイコーにやるせなく終わる名作
いつも唐突に出てくる濡れ場シーンも「青春映画撮ってんだけど、日活ロマンポルノの規則も守んないとまずいしな。」
の根岸の声が聞こえてきそうでいい。

とにかく引き込まれる力をもった映画だから見てない人は見てみてよ。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 00:33 ID:Q0iPpG+j
>>「狂った果実」本間優二版
中学生の頃深夜のテレ東でやってたのたまたま見たことがある。
唐突に車から降りた所でやり始めちゃうシーンがその後の性癖に影響した(w
しかし見終わったあとのあのやりきれない感じは忘れられないな。
それから10年後に「19歳の地図」を見たんだけどこれも鬱積した年代をうまく描いていた。

225 :ラジオ関東:03/11/12 00:45 ID:qJevHx8o
>>224 アナタ多分私と同じ時間に「狂った果実」体験しましたね!まあもっともオレは大学生だったけど。

ストーリーもいたって簡潔なんだけど、スゴク心に残る映画なんだよな。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 00:55 ID:G3NDouq6
>>222
あれ見てから、募金と署名をしなくなった。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 01:39 ID:Vdhe1FbQ
>>223
堪えきれず、駐車場の片隅でオナニーする本間優二に共感した。男にはああいうことがある。
(オレはそういう時は主にトイレを探すがw)

本間優二(元ブラックエンペラー)は、柳町光男に誘われて俳優業をしていただけで、
プロになったつもりは無かったそうだが(のち引退)、そのシロウトくささがナマナマしかったね。
対して、相手役の蜷川有紀はすでに舞台で実績があるプロで、ただのアイドルでは
無く、この対称の妙も良かった・・・もちろん蜷川で抜きましたよw

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 03:13 ID:Z/ewtxRZ
>>222
「傷だらけの天使」の神代演出作品も暗かったな・・・映画じゃないけど(w
>>227
本間は「十九歳の地図」とか「とりたての輝き」とか
出演作のほとんどがトラウマ作品だったりするんだよね。
かと思えば「刑事ヨロシク」なんかにも出てたりするけど(w

229 :ラジオ関東:03/11/12 13:22 ID:qJevHx8o
本間優二とは・・・私は男なので確実にはいいきれないが、おそらく「母性本能をくすぐる元不良キャラ
NO.1」だったと思う。ゆえに「狂った果実」で、彼にふりかかる不幸の数々があまりにも痛々しく感じるのでは。。

「狂った果実」は元キックボクサー役の益富信孝も不気味でよかった。同じく日活ロマンポルノの名作「ラブホテル」では
髪を伸ばしてアパレル関係の男を演じていたが、これには無理があったぞ!!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 21:54 ID:Q0iPpG+j
元ブラックエンペラーの首領なのに、よくあんな役できたよね。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 01:04 ID:5ZDbZSLo
恐怖奇形人間

232 :この子の名無しのお祝いに:03/11/13 02:45 ID:1TMWWxbY
>>229
>母性本能をくすぐる元不良キャラNO.1

そんで、小悪魔美少女・蜷川有紀の気紛れにつきあわされて、トンデモないことになるんだよね。
ハイソなイヤミを絵に描いたような岡田英次・小畠絹子も秀逸。対して無学で粗野な益富・
永島暎子夫婦といい、ステレオタイプな人物配置が効果的だった。

こうしたどん詰まりの青春は、ロマンポルノには時々あった。
「天使のはらわた・赤い淫画」とかね。恐らく、泉じゅんは阿部雅彦と寝て
もいいと心を開いていたのに、最後であんなことに・・・。

233 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 02:08 ID:F+A+Lf7I
祭りの準備も狂ってるね
どないせえっちゅうねんという状況と設定と浜村純とハナ肇に失禁

234 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 03:12 ID:nA4U09V7
ゴジラvsメガロ……かなぁ。
ゴジラvsヘドラも。

本多監督以外の昭和ゴジラはどうも……。

235 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 17:42 ID:eZCkcnny
メカゴジラの逆襲も
救いようがないぞ
ゴジラ版ATGと呼んでいる

236 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 17:47 ID:6wnZlIpE
対へドラは主題歌からして救いがない・・・
でもチャンピオン祭りゴジラではこれが一番スキ(何じゃそれ)

237 :YOSHIKI:03/11/14 21:43 ID:mDSsZxXY
脳から直接コンピューター操作が可能に?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

私と語り合いたい者はこのBBSに。
t.A.T.u 応援もここに!
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

238 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 23:18 ID:IqWKYmd4
「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」(大東亜戦争トラウマ映画の真髄)
「ゴジラ対ヘドラ」(サイケ映画の極致)
「メカゴジラの逆襲」(高度成長社会に対する破壊願望)
ここいらはゴジラ・シリーズの枠を超えて、立派に「救いようのない映画」になってる。

239 :この子の名無しのお祝いに:03/11/14 23:45 ID:GxYuMpAD
>>234 音楽が伊福部昭以外という作品も頂けない。
「ゴジラ ミニラ ガバラ」は ライブフィルムのおかげでスケール感
を出せたという これまた救いようのない映画であると思う。
(実際には メガロの方がより酷評されている様だが)
ガバラのデザインがスクリーンのサイズには全く不似合い。
むしろ テレビ画面で巨大ヒーローと戦うのがお似合いな体形だ。
レッドキングの方が尾があるだけまだ映画向けと言える。
 

240 :ラジオ関東:03/11/14 23:56 ID:mWlFlTOm
>>233 「祭の準備」 身体障害者の知人をさりげなくかばうヤクザ・原田芳雄が心に残る。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/15 01:19 ID:aZVzlkbt
この映画はスタッフ一同が中村の民家に1ヶ月ほど泊まりこんで撮った作品なんだよね。

242 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 06:31 ID:6aB3RcWm
勝新太郎主演「弔い師たち」(←うろ覚え)
ずーっと昔、テレ東午前に放送していたのを観てブッとんだ。
知ってるヒト、いる?

243 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 16:43 ID:Mhnnspu8
昨日優作の「暴力教室」みたんだけどラストシーンのあとはやっぱり捕まっちゃうのかな。


244 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 16:55 ID:D09JeVWv
>>242
「とむらい師たち」、、、日本が(メール欄参照)するラストは、実は野坂
昭如の原作と同じだと知り二度ビックリ。
70年代を目前にした日本の世相を斬った、大阪万博風刺映画でもありますね。
あの中之島公園水子祭りの狂気にはぶったまげましたぜ。

だいたい、原作=野坂昭如・監督=三隅研次・脚本=藤本義一・撮影=宮川一夫・
主演=勝新太郎、、、このメンツだけでちょっと凄いんですが。

245 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 16:57 ID:fGrXrUTF
こういう裏街道映画は、しっかり表街道が存在したからこそありえたんでしょうね。

246 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 22:34 ID:mvBOGmNv
>>242>>244
同じく野坂原作の「スクラップ集団」も同年製作(1968年)。
流行作家だったと言えばそれまでだが、それにしても・・・

247 :この子の名無しのお祝いに:03/11/15 22:55 ID:k8JETf2I
>>246
野坂原作映画も救いが無い。66年の「エロ事師たちより 人類学入門」では、
ラスト、小沢昭一がエロ浄土に旅立っていくイメージで終わる。

69年の「極道ペテン師」は、経済偏重で復興した戦後日本を痛烈に批判す
る内容だし、71年の「遊び」もラストのイメージは若い男女の心中。

そして88年の「火垂るの墓」は、少年少女の餓死・・・。

248 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 02:44 ID:YnpxJbYC
「火垂るの墓」、これはもう泣きまくり。
知人には他の映画を見に行って「火垂る」の予告で泣いたものあり。
あまりにも哀しすぎて二度と観たくない気もする。

249 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 03:59 ID:NryCsHg+
江藤純て暗い映画ばかり出てた人ですよね。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 05:44 ID:URw3tj+7

とかね

251 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 05:52 ID:hMaxmi9r
江藤潤はむかし藤田組だった

252 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 19:06 ID:NA/wSxUq
深作の上海バンスキングってすげー救いの無いの話だった気が・・・
あの妙に明るいラストシーンは主人公のみた幻覚なんですかね?

253 :この子の名無しのお祝いに:03/11/16 23:10 ID:NryCsHg+
上海バンスキングって明るい映画かと思ってた。
CMにかかってた曲覚えてるよ。

254 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 02:32 ID:iWt+CAmy
成瀬の「乱れる」。
ラストシーンで高峰秀子が呆然…


255 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 03:37 ID:iWt+CAmy
>>186
「べき」なのかよ!

救いようのない少年オールナイト
野村「鬼畜」大島「少年」「愛と希望の街」

256 :この子の名無しのお祝いに :03/11/17 18:38 ID:fxxY0SZJ
あと「初恋・地獄変」もね。

257 :この子の名無しのお祝いに:03/11/17 23:00 ID:VMVeR+pY
当たり屋でメシ食ってみっか!?

ビッグ・アイランド・ビーチ
 大    島    渚

258 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 00:42 ID:jdJ+dCsH
ノストラダムスの大予言、千葉ちゃんと由美かおるがでてたやつ
ヒッピー?風の人たちがイカダだったかヨットだったかで集団自
殺するシーンが恐かった。当時俺は消防だったが併映の実写版ル
パン三世の内容が思い出せない。ノストラのインパクトが強すぎ

259 : :03/11/18 21:05 ID:E9hjocjl

ヌルい癒しも希望もいらん。邦画よ、、「救いようの無さ」を取り戻すズラ!


260 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 22:03 ID:30kOE6GX
工藤栄一×水谷豊の「逃がれの街」とか


261 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 22:27 ID:LXWZiIVm
救いようのない日本映画党でも作るか?
党首は野村芳太郎で。

262 :この子の名無しのお祝いに:03/11/18 23:23 ID:2UrErddG
「マタンゴ」だろ、やっぱ。

263 :この子の名無しのお祝いに:03/11/19 01:41 ID:S1H+BmXq
「湯殿山麓呪い村」
原作と全然違ってて、主要登場人物ほとんど死亡。

264 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 14:22 ID:7crZs8Xt
江藤潤て今どうしてんだろ。

265 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 18:00 ID:UrGXvYGw
脚本は良かったのに映画になって救いようが無くなったのが、

「黄金のパートナー」(監督:西村潔、脚本:長野洋)

「不良少年」(監督:後藤幸一、脚本:中岡京平)

月刊シナリオだったかキネマ旬報で読んだ時、「おおっ!」って
思ったのに、映画館に行って「ええっ!?」って感じだったね。

266 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 18:11 ID:AakmaFW6
>>265
「黄金のパートナー」は脚本の方がいいんですか? あの映画、好きなんだけど。

救いようが無いのは、西村さんのリアルでの最期ですね・・・。

267 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 19:58 ID:LFz1XF+o
女湯盗撮?

268 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 20:27 ID:3BjDFvA9
>>267
入水自殺・・・
弔辞は一橋の同窓生・石原慎太郎だったと思う。

269 :この子の名無しのお祝いに:03/11/20 22:04 ID:clhj7sMf
増村保造の「氾濫」

270 :265:03/11/20 23:32 ID:ho2FY9RF
>>266
脚本は男の友情と男2人女1人の関係を丁寧に描いていて
けっこう感情移入でき、だからこそその3人に訪れる出来事の
ショック及びクライマックスの爽快感とラストの哀愁があった
と思っています。
だけど、映画の方は端折りが多く、紺野美沙子の未熟さもあって
そのショックとクライマックスがとても軽く感じられましたね。
三浦友和と藤竜也の微妙な友情も描ききれていないし、全体的に
雑な感じが否めません。
間違いなく月刊シナリオだったので、もし入手可能であれば一読
してみると良いかと思います。
あの出来じゃぁ、脚本家が可愛そうと思うのではないでしょうか。

271 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 16:07 ID:FTt4UTQX
寺山修司の「書を捨てよ町へ出よう」も救いがたかった。
「田園に死す」は母ちゃん殺さない分マシ。

272 :この子の名無しのお祝いに:03/11/22 17:12 ID:3RR4tne9
そーかなー。あのやり場のないエネルギーが、見るものに活力を
与えたという印象が強いけどなぁ。
寺山の映画では、「さらば箱舟」のほうが見た後に疲れが残った。

273 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 15:42 ID:N52SQmxm
一番救いようの無い死に方をした映画ってなんだと思う?

274 :この子の名無しのお祝いに:03/11/23 23:30 ID:13sMU/KN
ウイークエンドシャッフルの泉谷しげる

275 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 02:16 ID:P/GdHh8i
書を捨てよ、ラストで十分救われる。
最近見てきたんだけど不覚にもチョビット感動した。

276 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 03:25 ID:s4pEwaZO
必殺Vの鶴瓶

277 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 04:17 ID:ocPbOty1
「狼と豚と人間」
あんなヘビーなの作ったら、そりゃほされるよ、深作。

278 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 11:35 ID:WY+dHZk7
救いようねえなあ…

279 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 20:07 ID:QAYxEVhp
この作品の封切り日に召集令状を受け取った山中貞雄は、
「『人情紙風船』が山中貞雄の遺作ではチトサビシイ」と
書き遺して戦地に赴き、本当にこれが遺作となってしまった。
 物語は、江戸は深川の貧乏長屋を舞台に、老いた侍の死か
ら始まる。腹を切ろうにも、生活のために刀は既に無く首を
吊ったのであった。この長屋には、女房・おたきと二人で暮
らすもう一人の侍・海野又十郎がいた。彼もまた浪人。女房
に紙風船張りの手内職をさせて、毎日唯一の頼みの人を追っ
て歩き回り、何とか仕官の道をと気弱に頼みつづける、追い
詰められた身の上である。長屋の者は皆一様にかつかつの生
活をしている。そんななか、髪結いの新三は向こうっ気が強
く、土地のヤクザ弥太五郎の源七への面当てに白子屋の娘を
誘拐する。新三はまんまと源七の鼻を明かし、結果的に金ま
でせしめるが、そんなこととは知らず、又十郎は片棒を担が
されてしまった。新三はせしめた金で長屋の者たちに酒を振
舞ったその夜、源七に呼び出されでかけてゆく・・・
同じ夜、又四郎の仕官の道が絶たれたことを知り、さらに新三
の片棒など担いだ夫に絶望したおたきは、夫を刺し、翌朝若い
侍の夫婦の心中が発見されるのだった・・・  死に始まり、
死に終わる映画にもかかわらず、全編を通して長屋の連中は世
間話・馬鹿話・与太話を続け、話すのをやめたら死ぬとでもい
うように饒舌。それは昭和初期の日本の閉塞的な時代の空気を
色濃く反映した同時代性と、底辺に生きるものの逞しくしたた
かな生き様を活写した普遍性を持ち、おどろくほど近代的な人
情時代劇である。さらにこの作品を見た人は、おたきの手作り
の紙風船が風とともに長屋を転がり出て、溝に落ち、流れてゆ
くラストが強烈に印象に残るというが、これほどまでに絶望的
な空気を20代の青年が撮ったことを見ても、山中貞雄の偉大さ
がわかるだろう。オールタイムベストテンなどでも必ず上位に
ランキングされる日本映画の傑作中の傑作!
 


280 :この子の名無しのお祝いに:03/11/24 20:08 ID:QAYxEVhp
↑「人情紙風船」の事です。

281 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 02:59 ID:iD9DKf1L
>>275
自由が丘行ったな(w

282 :この子の名無しのお祝いに:03/11/25 05:25 ID:zw1hBniy
あげ

283 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 21:48 ID:NRG2k7ua
いま日本映画専門チャンネルでやってる「世界大戦争」
これも救いようが無い。
主な登場人物はみんな庶民でかつ善人で、結末は戦争が始まり船乗りを除いて核爆発であぼーん。

284 :この子の名無しのお祝いに:03/11/26 23:01 ID:JdbiYW4D
>>283
本当にまともに世界中が核戦争になる映画って意外と少ないね。
海外でも「渚にて」くらいしか思いつかない。

285 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 16:56 ID:Wh0B+4RZ
>>283
知り合いがビデオ編集して
世界大戦争のラストに植木等の大冒険をつないで遊んでた。
焼け野原の東京。カット変わると
荒野で目ざめた植木が「あ! 生きてる!」とか言うの。

ほかにも植木がお城の天守閣で「さあ、歌でもうたうか」って
イントロがおわった瞬間、キングギドラが城を襲うシーンに切り替わったりる。

286 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 18:55 ID:vAjuS6z1
>>283
「世界大戦争」の登場人物が、庶民から政治家・軍人まで善人ばかりである
ことに対しては、公開当時、ムリがあると批判もあったようだ。
今観ると、むしろ、「人々の思惑とは別に、それでも戦争は止まらなかった」
という世界への絶望観に、スタッフの祈りのようなものすら感じる。

恐らくアメリカ映画なら、土壇場でハート・ウォ−ミングな奇跡が起こるのだろう。
(それでは円谷特撮の見せ場が無くなるがw)

軽いスター喜劇ばかりの松林宗恵が、たまに戦記大作を撮っているのは、
単純に巨匠だと時間とカネを喰うので引き受け手が無かったせいだろうが、本作は
宗恵やスタッフ・役者たちの真面目な一面が上手く出た良作ではないかな?

287 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 19:14 ID:NTv3fQbQ
>>286
「世界大戦争」のシナリオには
善人ではないタクシー運転手が主役の別稿があったと
すご〜〜〜い昔のスターログに書いてあった。

家族を連れて東京から避難するけど、死の灰で家族が次々に命を落としていく。
最後に生き残った主人公が「東京に帰ってでっかいウチを建ててやる」つって
壊滅した東京へ、死んだ家族といっしょにタクシーで帰っていくというラスト。


288 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 19:39 ID:ncJHgV2z
>>286
キューバ危機を扱った「13Days」なんかまさにそれだが。

289 :この子の名無しのお祝いに:03/11/27 23:11 ID:fQ9fN3g3
>>284
『ノストラダムスの大予言』の中の、
「もしも未来が予言通りになったら…」という空想場面は、まさにそういうシチュエイション。
あと外国映画だったら『猿の惑星』『ターミネーター』両シリーズとか、いろいろあるじゃん。
>>288
ありゃあ実話なんだから、ちょっと意味が違っちゃうんじゃない?

290 :この子の名無しのお祝いに:03/11/28 00:44 ID:siHhZSfI
>>286
松林さんって確か、お坊さんの息子でしたよね。

>恐らくアメリカ映画なら、土壇場でハート・ウォ−ミングな奇跡が起こるのだろう。
>(それでは円谷特撮の見せ場が無くなるがw)

いやあ、それを円谷特撮で観たい気もしますけどね。

291 :この子の名無しのお祝いに:03/11/29 05:56 ID:UkuVRDyC
age
この板はすぐ倉庫逝き寸前になるな

292 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 18:39 ID:z4g93BvQ
「けものみち」(65・須川栄三)
病気の夫を焼き殺し、最後は自分もガソリンかけられ殺される主人公の女。


293 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 21:34 ID:OcHKK37j
「愛の渇き」
浅丘ルリ子が怖かった・・・

294 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 22:24 ID:9lBsWTQZ
「湯殿山麓呪い村」にイピョーウ。
後、「ひかりごけ」は既出?

295 :この子の名無しのお祝いに:03/11/30 22:38 ID:0FCpVwSA
>>292
このスレタイ見た時に最初に浮かんだ作品。
普段あんまり悪役やらないような面々が欲の皮つっぱらかしててw
結構好きな映画なんだけど、あのラストはやっぱり気分重たくなった。
池部さんの高笑いってそれだけで鬱度増幅w

296 :この子の名無しのお祝いに:03/12/01 00:55 ID:A4S+YDuG
けものみちって清張の作品ですか。鬼畜といい結構エグイですな。

297 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 13:26 ID:vjjjyfum
影の車もえぐいという話だ

298 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 17:40 ID:oxWa3l0m
「妻の日の愛のかたみに」(65・富本壮吉)
リュウマチで全身が硬直化してしまう妻を夫が何とかしようとするが、周りの者達が別れることを勧める。
学校の先生の話で、なんとなくヤッパリナーと思った。死ぬまで一緒にいることがなぜ出来ないのか、
さっぱりわからなかった。若尾さん主演で夫役が船越さん、実に大映らしいキャスト。

299 :この子の名無しのお祝いに:03/12/02 22:40 ID:3+v3nAae
今の日本には壊れきった家族は数え切れないほど存在するが
「家族ゲーム」が公開された頃は、まだそれほどじゃなかった。
静か〜に崩壊家庭が増加していくのを予言していたようなもんだ。
う〜ん、救いようのない。


300 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 21:08 ID:4R8WmV7J
朝っぱらから「田園に死す」を見ました。
今日一日中、鬱になりました。

301 :この子の名無しのお祝いに:03/12/03 21:34 ID:HmfF4AX3
>>300
私は高校生のときに見ました。映画自体は好きですが、
ラスト近くは未だに再見できません。怖すぎ。

302 :この子の名無しのお祝いに:03/12/05 02:34 ID:fS58gEBO
「ムッちゃんの詩」(85・堀川弘通)
幼い女の子が洞窟の中でひとりぼっちで死んで行く話。
実話で少女の銅像もあります。それにしても戦時中とはいえ九州の人は冷たいね。




303 :この子の名無しのお祝いに:03/12/05 05:00 ID:kQePyeGj
>>298
富本は、三島原作の『獣の戯れ』もエグイ。若尾文子が怖過ぎ。

304 :この子の名無しのお祝いに:03/12/07 01:27 ID:72ury/Rt
「切腹」も救いようがない。
武士道の建前の犠牲になる仲代達也一家。
これ見てから「ラストサムライ」見たらどういう感想になるかな。

305 :この子の名無しのお祝いに:03/12/09 00:27 ID:54g+sCnX
黒澤清「蛇の道」
哀川翔がともかく不気味。
絶対あんな死に方したくない。

306 :この子の名無しのお祝いに:03/12/09 00:43 ID:Ys/Y+5nU
>>305
香川が?

307 :この子の名無しのお祝いに:03/12/09 00:50 ID:54g+sCnX
>306 うん。

308 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 01:21 ID:RDYLLJ4Q
このスレの前の方で挙がっている『絞殺』。

夜、西村晃と乙羽信子が枕を並べて寝ていると、
自室から階段を駆け下りてきた狩場勉が「貴様らは寝る権利はない!」と叫び
卒然と暴力を振るい始めるシーンに、激しくワロタ

309 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 13:58 ID:UeNuopiO
「さらば愛しき大地」が、救いようのない空気感でたまらん。
柳町は、19歳の地図ががいしゅつだが、「火まつり」もいいね。
昭和50年代の半ばって、ぽっかり開いた祭りの後って感じと、
農村ががらがらと変わっていく破壊&再生のドラマが多かった。
根岸の「遠雷」も切ない。


310 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 19:47 ID:m/3usIi8
「乾いた花」知ってるかい、池辺良ふんするヤクザがらせん階段の
向こうで殺人をするのをこちらから加賀マリコが目撃するという最後。
たしか岡田まりこさんの旦那の篠田監督だとおもうけど。
加賀マリコって今なにしてるんかな。


311 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 20:22 ID:m/3usIi8
>310
間違えました。岡田まりこじゃなく。
岩下まり。

312 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 20:31 ID:m/3usIi8
又間違えた。岩下志麻。

313 :この子の名無しのお祝いに:03/12/11 20:55 ID:OYkSDuI7
>>310
加賀まりこは「若い娘タレントにずけずけ説教する派手なおばさん」役で
バラエティに出演中。

314 :この子の名無しのお祝いに:03/12/12 00:01 ID:pt3A5mkl
救いようの無い昔の邦画って、もっと埋もれてそうな感じがするな。
さらなるカキコをキポンヌ

315 :この子の名無しのお祝いに:03/12/12 00:48 ID:Zihvn7eE
成瀬巳喜男監督の「コタンの口笛」。
成瀬監督の作品は概ね救えない感じだけど、
この作品はアイヌ差別が絡んで一層悲惨な感じだった。

山茶花究 恐ッ!

316 :この子の名無しのお祝いに:03/12/14 02:49 ID:rKeMIFey
>>291
救いようが無いというよりは、かなり怖い印象。
DVDで出ないかなーと思っているのだけど。

317 :316:03/12/14 02:50 ID:rKeMIFey
291でなく297でした…済まん。

318 :この子の名無しのお祝いに :03/12/14 17:12 ID:NaAy0IZk
山茶花究ってコメディばっかりでてる?喜劇俳優でつか?

319 :この子の名無しのお祝いに:03/12/14 17:48 ID:gfbYt0HX
「裸の19歳」
 新藤兼人監督、原田大二郎主演で、連続殺人犯の生い立ちを描いた作品なんだけど、
事件の再現フィルムを見ているようなやるせなさしか感じなかった。
 でも、もう一度見ていたい。

「影の車」
 ラストで、愛人の子供を殺害した主人公が、幼少時代に母親の愛人を憎み、
殺害したシーンを回想するところでわるのがやるせない。

320 :315:03/12/14 23:07 ID:QvsGO2bi
>318
喜劇俳優というか「あきれたぼういず」という歌謡漫談グループの一員だったんだけど、
俳優としては黒澤映画をはじめシリアスな映画の名脇役としていぶし銀の魅力を放っていた。

もちろん喜劇映画にも沢山出演しているけどサ。

321 :この子の名無しのお祝いに:03/12/17 00:02 ID:jgZe1iUa
寺山修司

322 :この子の名無しのお祝いに:03/12/17 10:35 ID:RX9OsoLn
>>310
初期の篠田正浩はみんな救いようがないよ。
デビュー作の「恋の片道切符」からしてタイトルとは全然違って暗くて重い。

323 :この子の名無しのお祝いに:03/12/17 19:24 ID:sSeskF0Q
「下落合焼き鳥ムービー」のギャグ全部。

324 :この子の名無しのお祝いに:03/12/17 23:11 ID:o0PFHHUp
このスレでガイシュツとなった「メカゴジラの逆襲」....

本田猪四郎の最後の作品で脚本書き直しが異例の4回という力の入れようなのに低予算
悲劇の道をたどった挙句あぼーんな運命の真船親子とチタノザウルス
目の前で恋した女性に自殺された主人公

一番救いようがないのは、内容はガチで悲恋の話なのに子供向けの映画興行として上映されてしまったことか。



325 :この子の名無しのお祝いに:03/12/19 19:30 ID:ki5JGlZa
「野良猫ロック・ワイルドジャンボ」
中学のとき昼の邦画劇場で見て虚しさに震えました。

326 :この子の名無しのお祝いに:03/12/21 13:46 ID:yKCH9UkO
ドーンと来い!

327 :この子の名無しのお祝いに:03/12/21 18:41 ID:U+UjOCPx
>>326 なにやってんだ上田

328 :この子の名無しのお祝いに:03/12/21 21:32 ID:GWSsIpXd
>>325
ラストシーンがね。。。

329 :この子の名無しのお祝いに:03/12/21 22:00 ID:PXgdCXAh
「名もなく貧しく美しく」 
子供が小学校を卒業。戦争中に助けた子供が大きくなって訪ねてくるといった幸せの
絶頂の時に事故死。あまりのあっけなさに、ただ口をぽかんとあけるだけだった。
その後のシーンで、親子が新しい出発を決意するから、最後では救われるんだけどね。


330 :この子の名無しのお祝いに:03/12/24 08:50 ID:OkD7LEFq
>>175
日活ロマンポルノ「トルコ行進曲 夢の城」
映画のポスターは、ピンク泡泡るんるんで、
ハッピーな「行け〜!行け〜!トルコへ〜!」な喜劇か?
と下半身期をふくらませて見に行ったら、

893にだまされて、薬付けにされて破滅する女の話で、立たなかった・・・。




331 :この子の名無しのお祝いに:03/12/24 09:47 ID:2HkX/fM8
>>285
朝っぱらからワラタよ。
見たい!そのビデオ、見たい!!

332 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 01:07 ID:iz8kNmob
「野獣刑事」のイヤーな暗さはハードボイルドならぬハード・ビンボー・ボイルド。


333 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 01:28 ID:558VVQ17
ヨコハマBJブルースも暗いよ

334 :この子の名無しのお祝いに:03/12/28 14:35 ID:EnJTcprd
>>332
>>ハード・ビンボー・ボイルド
石田あゆみの乳首に貧乏の結晶をミマスタ。

335 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

336 :この子の名無しのお祝いに:03/12/29 00:58 ID:iKHnWJhZ
「闇のカーニバル」って全体的に救いようが無いんだけど、
ホモの少年が新宿の公園で売春するシーンがあるんだよ。
で、ケツ掘られてる間に後ろから客に絞め殺されちゃう。すごい変態だったんだね。
そんな死に方した少年を見てすごい鬱になった。
この少年は変態な客の性欲のためだけに死んだんだって。

337 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 01:32 ID:6GgruWFS
「薔薇の葬列」
ピーターはともかく、土屋嘉男に注目。

338 :この子の名無しのお祝いに:03/12/30 10:47 ID:AFI1fHVQ
>ヨコハマBJブルースも暗いよ

トイレでカレーを喰らいながら糞をたれる優作とかね(w

339 :この子の名無しのお祝いに :03/12/31 15:18 ID:+SUo66wy
星空のマリオネットってどんな映画ですか?

340 :この子の名無しのお祝いに:04/01/03 15:52 ID:e6tmcd/c
>星空のマリオネット

謎の宇宙人による侵略行為で周りの人間が人知れずのっとられるという、
SFホラー映画。
上空から舞い落ちるエンゼルヘアーが次々に人間をマリオネットにしてしまう特撮が秀逸。
原作はハインラインらしいが、あくまでパクリなのでかなり原作を変えてある。

341 :この子の名無しのお祝いに:04/01/03 20:28 ID:+lCUMTip
じゃあ牟田悌三はなんの役だったんだ?

342 :この子の名無しのお祝いに:04/01/04 00:32 ID:lL3xJibI
>>340
信じていいんですね?

343 :この子の名無しのお祝いに:04/01/04 00:50 ID:Isik9tSL
面白そうだけどまるで違いますよ。

344 :この子の名無しのお祝いに:04/01/04 01:33 ID:Qylqad5b
吸血鬼ゴケミドロ

最初は特撮ものなのに(地方地上波TVでは)深夜しか放送しないのはなんでだろう、と思った。
しかし、実際に映画をみて、「これじゃゴールデンタイムはおろか、午前中でも見るもんじゃないなあ」と思った。
ラストは衝撃的ですわ、当時としては。

345 :この子の名無しのお祝いに:04/01/04 08:59 ID:ZIWt1fhG
>330
うむ、後期のロマンポルノには、そういう妙にすかした作品が多い。
変にかっこつけちゃって、ロマンポルノに徹してない。

346 :この子の名無しのお祝いに:04/01/04 21:06 ID:3JjUNj64
>>345
監督が旅行シリーズの瀬川昌治だからね。

347 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 22:38 ID:jPpytHHP
そろそろ出尽くしたか




348 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 22:47 ID:5WLy8W2t
>>5 さんが言ってる映画についてはあまり語られてませんね。
自分が見たのは「生きものの記録」位なんですが、なにせ子供の時にみたもので…
原爆の恐怖を語ったことで狂人扱いされる男の話でしたっけ。

349 :この子の名無しのお祝いに:04/01/07 23:01 ID:tsaXy3jT
「地獄」は全員が地獄に落ちるから確かに救いようがないんだけど、
# あの養老院は一体なんだ!? あの存在だけでもう救われない…
「東海道四谷怪談」は最後にお岩が菩薩になって昇天するから救われるけどな。

350 :この子の名無しのお祝いに:04/01/08 01:39 ID:esePFjsX
主人公が無残な死に方をするのも確かに救いがないが
「プーサン」のような
この先どーなってしまうんだオロオロというパターンの救いのなさもある。

351 :この子の名無しのお祝いに:04/01/08 15:07 ID:T3E72O9k
ある意味、木更津キャッツアイ

352 :この子の名無しのお祝いに:04/01/09 18:01 ID:FZ0XfsCx
大島渚の映画で暗いのあったな
一家で当たり屋やってるやつ。
ATGは暗いの多い。

353 :この子の名無しのお祝いに:04/01/09 19:51 ID:6DoFKiBj
>>352
「少年」

354 :この子の名無しのお祝いに:04/01/10 02:29 ID:upxwTTkZ
『少年』は救いようはあるけど、悲しい話だね。傑作だね。

355 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 01:40 ID:1P7irufZ
大島で暗くいといえば「太陽の墓場」(60)に出てくる血を売ってる連中
じゃないでしょうか。これとちょっと似てる「悪人志願」(60)も、
どもり男の渡辺文雄がまるで犬のように扱われて、最後まで情けなかった。



356 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 02:40 ID:ZHxPHVQy
大島の作品なら定番だがやはり
「青春残酷物語」
世間に反抗する二人が結局虫けらのように死んでいく。
男・川津祐介はチンピラ(当時の呼び方だと愚連隊か)に撲殺される。
女・桑野みゆきは自動車から飛び降りて事故死。
二人の死顔が写ってエンドマーク。まったく救われない・・・。
こんな話、実際にたくさんあるだろうけど・・心に残る作品。


357 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 02:50 ID:y8RvzuUf
成瀬巳喜男の「浮雲」を見たら、
あまりの辛気臭さに笑えてきた。


358 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 03:46 ID:ZflemgT8
つか「この子の七つのお祝いに」でしょ、やっぱり。

359 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 11:28 ID:fLJyF7ir
355を見て思い出したけど、血を売るのって「新幹線大爆破」の犯人の一人がやってた。
昔は金で買ってくれたのか。でもなんかみじめな感じだよな。

360 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 16:00 ID:y8RvzuUf
>>359
「売血業」ってのがあったのですよ、昔は。

361 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 22:20 ID:NBD0H5Yo
売血を仕事にしてる人はいなかったでしょ、いくら何でも。
買血業者は、俺が子供の頃(30年程前)はまだいた。

362 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 22:25 ID:YIPEyOP5
スレ違いでスマソ
売血っていくらくらいで買ってくれたんだろうか。
青春の門とかでもやってたよね。子供の頃見てからずっと疑問だったんだよ・・

363 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 22:28 ID:k1lCRx2c
http://www.baiketsu.com/baiketsu/04.htmには、「プロ売血者」って言葉が出てるね。
流石に買血収入だけで暮しているという事はなくて、失業保険その他の収入もあるのだろうけど。

> 買血業者は、俺が子供の頃(30年程前)はまだいた。

暴力団が絡んでいる場合があったんだよね。常習者はドヤ街にいたからね。


364 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 22:30 ID:YIPEyOP5
スマソ
あったよ。昭和39年で400ccで1,650円だって・・・
ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9043/baiketsu/text0.html

365 :この子の名無しのお祝いに:04/01/11 22:52 ID:IPNvtCS+
話がそれるが、安藤昇主演の「任侠外伝玄海灘」でも
根津甚八が血を売っていた。
今は肝炎とかaidsとかが問題となっているが、今でもあるのだろうか?

366 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 04:16 ID:zJPmcLsU
>>364読んだけど、すごい面白かった。明日献血にいこうかな。
>>365 外国から輸入してるらしいよ。中国とか。国内は禁止だって。
森村誠一の小説に売血をテーマにした小説があるらしい。

367 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 06:53 ID:XAOwqKoG
>>366
禿同。深夜に読みふけっちゃったよ・・・
漏れもヒサシブリに献血行きたくなったけど、今薬飲んでるからダメだな・・(´・ω・`)

368 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 10:12 ID:31ipuhIi
今も売血はあるぞ。
いろいろと規制が厳しいから、生活の糧にするのは無理だが。

369 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 12:44 ID:LCEjUPR3
特攻任侠自衛隊
最終的に一人だけ生き残るんだけど、同じ仲間の自衛隊に
狙撃されて終わり。

370 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 17:20 ID:xewWmw/w
>358
これほど救いようの無い映画はないですね。
極妻よりも怖い岩下志麻が観れる史上最恐の映画です。


371 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 19:34 ID:XAOwqKoG
ブルークリスマス
年末に日本映画専門チャンネルで見たけど
激しく鬱になった

372 :この子の名無しのお祝いに:04/01/12 21:23 ID:8QTly/3H
>370
志麻さんのセーラー服姿の写真が出るシーンで劇場中が失笑してたの憶えてる

373 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 03:38 ID:QAIRMKBF
「藤十郎の恋」(38)
芸人のいやらしい根性が、一人の女を自殺にさせてしまう。
入江さんと長谷川一夫で良い映画でした。


374 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 15:25 ID:9JdqHo6w
木更津はTVシリーズも意外と後味悪い回多かったよ。
オジーが死ぬ話とか、ぶっさんが遺影になって終わる話とか
TVシリーズは視聴率がイマイチだったのもなんとなく納得
がいく話だと思ったけどね。
あと同じクドカンものでいうと池袋ウエストゲートパークも
結構、後味悪いエピソードが多かった気がする。

375 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 20:43 ID:Q1QIIcO0
「後味が悪い」と
「救いようがない」では
意味が大きく違うような・・・

376 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 21:32 ID:PnVX0cdj
懐かし映画とTVシリーズも
大きく違うような・・・

377 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 22:43 ID:PnVX0cdj
今CSの八甲田山鑑賞中。キツいよう・・・。
結局最後にはみーんな逝っちゃうし・・・

378 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 23:07 ID:mOhm72V1
>>377
伍長が生き残るではないか!

379 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 23:37 ID:p7Emlsws
>372
「悪霊島」のモナニーと並んで、2大マニア向け萌えシーンですな。


でも「この子の七つのお祝いに」の杉浦直樹には泣ける。
思い出しただけでも泣けてしまう。

380 :この子の名無しのお祝いに:04/01/13 23:58 ID:PnVX0cdj
八甲田、鑑賞終了。脱力。
なにもする気になりません。
とりあえず、冷えてしまった餃子も
文句いわずに食べることにします。

さてこのあと深夜に放送の「越後つついし親不知」を
録画予約して寝よう。

381 :この子の名無しのお祝いに:04/01/14 03:47 ID:6TFYUtVt
餃子はチ−ンしてくれろ
そっちのほうがきっとうまいから

382 :この子の名無しのお祝いに:04/01/16 21:39 ID:BU1h33se
「一万三千人の容疑者」を見ました。
「吉展ちゃん事件」をモチーフにしているだけに救いようのない結末でした。

383 :この子の名無しのお祝いに:04/01/16 23:11 ID:1D+gF9SS
仁義なき戦い 広島死闘編

ラストが・・・

384 :賞美人:04/01/17 01:19 ID:EDemAuNX
>>339, >>342
 検索くらい自分でするようにしようね。
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD18781/

>>340
 ハインラインの『人形使い』の映画化キボンヌ (^^)/。

385 :この子の名無しのお祝いに:04/01/17 08:32 ID:ZVtXETha
>>384
板違いだが
人形つかいは「ブレイン・スナッチャー 恐怖の洗脳生物」の邦題で
映画化済。ほぼ原作通りの物語になってるけど、それだけ。
テレビでも放送されてる。

「人形つかい ハイライン 映画」でぐぐれば出て来るよん。

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/4928/movie/movie05/movie044.html

386 :?@:04/01/24 01:55 ID:ANd68T4p
森崎東/山田洋次の「吹けば飛ぶよな男だが」1968 松竹
主演:緑魔子/なべおさみ

エジソンが映画を発明してからいままでに作られた全ての映画の中でおそらく
最もほろ苦い映画。とにかく緑魔子演ずる頭の弱い家出娘花子が可哀想で可哀想で…。

387 :この子の名無しのお祝いに:04/01/24 08:39 ID:T9SqfhkX
>>386
いろいろ検索してたら、ついつい結末を含めたあらすじまで
読んでしまった…確かに可哀想だ。
いかんなぁ、あの「goo映画」とかいうサイトは。

388 :この子の名無しのお祝いに:04/01/24 10:04 ID:8paH66r0
森崎の監督作も切ないのばっかりだよね。
俺は個人的に「街の灯」が一番涙きた。
でも、救いがないわけではないのでsage

389 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 05:49 ID:91TZJMYY
>387

キネ旬DBのデータを使ってるわけだけど、
あのあらすじ、ときどきとんでもなく大嘘書いてることがあるよ
全然別人を「犯人」とか言ってたり。

390 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 22:54 ID:tnmjGxk3
人情紙風船
昭和12年・山中貞雄監督


391 :この子の名無しのお祝いに:04/01/25 23:08 ID:HEeQqoYq
「武士道残酷物語」かな、
一応、希望のみえる終わり方はしますが、
途中、見ていてイヤーな気持ちになりすぎ。
でも、ヨロキンのスーツ姿がみれるので珍し。

392 :この子の名無しのお祝いに:04/01/26 00:48 ID:FOe/JXIh
>>389
人名の読みも全然違ってたりするし、結構いいかげんだよね

393 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 03:01 ID:WCP/+xvV
「Be Free!」
漫画原作の映画化なんだけど、
「漫画のメッセージが消化しきれないから、こんな風に面白おかしくまとめておくか?!」
って姿勢が透けて見えちゃった。
別にノーテンキな作品なんで、映画の内容は別に暗くないけど、製作姿勢が「救いようの無い」作品でした。

394 :この子の名無しのお祝いに:04/01/30 07:49 ID:FZzRH9Fg
「だいじょうぶマイフレンド」だろう。

395 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 08:41 ID:1zHVdpqD
>>393 >製作姿勢が「救いようの無い」作品。
それならたくさんありそう。
去年でいえばドラゴンヘッドとか天使の牙とか

396 :この子の名無しのお祝いに:04/01/31 20:42 ID:rBkWcigH
堤幸彦『! アイ・オー』
柴田恭平の演技があぶデカと全くおんなじ。
(他の作品でも一緒か?)
それはそれでいいんだけど。

397 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 01:45 ID:ZzFiYnBv
>>396
独り言。
堤の演出、大嫌いだ〜

398 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 05:47 ID:9Z3YLTcd
「十階のモスキート」「ときめきに死す」など


399 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 12:38 ID:DdRH4Ukw
「ときめきに死す」
は、公開時北野武がオールナイトニッポンで
「いいよ、あれ、右脳の映画だね、おもしろい」
と珍しく真面目に語っていた。

今考えると、納得。

400 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 13:18 ID:YnrPcuLW
>>396 堤に映画を撮らせるのは犯罪行為だと思っているのは私だけですか?
アイオーなんて劇場で見たけどあんなくだらん映画よく撮れるよな。
中身からっぽだし。いや、なんか怒りが甦ってきた。
RCの主題歌だけは良かったけど。

401 :この子の名無しのお祝いに:04/02/01 16:40 ID:hGAZG79/
堤のスゴイところは、1作ごとにパワーアップしていくことだな。


バカ堤のことを考えれば、小田和正など可愛いものだったと思う。

402 :396:04/02/01 17:13 ID:EKpMoDyh
>>397 400 401
確かになぁ・・・堤はドラマは面白いのに
映画になるとメチャつまらんよね。
しかも、面白かったドラマを映画化させると最悪・・・

403 :この子の名無しのお祝いに:04/02/05 03:04 ID:mzpou8ub
大島渚の「飼育」

今、スカパーで放送したのを観終わった。
もう、何も言うことは無い。ただひたすら、救いようが無い。
CSとはいえ、よく放送したもんだ。それだけが、救い。


404 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 00:56 ID:0Vfb1ibO
「その男、凶暴につき」
川上麻衣子が犯されてるシーン
あのタケシの目がたまらない。

405 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 01:00 ID:EHszxvWj
>>404
武が見つめるのは、我を忘れてクスリを探す川上麻衣子。

406 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 01:06 ID:Gufc+Nsp
鬼畜大宴会

407 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 20:11 ID:xqHuDo1l
「秘録長崎おんな牢」

磔姿の川崎あかねにハァハァ・・・もとい、同情。

408 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 23:10 ID:OSewf/Di
「ぼくらの七日間戦争2」
開発業者から無人島の自然を守るストーリーだけど、島の森の木を切って
アスレチックみたいのを作って開発業者をやっつける。
 オマエラが環境破壊してどうすんだよ。
 オマエラとは主人公たちと映画撮影スタッフ。映画撮影するのにどれだけ
環境破壊したんだ?

409 :この子の名無しのお祝いに:04/02/07 19:16 ID:WgSADnP2
そういえば「日のあたらない邦画劇場」ってサイトがあるな。

410 :この子の名無しのお祝いに:04/02/09 13:50 ID:7EDC5/bc
正午なり

411 :この子の名無しのお祝いに:04/02/09 21:12 ID:yQWQuDEX
宵闇せまれば

412 :この子の名無しのお祝いに:04/02/09 21:40 ID:PaATsd5f
「日本の悲劇」かなぁ

木下恵介の映画は案外救いのないのが多い気がする

413 :この子の名無しのお祝いに:04/02/10 02:20 ID:oUcgKUpt
勝新太郎の「とむらい師たち」。
主人公はラストまでハイテンションだが、
あとの全員が死んでしまう。
勝がいくら元気であっても、救いようのあるはずもない。

414 :この子の名無しのお祝いに:04/02/10 11:22 ID:J87tC/9/
「ウンタマギルー」・・・わけがわかりません。

415 :この子の名無しのお祝いに:04/02/11 03:26 ID:pis8jfns
上意討ち〜拝領妻始末〜
三船映画。痛快さもあるが、基本は欝。

416 :この子の名無しのお祝いに:04/02/13 01:38 ID:AL6KhVk1
作詞家、売野雅彦が監督した「シンデレラエクスプレス」
誰もこの映画は救えない、、、。

417 :この子の名無しのお祝いに:04/02/13 17:15 ID:u/WcCgsT
「幕末残酷物語」。タイトル通り

418 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 03:10 ID:rq7Kuigp
「乱れる」
スーパーマーケット計画はどうなる?

419 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 04:44 ID:Zej9+uE1
このスレの上のほうで出てた「実録銀座警察」
をビデオ屋でハケーン!
しかしもう2週間以上も借りられっぱなし…。
早く返却しておくれよぉ

420 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 10:53 ID:sTBYhv7+
冤罪ものはやっぱりやりきれなさ満タンですよね?
「松川事件」「証人の椅子」「真昼の暗黒」等々
なかでも「帝銀事件」の信欣三演ずる平沢は今でも
たまに夢に出ます。熊井監督にはあれを超える冤罪
物を早く撮ってもらいたいんじゃ!

421 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 22:08 ID:yxuZ8Vvv
>>419
見たいのか?
怖いもの見たさの気持ちも分からぬではないが…
漏れは子供の頃、深夜放送でやっていて
手油のシーンでとっさにテレビ消した。
しかしあまりの恐怖に体が硬直し2時間身動き出来ず…
今ビデオ屋であったとしてもとても見る勇気ない。
「この子の七つのお祝いに」も同様。
今では自分がヘタレだとは思うがマトモだとも思う。

422 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 23:12 ID:mqla/Qwg
>>421
「この子の七つのお祝いに」は子供のころ見て、
大きくなってから文芸座でやった増村保造特集でも再見したけど、
昔思ってた程怖くはなかった。

大田出版から出てる「東映実録やくざ映画 無法地帯」という本に銀座警察のことが
載ってるんだけど、ブタに食われるシーンとか安藤が死ぬシーンとか写真満載で
絶対見たくなくなる(w
しかし銀座愚連隊の事がいろいろ載ってて面白い。

この本に同じ銀座実録物として
「バカ政・ホラ政・トッパ政」という作品が紹介されてるんだけど、
この映画は評価的にはどうなのかな。救いようありますか?

423 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 23:31 ID:IXIMGBgt
救いようあるというか
やくざパロディじゃないの?<「バカ政・ホラ政・トッパ政」

424 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 00:38 ID:RpQ75f/U
>>やくざパロディ

そうなのか…
422に書いた本によると住吉会系の大日本興行という組織があって、
その組織の高橋輝男(銀座警察で安藤がやった池谷三郎のモデル)
が浅草寺清寺で射殺されたらしいんだけど、その時盾になって死んだ
桑原優という男がいたらしい。
その桑原という人と笠原和夫とが顔見知りで「バカ政」執筆の際に
(そのつながりからか)、
大日本興行をイメージして書いたとか
映画ラストの銃撃戦はその浅草寺清寺の事件にインスパイアされたとかあったので…

425 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 14:35 ID:TpC4VB2v
帝銀事件って映画になってたんだ。
知らなかった。
現場となった国民銀行椎名町支店は近くにあるので
一度見てみたい。
現場は今やマンションとなり売り出されている。

426 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 16:39 ID:iBWQeNpw
『積木くずし』の映画版、初めて見た。テレビ版は高部 知子主演だったけど、
映画は渡辺 典子主演。渡辺のツッパリ化が進行する過程で、浜崎あゆみ
に似てる時期があった

427 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 17:37 ID:VvEFRo1j
>>425
平山さんがなくなられたときに、テレビで上映していたなあ

428 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 17:38 ID:VvEFRo1j
平沢さんだった(^^;)

429 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 03:08 ID:LU26UwxM
平沢貞通さんですね。
帝銀事件は犯人が薬を飲む指導をするシーンが頭に焼き付いて離れない。

430 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 11:35 ID:lDobNZYv
帝銀もすごいけど、日本列島も頭にやきついてはなれない
特にスチュワーデス殺人と、宇野重吉が沖縄のごみためで
殺されていたシーン

431 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 13:34 ID:BiCZYzHr
百恵のP酒井政利って平沢貞通の息子だって。

432 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 20:56 ID:S73Z44Bd
信さん、あなたは平沢貞道の役をやるために役者になった人です。

433 :この子の名無しのお祝いに:04/02/20 17:12 ID:gDyRgfHF
男はつらいよ 第一作

434 :この子の名無しのお祝いに:04/02/20 18:06 ID:j20ICpLR
博奕打ち総長賭博
 鶴田以外みんな死ぬ。救いようが無く鬱確実(w
 漏れは大好きだが・・・・・

435 :この子の名無しのお祝いに:04/02/21 18:23 ID:JSwX6mYV
地味にのびてくなこのスレ…

436 :この子の名無しのお祝いに:04/02/21 19:58 ID:qQjfPFZQ
それだけ邦画には救いの無い映画が多いんだろうな‥‥

437 :この子の名無しのお祝いに:04/02/23 03:05 ID:aU9nz91k
「月山」。正月に見て一年分暗くなった。でもわりと好き。見た人いる?

438 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 10:24 ID:+p24Nd0P
鉄男って最後どうなるんだっけ?

439 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 13:31 ID:UJKMy28M
「湯殿山麓のろい村」。
登場人物は大人はもちろん、子供まで全滅(小学生が殺人で発狂)。
原作も救いのない話だが、全滅はしていなかった。

440 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 19:37 ID:DuZU7uux
神代辰巳の宵待草という映画をこないだ見たのだが、暗くて救いのない話だった。
高橋洋子がまたそれを助長してるような…
(ダムダム団という響きにはわらったけど。)

441 :この子の名無しのお祝いに:04/02/29 20:04 ID:1qsHHqbO
>>440
宵待草って長谷川和彦脚本だよね?
長谷川和彦の作品っていつも救いが無いような・・・
観たいなぁ〜。

442 :この子の名無しのお祝いに:04/03/06 18:47 ID:El+wcFp2
蜘蛛の瞳

443 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 22:13 ID:zUyrqeR+
昔新宿のバス放火事件を撮った映画ってありませんでしたっけ?
あの映画はどうですか。救えます?

444 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 22:27 ID:5MhfRDh+
「生きてみたいもう一度」だと思いますが、映画としてはできは今三ぐらい。
同じような題材で「衝動殺人 息子よ」のほうが面白いでしょう。どちらも
救いようがありません。

445 :この子の名無しのお祝いに:04/03/10 22:39 ID:+9uHD+03
太陽の子(てだのふあ)
をもう一度観てみたい。


446 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 12:55 ID:0GEPqtUc
映画じゃないが昔フジでやってた
実録昭和犯罪史は救いがないのが多かったな。
金嬉老とか三億円事件とか。

447 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 18:47 ID:SOdk+vHV
深川通り魔殺人事件のドラマもフジだったっけ?
川俣軍司を演じたのが大地康雄。
「マルサの女」のキャスティングに苦心してた伊丹十三の脳裏に
ふと、このドラマが思い出され…。

448 :この子の名無しのお祝いに:04/03/13 23:50 ID:0GEPqtUc
金嬉老はたけしだった。
三億円は織田雄治

449 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 00:25 ID:K8T4/Olz
実録ものといえば「連続殺人鬼 冷血」というのも。
勝田清孝の役が中山一也(クレイジー俳優)というのがさらに救いようがない。

450 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 01:00 ID:Kp/DdZn3
>>449
あの映画のレイプシーン好き。

451 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 11:58 ID:RxkDWDJo
>>449
消防の頃テレビで見たなあ

452 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 17:59 ID:DEHPmSxj
竜二、かな
「俺のために体、売れねえだろ?」
「弱い人間だからな、俺たちは」
「この窓から、なんにも見えねえなあ... 」
「たすけてくれよう、竜ちゃん」
「また全日空に乗れるんだね」
セリフの一言一句が暗杉

453 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 18:12 ID:AVaEFFbU
ぬるぽ

454 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 18:14 ID:DEHPmSxj
>>453 >ぬるぽ
「どうしたんだよ!それが!!!」

455 :この子の名無しのお祝いに:04/03/14 22:31 ID:2jA5IIQw
>>446
「金(キム)の戦争」ですね
ありゃおもしろかった。
あんなのを春の改変期のゴールデンで放送した
フジテレビをちょっとだけ見直した

456 :この子の名無しのお祝いに:04/03/19 17:13 ID:a0pZ3O5a
「リバティ」で実録銀座警察借りっぱなしにしているかた、
即効返却してください…せっかく発見したのに…見たいのに…

457 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 08:19 ID:17s9PB5J
↑中○住人ハケン

458 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 12:14 ID:44eZc+KC
どこにハケンされるの?

459 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 13:30 ID:V8AqdNn4
>>457
中○じゃなくて、早○田か高○○場かもよ。

460 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 13:37 ID:d2PS+sdY
「夜叉ゲ池」かな。
お姫様の白雪はすんごく綺麗だったので
お百合さんのヲカマっぽさが余計目立って
しまったね。
できればリメイクキボンヌ。

461 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 17:38 ID:It+gATD6
>>456
リバティっていうお店は行ったこと無いので、どういう貸し出し方してい
るのか知らないけど、
レンタルしたいビデオを陳列してあるパッケージから中身だけ抜きとって
カウンターに持っていく方式の場合は、
レンタル中になってるかどうか、一度、店員に確認したほうがいいよ。

何度足を運んでも中身が無い場合、長期延滞もあるけど、万引きされて
いることに店員が気づかないこともあるし、
ビデオを一旦は手に取った客が元通りに戻さず、手近なパッケージに
適当に入れてしまい、店員が気づかず、放置されてることもあるよ。

すでに確認済みor貸し出し法が違う場合は余計なお世話ですけど。

462 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 23:04 ID:VkXnXz5t
「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」「カバティ」

463 :この子の名無しのお祝いに:04/03/20 23:34 ID:+/dqkn8h
カバちゃん?

464 :この子の名無しのお祝いに:04/03/21 12:07 ID:TYk13q1y
熊井啓の「帝銀事件 死刑囚」と「日本列島」が挙がっているけど、
それなら「地の群れ」は?これこそ救いのない話…

465 :この子の名無しのお祝いに:04/03/21 16:11 ID:yAvTkHqw
幕末残酷物語
バカ戦車

466 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 00:03 ID:J/poOJVr
幕末残酷物語…新撰組の話だっけ。感想キボン

467 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 00:18 ID:QuWa1Kqq
>>466
ヒロイズムも正義もなく、個人的な恨みで新選組を引っ掻き回すテロリストの物語。
セリフでだけだけど、新選組内の衆道関係にも言及されている。
クライマックスは血みどろで爽快感なく、陰々滅々。



468 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 15:06 ID:CpVPkF2D
>>466
キャスティングが異様。
近藤を中村竹弥はまだしも、土方を西村晃、山崎を内田良平ってのは怖すぎる。
沖田は河原崎長一郎がやってるけど、それなりに人間味もあるが、
根は殺人マシーンって辺りが妙にはまっていてこれも怖かった。

469 :この子の名無しのお祝いに:04/03/25 15:17 ID:DdDonCRT
狂い咲きサンダーロード

どうしようもないけど
でも好き

470 :この子の名無しのお祝いに:04/03/26 15:56 ID:2SWynB04
ガイシュツかもしれんが、「アリエッタ〜いじめて ください〜」(監督・実相寺昭雄)に一票。
主人公の未亡人が夫の残した借金を返すため、
掃除のおばちゃん→水商売→風俗→SMクラブと堕ちていき、最後にとうとう・・・!!
懐かしに入れていいか微妙だが、エロ期待で観たら間違いなく鬱になるぞ。

471 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 00:39 ID:pj43qH/D
をいおまえら!
中野武蔵野ホールの最終上映日が5月7日になるそうだが、
最終日の最終回に

 「追悼のざわめき」

が上映されるそうだ。
この映画は中野武蔵野館で初めて上映されたらしい。

472 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 15:33 ID:JzKaaPs4
西村望原作の映画もだいたい救いようがないよなぁ・・・

「鬼畜」「薄化粧」「丑三つの村」「犬死にせしもの」・・・

473 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 22:46 ID:D2tSZR9x
>>472
『鬼畜』は松本清張が原作で、西村望の同名小説とは別モノだよん。

やはり救いのない懐かし邦画の『死んでもいい』(石井隆)は、元々は西村の「火の蛾」の映画化のはずだった。
池田敏春監督、高橋恵子主演の予定で。ところが、高橋恵子がヌードを拒否して製作中止。
納得できない石井が暇を見つけては勝手に脚本をアレンジし直してるうち、
原作とは掛け離れたものになり、石井自ら監督する別の作品として企画再スタートを経て完成した。

474 :この子の名無しのお祝いに:04/03/27 23:16 ID:pj43qH/D
http://www.geocities.co.jp/Broadway/7345/tuitou.html

475 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 00:54 ID:XawfF9au
>>473
池田版「火の蛾」って、これもまた中止になった石井隆+樋口可南子版の前
の話ですか?
完成した大竹しのぶ版「死んでもいい」でも、撮影中にディレカンが倒産するし、
いわくあり過ぎの作品だったね。

それといちおう、完成品でも原作クレジットは西村望「火の蛾」と入ってますね。

476 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 16:30 ID:gIEFnAuZ
既出かもしれないが武士道残酷物語
中村錦之助が切腹、追い腹、玉抜き、寝取られと
救いようのない羽目に陥る被虐の犬侍の子孫を
見事に演じきる。よく言われるラストの一抹の光明も
冷静に考えれば、婚約者を自殺未遂に追い込んだ
錦之助の末路は、体よく子会社の閉職に左遷され
てからクビだろう。全く救いのない作品だ。

477 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 17:56 ID:UWUowOtT
「死んでもいい」は樋口可南子も撮影に入ってるのに
途中降板しなかった?

478 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 17:57 ID:UWUowOtT
あ、すぐ上に既出でしたスマソ。

479 :この子の名無しのお祝いに:04/03/28 23:45 ID:JJsIF2ZX
地味な映画だけど「帰らざる日々」
江藤潤の人生があまりにも救われない。

480 :この子の名無しのお祝いに:04/04/03 09:01 ID:he6ZUtj8
「切腹」「拝領妻始末」に撃。
主要登場人物全員死亡。しかも無念。

481 :この子の名無しのお祝いに:04/04/07 10:04 ID:9YGaOFOO
「沙耶のいる透視図」
高木沙耶のオパーイ見たさにビデオをレンタルして轟沈・・・。
当時厨房だった俺にとって、死姦というのはあまりにもハードなテーマだった。
土屋怖すぎ。

482 :この子の名無しのお祝いに:04/04/07 11:58 ID:SiWL9B9X
http://www.vega.or.jp/~bazil/junkvideo/bushido.htm

クズ?

483 :この子の名無しのお祝いに:04/04/17 17:05 ID:gvJlH+6l
コンクリート

484 :この子の名無しのお祝いに:04/04/17 20:31 ID:4udXgb+l
出所祝い。仲代主演のやくざ映画だが、暗すぎる話。
主要登場人物ほとんど死亡。ラスボス丹波哲郎大勝利。
主人公仲代無期懲役という悲惨な話。

485 :この子の名無しのお祝いに:04/04/18 01:49 ID:J9PyULCZ
厨房の時
「ハーレム・バレンタイン・デイ」
「狼」
「さらば相棒」
の3本立てを観たが、
特に「ハーレム・バレンタイン・デイ」は、訳分からなかった記憶が有りまつ

486 :この子の名無しのお祝いに:04/04/18 02:01 ID:iAdJG4NU
>>479
藤田敏八なら、秋吉久美子が(メール欄参照)する「赤ちょうちん」がありますね。

487 :この子の名無しのお祝いに:04/04/19 00:45 ID:t6EpQ6lw
ブルークリスマスという映画が
すごいなぁと思いました。

488 :鳥てんかん:04/04/19 01:38 ID:kktvgHx/
>>486
秋吉久美子が(メール欄参照)する

489 :この子の名無しのお祝いに:04/04/19 14:17 ID:vUMk3Whq
千葉真一の「激殺!邪道拳」




490 :14才の戦争:04/04/19 21:22 ID:/XvB6y+I
秋吉久美子が(メール欄参照)になる


491 :この子の名無しのお祝いに:04/04/21 00:45 ID:VSOv0k6R
 救いのない映画といえば、「黒い画集/あるサラリーマンの証言」(65年、
堀川弘通)。浮気相手のために地位も名誉も家族も全て失う小林桂樹の名演が
忘れられません。ちなみに、私はこの希少なビデオを持っております。私は、
邦画ビデオコレクターで、「人情紙風船」ほか、救いのない日本映画をたーくさん
持っております。たとえば、戦前の「泣蟲小僧」(豊田四郎)の少年の不幸の極みの
映画なんぞ皆さんご存知ないでしょう。あと「小島の春」(豊田四郎)「秋立ちぬ」
(成瀬巳喜男)等、みんな知らんでしょう。私の知識に比べて皆さん、甘い!
ちなみに、私は大蔵新東宝映画はすべて観ております。なぜなら、昭和36年から
39年にかけてフジテレビ系列で、毎日のように放映してたからです。私はすべて
観ています。私より邦画に関する知識のある人はいないだろう。皆さん、甘い。

492 :この子の名無しのお祝いに:04/04/21 06:13 ID:22TwpAzD
>新宿のバス放火事件を撮った映画

っていったらまず「光る女」を思い出すのだが...

493 :この子の名無しのお祝いに:04/04/23 00:07 ID:GZP1WuHa
>>491
>私の知識に比べて皆さん、甘い!
>ちなみに、私は大蔵新東宝映画はすべて観ております。なぜなら、昭和36年から
>39年にかけてフジテレビ系列で、毎日のように放映してたからです。私はすべて
>観ています。私より邦画に関する知識のある人はいないだろう。皆さん、甘い。


あなたはすごい人だ。
ぜひテレビで得たその知識を役立ててください。

494 :この子の名無しのお祝いに:04/04/25 14:54 ID:3khRehoL
森下愛子主演の「18才、恵子の場合(だったかな)」という映画。
女性の転落物語。エロ期待で見たら、激しくうつになった。

495 :この子の名無しのお祝いに:04/04/27 19:21 ID:CkVXkAwv
黒い画集/あるサラリーマンの証言てこないだ東山がドラマでやってた。
なんか全てを失ったわりにさわやかな終わり方だったな。

496 :ラジオ関東:04/05/03 00:03 ID:YfXbcXC0
>>260 「逃れの街」は、なんか「青春の殺人者」の焼き直しみたいでショボイよね。

497 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 00:32 ID:C3bFxXyf
>>495
東宝の「黒い画集」三部作は、「あるサラリーマンの証言」「寒流」「ある遭難」、
すべて救いがない。
「あるサラリーマンの証言」は、小林桂樹の破滅に加えて、結局、最初の殺人の真犯
人はわからないままに終わってしまう。
「寒流」も、そもそもが主人公の池部良に不倫をしていた弱みがあるので、
当初から敗北を宿命づけられていたと言えよう。
「ある遭難」では、香川京子が土屋嘉男に事件の解明を依頼したばかりに、
土屋も伊藤久哉も死んでしまう。とにかく3本とも後味悪し。

498 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 07:16 ID:xKI7fP3S
ゆきゆきて神軍

499 :この子の名無しのお祝いに:04/05/03 15:14 ID:IX/wmn/T
>>497
まるで清張映画?と思ってしまうような「白と黒」
「あるサラリーマンの証言」の堀川監督と橋本忍脚本の
オリジナルだけれどこれも後味悪かったなあ
それも最後の最後に…
しかしめちゃめちゃおもしろかった
浅草東宝のオールナイトで眠かったのに目が冴えた!
ぜひなんとかしてソフト化して欲しい

500 :この子の名無しのお祝いに:04/05/04 00:24 ID:zE47D84f
今でも妙に印象に残ってるのが
「数学できんがなんで悪いとや!」の台詞が」はやった「高校大パニック」
受験生が猟銃を手に高校に立てこもる話なんだけど なんかねー物悲しいんよ


501 :この子の名無しのお祝いに:04/05/04 21:15 ID:NPE9lLzE
錦之助の「地獄変」が出てないみたいだな。
あと、フランキー堺の「六人の女を殺した男」だったかな?
最後、捕まって護送されるフランキーが、むしろ清々とした表情
をしていたのが印象的だった記憶がある。

502 :この子の名無しのお祝いに:04/05/04 22:22 ID:Hy9cOWGU
やっぱ、実写版ドカベンでしょう!
親父に駄々こねて連れて行ってもらった。

父ちゃんごめんね。

503 :この子の名無しのお祝いに:04/05/08 09:26 ID:qBszyAEz
今関あきよし監督 持田真樹主演「すもももももも」
編集の段階で自分の好きなシーンだけ繋ぎまくったらしく、ストーリーも何もかもが破綻してて話にならんかった。
映研の学生が初めて作った8m映画並み。あんなのが劇場公開されるんだもんな。ある意味スゲー。
当時の持田真樹ちゃんはもうこの世の物とも思えん可愛らしさだったので映画の出来が余計イタかった。
「やっぱ今関はダメだ。最高の素材を用意しながら最低のオナニー映画撮りやがって。今後あいつの事は今関ズリよしと呼ぶ」
とかバイト仲間の回覧ノートに書き込んだのが懐かしく思い出される今日この頃・・・・・・女子中学生の援交で捕まってやんの
。そうか、オナニーだけでは気が済まずに実際に買ってもいたのか。合掌。

504 :この子の名無しのお祝いに:04/05/08 14:28 ID:EUQlmXEg
昨日「ブルークリスマス」みたよ。
あんなに個人の無力さを感じさせられる映画はないね。
関係者が続々と○○されてく展開がこれでもかこれでもかと追い討ちをかけ、
まじで欝になるラストへ向かっていく。
今じゃ、あんなに救いのない映画は作れないだろう。
しかし倉本聡って、ああいうの好きだったのか。

505 :この子の名無しのお祝いに:04/05/08 23:41 ID:3rSn0Ime
>>504
倉本聡ってそうだと思うよ・・・時計って作品も努力が報われない感じの内容だったし
この人って人の不幸で感動させようとしてるのが見えて好きになれない

116 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)