2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

榎 本 喜 八

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/23 23:57 ID:OnmljYBW
統合失調症を患いながら18年間の現役生活を全うした天才打者。
彼が殿堂入りできないのは、やはり障害者差別のためなのだろうか。

新人王(55)、首位打者2回(60、66)、最高出塁率1回(66)。
ベストナイン9度(56、59〜64、66、68)受賞。
オールスター出場12度(55〜63、64、66、68)、66年第2戦MVP。
通産打率.298

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 00:00 ID:QkUh94eB
           | 2getさせてもらいます
           \_ ___________
  __          ∨
/  /|             ∧ ∧    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ̄ ̄|/|            (゚Д゚ )   <狙ってたのに! 
| ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|\_      ⊂_|___ |
| ̄ ̄| |___| ∧_∧ ̄ ̄ ̄  ////|.\_____
| ̄ ̄| |___|(    )____| ̄ ̄ ̄|/|
| ̄ ̄      ( ○  )      ̄ ̄ ̄|  |
|          | | |          |  |
|           (_(_)          |/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 01:51 ID:IGEuLFpT
病気だったの?なんか野球界から完全に足を洗ったみたいな
ことはきいたことあるが

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 03:38 ID:/mGu6glM
ずっと精神病院入っておられるよ。

5 :大毎オリオンズ:03/10/24 03:38 ID:3GWKUZzV
すいません統合失調症ってどんな病気なんですか?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 03:44 ID:/mGu6glM
精神分裂病の呼称が変わったんですよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 05:36 ID:3GWKUZzV
そうだったんですか・・それはお気の毒ですね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 07:31 ID:NMepcQf5
>>4
それは嘘だろ。今でも中野の自宅に住んでると聞いたぞ。
現役当時の落合を評して「彼はロボットが違いますから」と意味不明の評論をしたのは有名。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 07:50 ID:bLOEKR7c
ロボット(・∀・)イイ!中の人みたいなもんかw

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 08:31 ID:a0nsymg6
>>9
まさに「中の人」(精神的な)みたいな意味で使ってたよ。その記事読んだことがある。
昔のナンバーの編集長がインタビューしたものだった。
その表現以外はかなりまともだったぞ。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 08:56 ID:BiZCnrj4
榎本氏が統合失調症だったとは、恥ずかしながら知らなかった。
お気の毒に。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 18:39 ID:9KvMGiKr
王の2倍は練習した by荒川

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 19:10 ID:BGH9TeEq
病気になったのは引退後なの?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 19:46 ID:sYpUmr9H
榎本喜八伝説
http://517.teacup.com/17320508/bbs?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 22:06 ID:YRYHgGxq
沢木耕太郎の若い頃のルポにかかれてたね、この人。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 01:33 ID:rvJ5feiz
山際淳司も書いてたよ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 02:32 ID:nUC2rtoJ
まだ存命中だから表に出せないこともあるのだろうな。
その日のために原稿を書きためているスポーツライターも多いと思われ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 23:10 ID:pThJ+MdG
東京スタジアムの解体工事を見守った話が東京球場スレに書いてあるのを見て感動した

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 00:37 ID:+WV2UaZZ
>>18
およそ20kmの道程を走って通っていたそうだ。

やはり只者ではない。。。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 02:56 ID:Rd0F4lIg
Q: 榎本喜八さん(元大毎)は昭和生まれで2000本安打をクリアしているはずですが、なぜ名球会会員ではないのですか?
A: 榎本選手は病気療養中です。ご家族の意向により、あまり表に出てきておりません。

名球会ホームページ
ttp://www.meikyukai.co.jp/newqa/qamei01.htm

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 03:41 ID:CBCoKjOp
 ベンチで座禅組んでいたんだっけ。
 全盛期をぜひとも見たかった選手の一人。当時の映像はないものか…。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/26 13:04 ID:Rd0F4lIg
ぼんやり構えていたら体が死にます。

頭の中で飛んでくるボールを描きます。

すると両腕の中の血がじんじんとバットに流れこむんです。

だからバットを折ったら中から血が流れ出すんです。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 02:54 ID:dpt4obKd
>>22
その文章怖いな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 04:01 ID:h7PViTBE
こっこみたいだ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 06:39 ID:zSCEG6al
臍下丹田に気を集め、五体を結ぶのが理想age

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 07:43 ID:NAl6UjVq
光よりも速くバットを振るのですage

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 22:14 ID:/uyzQDII
榎本喜八って名前もなんか凄い

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 20:45 ID:4QQUK7cd
榎本が入れないというところで殿堂入りがどの程度客観的に決められてるか知れてくる。
よほどの例外を除いて、プレイヤーとして成功しただけじゃだめみたいだね。
コーチや監督もやって野球界に根を張らないとダメっぽい。
かなり政治的に決められてる気がするよ。
関根順三が殿堂入りで榎本がダメ。。。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 21:41 ID:SZpoNZd+
>>28
関根は投手で50勝、打者で1000本安打達成した天才だ。
おまいの言いたい基準からするとちと当てはまらない。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/28 22:10 ID:4QQUK7cd
>>29
>>投手で50勝、打者で1000本安打達成

こういうのは天才とはいわないと思う

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 10:18 ID:HAkf0Jkn
投手と野手の両方でオールスターに出た唯一の選手だぞ>関根

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 12:59 ID:CyA2QBGE
関根ってけっこう怖いというか厳しい人だったらしいね。
広島のコーチ時代は鬼軍曹そのもので衣笠あたりはかなり泣かされたらしいし。
今の好々爺然とした風貌からはとても想像つかんが。

スレ違い失礼。
榎本はもう表舞台に出てこないから、漏れの中では「生きた伝説」みたいな印象になってる。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 13:42 ID:MYsRR1Ni
バッターボックスの中に内堀と外堀を作るage

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 23:05 ID:Yqo1WcMV
現役時代の実績はともかく(1000本安打した時点で野球人としては成功してると
思うが)、関根さんは日本プロ野球に充分に貢献した人だろ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 23:19 ID:6jFNeph6
関根って監督6シーズンやって勝ち越し1回もなかったんだよね。
監督としての功績ってことでもないんだろう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 23:20 ID:VNwmiEKn
数年前、日刊ゲンダイの「あの人は今」でインタビューに答えていたよ。
コーチもやってみたいんだけど声がかからない、とか(笑)

精神疾患の噂は現役当時からあった。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 00:28 ID:npQ28jKy
今でも現役復帰の為にトレーニングしてる、とか
伝説にはことかかない人ですよね。

だからこそマスターズリーグに出てほしいと思うのですが。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 00:43 ID:hrJ02eHI
高卒新人ながら開幕戦で5番を打った
終盤に回ってきたチャンスでは次の打者がベテランの本堂にもかかわらず
敬遠されるほどだった

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 03:09 ID:foHcaLDj
3年前に出たナンバー増刊『プロ野球 大いなる白球の軌跡』に
ロングインタビューが載ってる。

ベンチで座禅組んだ真相や臍下丹田の理論も詳しく語られていてかなり面白い。
このスレの人は必読と思う。
ページ開くとランニングにパンツ一枚で鉢巻締めた榎本さんが
物凄い顔でバッティング練習してる写真だったから、度肝抜かれたw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/30 20:19 ID:z5N1x5pb
「スランプ」ではない、「壊れた」sage

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 00:47 ID:PMew3DHJ
名球会なんてしょせん金田のおもちゃなんだから、どうでもいい。
それより殿堂だな。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/31 07:06 ID:xhKOFlYh
殿堂も。。。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 15:20 ID:ImrM8VZd
日ハムの関根って、潤三の息子じゃないのか?
入団発表の時に、開口一番「父がいつもお世話になっています」って
言ってたからな(笑わそうとした節があったが、報道陣はシーン)。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 16:28 ID:fw6vWNq+
榎本喜八で姓名判断してみた

総合
才能があり、負けず嫌いで、強い信念と決断力をもって前進する人なので、指導者の立場に立ちやすいでしょう。しかし、権力志向の面があるために、敵もつくりやすいでしょう。謙虚さを忘れないようにすれば、地位、名誉、財産ともに栄えていくことでしょう。

仕事
人の世話や仲介をしてお金が得られるというサービス関連で頭角を現します。力強い運気の勢いはありませんが、着実に地位や財産を得ていくでしょう。

愛情
気が短く、少しのことで腹を立てるところがあり、家族ははれものにさわる思いをする傾向があります。また、家族や夫婦の縁がうすいという暗示があり、住居の移転も多くなりそうです。

外見
仲間の中で、とても目立つ存在です。凶を吉に変えるほどの強運の持ち主で、みんなからたよられて、指導者的位置に立って引っ張っていきます。ただ、補佐役には不向きです。

性格
意志が強く、頑固なまでに貫くタイプです。たとえ困難なことがあったとしても、目的成就のために、がんばり続けます。意固地にならないようにすれば、人間関係も良くなるでしょう


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 16:49 ID:Qs7m9yog
入団テストで、1回もバットを振らず見送り、それで合格。
榎本もすごいけど、取るほうもすごいよな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 22:17 ID:kuGuZ1Ju
引退後どうやって生計を立てていたのかが素朴に疑問なんだけど???

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 23:08 ID:f6qp2T3g
安部穣二が不良少年だった頃、コネでプロの練習にテストがてら参加させてもらった
ことがあるそうだ。バッティング練習のとき、マシンのない当時だから当然安部なんか
打席には立たせてもらえない。そのとき新人にも関わらず打席に入っていた選手が
同じくテストで入団した榎本喜八。その打球を見て彼我のあまりのレベル差にいっぺんで
プロ野球選手をあきらめたそうだ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/01 23:42 ID:Y/+vYFhk
>>45
いくらなんでもそれは嘘だろ。

>>46
土地持ちなので悠々自適らしい。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 01:33 ID:v4RNhP45
>>46
実家は中野区内(最寄の駅は西武池袋線の富士見台)。
元々の先祖代々の田んぼがあった土地の価値が高騰。
そこに、マンションを建て、家賃収入で生活していました。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 02:13 ID:5hn9QbJF
>>49
いいなあ。
でも、プロのスター選手は現役中に一生食うだけは稼いでるよ。

51 :愛甲猛:03/11/02 04:31 ID:9W4ZYRrA
>>50
俺はそんなに稼いでないぞ。
借金取りに追われる毎日だ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/02 05:46 ID:Kw5C/WOm
↑あんたは金遣いが荒いだけw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 08:29 ID:kD0IK0MP
ここに来るようなヤシは文春ビジュアル版とかは読んでるんだろうな・・・

>>21
というわけでその文春ビジュアル版の豪打列伝にバッティングの
連続写真が載っている。バッティングフォームは左打者のお手本
として少年野球でも教えられていたそうな。確かにきれいだ。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 20:13 ID:jSjBE/ks
ttp://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/6638/kihachi/

↑1枚ものだけど、榎本のバッティングフォームです。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/05 20:51 ID:qVHDHXto
榎本って一時期
「自分の脳裏にバッティングをする姿が映り、まるで夢を見ているように打てた」
「神の域にたどり着いた」
とか言っててそのころの成績はものすごいものって聞いたことある。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/06 06:33 ID:YWw0o35a
>>55
脳裏じゃなくて「臍下丹田」。

「臍下丹田に、自分のバッティングフォームが映るようになったんです。
ちょうどタライに張った水に、お月さんがきれいに映る感じ。寸分の狂いもなく、
自分の姿が映って、どんなふうに動いているのかまでよくわかった。
ボールがバットに当たった瞬間から、バットに乗っていくところもよくわかった。
すると、どんなボールに対しても、自分の思い通りに打てちゃう。
それまでは、タイミングは合った、狂ったと一喜一憂してたけど、この時期は
相手とのタイミングがなくなったんですよ。最初からタイミングがないから、
タイミングも狂わない。だから、打席で迷うこともなくなったんです」

天才詩人の言葉は大切にしましょう。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/07 15:09 ID:I7mqfm3p
デムパ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/08 17:50 ID:juuLRSrH
稲尾さんも42勝した年は、打者のねらいが完全に予測できたし、
ボールが離れる位置もイメージでき、すぐに修正できたらしい。
稲尾さんと同じように、榎本さんも達人の域に達したようですね。
そのような人だから、軽々しく技術論を語ることができないのかも
しれませんね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 02:00 ID:mW/gN3c9
 4回裏、先頭の榎本喜八が登場すると、拍手がひときわ大きくなる。それに応えてなのか、
 バッターボックスで構えに入った榎本が、言語表記不能な奇声を発した。
 「いいねぇ、きはっつぁんはああじゃなきゃいけねぇ」
 ビックリしている私を後目に、オヤジさんは3本目のビールをアオリながら嬉しそうにうなづいていた。
 ttp://members.jcom.home.ne.jp/darakyu/passingdays.htm

一度聞いてみたかったなぁ…



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/09 16:08 ID:vfDqLdJW
>>59
リンク先は、フィクションの物語として書かれてるようだが(主人公がタイムスリップしてるし)、
榎本は実際に、試合中、奇声をあげたりしてたのしてたのだろうか?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/11 22:52 ID:Lsx2C7SW
榎本喜八=前田智徳

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 04:19 ID:24hrNxN9
>>60
剣道とか柔道でもそういう奇声ってあるじゃん。
もっとも今の選手がやってもスタンドがうるさくて聞こえないだろけど。

63 :60:03/11/12 21:45 ID:J8cMutQ/
>>62
ああ、そういうタイプの気合を入れるタイプのものですか。
「奇声」と言うので、何だか、もっとヤバそうな感じだったのかと思いました。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/12 22:08 ID:nvpxuENt
極意を掴んだ劇的な経験といえば、イチローを思い出したよ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 02:16 ID:+87IqyRH
イチローも電波発言が増えてきたね

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 07:24 ID:XDwqAvO/
イチローは孤独な男
本人の前にチチローが廃人になってそうだが…

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 08:08 ID:BiGX5vxi
ひとつの道に全身全霊を傾けて精進し続けてきた人間には、
常人には見えない、感じ取れないものが感得できるということなんだろうか。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 08:15 ID:XDwqAvO/
逆もあるだろう。
偏執狂的に何かに没頭するためには、性格的なある種の欠落も必要。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 08:47 ID:O/Zm/HuD
川上哲治も人格障害っぽいしな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 17:16 ID:3BIkoPTc
>>66
昔、サンTV(神戸のUHFTV局)の上沼恵美子の番組で
人生相談のレギュラーをしていたチチローさんが懐かしい。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/13 21:00 ID:dayK0evj
10年位前にロッテに在籍してた外国人マックスの打撃フォームは
榎本氏のそれにクリソツだったらしい

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/14 00:27 ID:FPTWfdYj
>>68
申し訳ないけど、イチローは性格的にある種どころか欠落だらけだろ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 11:41 ID:7xiINo7C
>18,19
元プロスポーツ選手が、自分が活躍し、給料をもらい、思い出のあった所を訪ねるのは、
フシギでもないと思うんだけど。

沢木や山際などが書いた文章で、榎本=奇人、天才と紙一重というレッテルを貼られてしまった様な気がする。

引退後、コーチの声が掛からないかと思って(体力維持のため)、思い出の東京スタジアムまで走っていたとか。

ナンバー増刊 「プロ野球 大いなる白球の軌跡」 から、
榎本さんのインタビュー記事を見てみると、凄くまともな人ですよ。


「・・・・・・両手首の腱鞘炎やら、足腰の衰えで体力が続かなくなっていたんですよ。

バッターボックスでハッっと思ったら、グリップの位置が下がり、真綿を踏むように運んでいた足がアウトステップしている。
『ストライク、バッターアウト』という声に、ブルブルッて震えるようになっちゃたしね。
臍下丹田に鎮めた気持ちが、肩に上がっちゃって、何だか気持ちもプカプカ風船みたいに浮いてるの。
ああ、もう野球生命の終わりだなと思いました。

若い人は出てくるし、試合からは外されるし、それでも2人の息子のお父さんとして家庭を守らなきゃいけないし、
『ヒットが打ちたい』『ヒットが打ちたい』。そう思ってバットを振り続けて、気がついたら、バットを握ったまま涙なんか流してんの。
切なかったねぇ」


野球生命の終わりを悟った榎本は、若い選手にコーチを始めるが、戦後生まれの世代とギャップがあった。

「でも、言葉が通じないの。『臍下丹田』も『五体を結ぶ』もわかんない。

それに、昨日、基本をやって、今日また同じことをやろうとしても 『それは昨日習ったから、次を教えて下さい』 なんて言われてね。

野球でも、学問でも一緒だと思うけど、『基本=応用』で、基本を繰り返して身につけてこそ、応用ができるわけでしょ。
なのに、基本を教えようとしたら、逆に、型にはめるって言われちゃうし。
つくずく絶望しちゃったんですよ」

で、時代遅れの老兵となった榎本がフラストレーションがたまり、ベンチ裏や家庭で暴れ・・・・・・奇人変人のウワサがながれ、
コーチとしても使いずらそうということになり、野球界との付き合いがなくなって、伝説の野球選手として語り継がれているって事かな。














74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 15:11 ID:yy6+BVhy
>>73
>「でも、言葉が通じないの。『臍下丹田』も『五体を結ぶ』もわかんない。

そりゃわからんでしょ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 15:47 ID:5nTjRBNk
言語新作は統合失調症に特有な症状だよ。
自分にしかわからない理論や用語を使って独自の世界を表現する。
「ロボットが違う」なんてまさにその典型。
本人は大真面目なのだろうが、教えられる側の選手はたまったもんじゃない。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 18:35 ID:plnE9LqH
分裂というより、アスペルガーだったのでは?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/17 00:06 ID:62p/IzqS
臍下丹田ぐらいは知っとけよと思うが。

79 : :03/11/17 22:37 ID:VTCI12Ot
>>78
同意。知らないほうが責められるべき。
しかも何十年も前の話だろ?
今だって武道やってる奴なら常識だし。

五体を結ぶってのは彼の造語なの?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 01:29 ID:qXSaNp3s
>>79
普通知らないってば・・・。みんながみんな武道なんかやってないんだし。
臍下丹田で通じないならヘソの下と言葉で言えばいいこと。
お前のほうが少しズレてるぞ。

あと、五体を結ぶっていうのは造語というより、五体を結ぶことにより云々ということを榎本が言いたかったってことだろう。
五体なんて言ったって一般的には通じない。
ちなみに五体っつーのは、頭、右手、左手、右足、左足、これで五体。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 02:22 ID:TVHmadbN
 下世話な話だが、この人の奥さんってどんな人だったのだろう。
 ものすごい美人だったとか、プロポーズは一言もなくて試合でのホームランが
プロポーズ代わりだったとか、そんな逸話があるのではと勝手に想像。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 02:32 ID:2Loygs9+
確かに、榎本の言葉の使い方は、一般的ではないカも知れない。
しかし、このページに書かれた患者の言葉の使い方とは、また大きな違いがあるように思えるのだが。
ttp://member.nifty.ne.jp/windyfield/neologism.html

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 07:13 ID:qXSaNp3s
>>82
まあ、患者とまで言ってしまったらさすがにスポーツ選手として活躍できないっしょ。
野球ってチームプレーなんだし、そこまでおかしかったら選手として大成できないはず。
長嶋だって相当おかしな言葉使ってるぞ。
「ワン失点」とかわけわからん造語使うし、人の名前間違えまくるし。
でも、周囲が長嶋が言うことだからっていうので暖かい目で見てくれる。
その違いなんじゃないかな。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 08:45 ID:n91N6mnB
>>82
報道された発言がそのままでも全てでもないと思う。
少なくとも名球界のホームページには「病気療養中」で「家族の意向」により
外部との接触を断っているとはっきり書いてあるのだから。

>言語新作が私たちにとって魅力的なのは、その言葉の奇妙さのせいばかりではなく、
>その背後に壮大な「狂気の世界」を予感させるからだろう。私たちの使っている
>既成の言語では表現できなかった世界とはいったいどんなものなのだろう。

「狂気」のバッティング理論というのも確かに魅力的だよな。
われわれが榎本に魅かれるのも神秘性というまさにその一点に尽きると思う。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 12:54 ID:ire+vomw
>>83
『臍下丹田』や『五体を結ぶ』というような説明の仕方を本で読んで、
使う言葉のタイプこそ違えど、一般的に言うと分かりにくい言葉で
説明するという点では、長嶋に近い感じなのかなと思ったことがある。

だから、篠塚や福留には、長嶋の打撃指導が分かりやすいと思えたように、
打撃の基本が身についている人間には、ひょっとしたら上手く通じるのではないかとも。

とは言え、山崎裕や有藤クラスの選手でも、「榎本さんの言うことを聞いていると、
剣道の達人の話を聞いているみたいな気になるんだよねえ……」と
頭を抱えてしまったことを考えると、長嶋語とは、やはり異質なものだろうか。

>>84
長年、榎本に関しては不思議に思っていたことが、2つあった。

(1)打撃コーチを務めたいという希望があるのに、なぜ名球会にもOB会にも顔を出さないのか。
(2)基本的に、取材に応じないという姿勢なのに、なぜ稀には取材に応じるのか。

最初は、人付き合いの煩雑さが嫌いなタイプで、会合に出席せず、取材も拒否しているのだと思っていた。
それならば、元ヤクルトの村田元一のように、「一切」取材に応じず、表に出てこないというのなら分かる
(村田は、現役時代、嫌なことでもあったのか、退団時に、自分の選手としての記録を
 全て抹消して欲しいとまで言った人である)。

しかし、榎本の場合、たまに運の良い記者が、取材をすることができ、それに対する受け答えも、
(独特の言葉を使いはするが)柔らかな物腰で、決して取材を嫌っている風でもないので、
いわゆる「人間嫌い」というわけではないように思えた。
また、現役時代のエピソードを聞くと、決して社交的なタイプとは言えないものの、
決して人付き合いを拒むタイプではなく、他のチームメイトとも普通に接しているように感じられた。

それゆえ、そのような人物が、打撃コーチになりたいという希望を持ちながら、
なぜ、名球会やOB会に、顔を見せるくらいのことはしないのだろうかと不思議でならなかった。
榎本の性格からして、自分を積極的に売り込むことは良しとしないかもしれないが、
かつてのチームメイトたちと会うのは、決して嫌なことではないだろうにと。

だが、名球会のHPに書いてある「家族の意向」が事実であるならば、この疑問は解決する。
要するに、人前に出られる精神状態ではなかったのだろう。
しかし、榎本自身には、野球に対する思いがある。
だからこそ、家族の人たちも、精神状態が良好な時は、
榎本の気持ちを考え、取材を受けさせるようにしていたのではないだろうか
(だから、取材をすることができた記者は、タイミングが良かったということである)。

そして、近年>>73の「プロ野球 大いなる白球の軌跡」のような、大掛かりな取材を受けることが
可能になったのは、状況が好転してきているということだろう(……と思いたい)。

しかし、このような文章を書いて、こう言う資格はないかも知れないが、
名球会のHPは、配慮を欠いているのではないだろうか。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 19:31 ID:7gygbzQd
>>85
長嶋語は基本的に擬音だから。
対して榎本氏は「榎本流打撃術」とでも呼んでいいような、言うならば「道(タオ)」。
本人も「芸」から「道」といってたような。<ナンバー別冊

それと名球会やコーチングスタッフの件、単に避けられてるように思われるのだが。
(最後の1年は西鉄に在籍したが事実上「放出」だったように思われてならない)
球界関係者(元チームメイトとか)で今でも親交のある人がいれば、長いこと氏を見てきた人の
話が聞いてみたいなぁ。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 20:33 ID:ZS3LYzOA
>>86
コーチングスタッフの場合は、避けられたというのは、事実だろう。
荒川博は、ヤクルトの監督になる少し前に、「僕が監督をするにあたり、榎本に打撃コーチを
させられれば良いのだけど……」と、榎本の精神状態が不安定なため、それができないという
ニュアンスで語ったことがあるらしい(『さらば宝石』より/沢木耕太郎・新潮文庫『敗れざる者たち』に収録)。

これに対し、名球会やOB会は、特に拒んではいないのではないのだろうか。
コーチとなると1年間、共にペナントレースを戦わねばならないので、深い付き合いをせねばならないが、
名球会やOB会は、基本的に、その1日限りの付き合いなので、さして支障がないし、
金田の立場からしても、2000本安打を達成した全ての打者が参加してくれた方が、
名球会に権威が付くので、ぜひとも榎本には、参加して欲しかったと思える。

毎日オリオンズOBにとって、榎本のことが、絶対に口にしたくないタブーになっているかと言うと、そんなことはない。
沢木耕太郎が『さらば宝石』を書いた時も、西本、荒川、田宮、山内、葛城、醍醐といったOBが取材に応じている。
特に、醍醐は、榎本のことを尊敬の念を抱いていたようだ。

ただ、その醍醐が、「今でも、榎本さんのことを揶揄するようなことを言う若い選手たちを見ると、
ブン殴ってやりたくなります」と語っていたところを見ると、榎本引退後も、彼の奇行のことは語り継がれ、
オリオンズ内部でも、榎本は、「変わった人」というレベルを超えて、
統合失調症か何かのように捉えられていたものと思われる。
だからこそ、西鉄にも放出されたのではないだろうか。
そして、この手の噂が他球団に広まれば、当然コーチとして雇おうとする球団もなくなるだろう。

88 : :03/11/18 23:18 ID:PmzxUbnM
>>80
現在50歳以上の人に臍下丹田を聞いてごらん。
大抵の人は判ると思うよ。確かめたわけじゃないが。
その時代には常識的な単語だったと思うけどね。
単に彼にとっての常識が、下の年代の人には通じなかったってだけ。
いつの時代も、何処にでもある光景じゃないの?
精神的な問題と結びつけるのはちょっと無理がある。

あと榎本は戦前の生まれ。当然武道は必修、なはずだけど
36年生まれだとどうかね・・・

89 : :03/11/18 23:21 ID:PmzxUbnM
それから余談だけど、
武道においては「臍下丹田」と「臍の下」では意味合いが全く違う。
別にだからどうってわけじゃないが。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/18 23:42 ID:qewqbOMd
>>88
臍下丹田という言葉を使って分かってもらえないなら、
分かってもらえるような言葉に言い換えて説明するのが、
「教える」ってことだし、それができなければコーチなんて務まらないよね。
臍下丹田という言葉が分からない者を、無知と罵るのは簡単だけど、
それじゃコーチは務まらない。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 00:19 ID:ePhID9ND
>>88
>大抵の人は判ると思うよ。確かめたわけじゃないが。
まずお前が確かめてから言ってくれ。説得力無さすぎる。

あと、臍の下じゃなければ臍下丹田がどの部分かをわかりやすく説明してみなさいよ。
「気の集まるところ」とかアホなことは言わないでどこにあるのかわかりやすく説明してくれ。

言いたいことはわかるけど、いくらなんでもアンタのいうことは細かすぎる。
普通は「臍の下あたり」で通じるはず。
まあ、通じるっつっても、臍下丹田という言葉自体が一般的には通じないと思うけど・・。

92 : :03/11/19 00:45 ID:77xUPt3A
>>90
確かにコーチには不向きだね。
ただそれだけで精神的な問題にまで言及するのは、
おかしいと思う。
俺はそれが言いたかったが、言い方がまずかったかな。

>>91
母(54歳)は知ってました。
思いついたら、あなたも回りの年配の方に聞いてみてください。
臍下丹田は、アホと言われようが「気の集まるところ」。
他に言いようがない。
細かすぎると言われたら、それ以上何も言えないね。


スレの趣旨からずれすぎるのでやめる。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 00:58 ID:2yZbt4GR
榎本が統合失調症であったという根拠って何なんだろう?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 11:05 ID:ASH5YAR2
>>87
醍醐猛夫か…榎本は確か早実の先輩にあたるはずかと。
直接の先輩後輩を差し置いても、尊敬という言葉が出たので正直ほっとしました。

名球会に関しては家族の方の意向が強いのかもなぁ。
(必ず名前が挙がるほどの伝説の名選手ではあるわけだし)


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 18:59 ID:0RGMUD5t
マスターズリーグに出てくれないかなぁ。代打だけでもいいからさ。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:17 ID:DgZOBoOy
殿堂入り出来ないのは日本プロ野球の排他的体質によるもの。
大リーグでは現役引退後6年経ると自動的に有資格者になる。つまり6年後に殿堂入りした元選手は飛びぬけた成績をあげた人と言える。
日本では引退後、コーチ、監督、解説者など野球界に留まらなければ殿堂入り出来ない。
マントル(ヤンキース)とか大物ほど現役を去るとビジネスをはじめてる。
コーチ、監督は3流選手がやるのが普通。というか選手、監督(指導者)とコースが完全に分かれている。
マニエルが監督になれるわけはない、彼は指導者としてマイナーから這い上がってきた人。
榎本(大毎ー西鉄)クラスなら即殿堂入りだよ。
ああ日本国、村社会。
故大杉勝男氏を早く入れろ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:19 ID:IZgSGd7Y
>>96
大杉氏は1997年に殿堂入りしている。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:22 ID:9jbLyRiP
金田の私設組織に過ぎない名球会がクローズアップされすぎていて
殿堂の存在が地味なんだよな。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:33 ID:LfIukMim
名球会ももう終わりっぽいけどな。
これからはメジャーにいって一流を証明する時代だろ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:48 ID:DgZOBoOy
金正一

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:51 ID:JBJqSue1
金正日

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/19 23:58 ID:I2SOlMnV
>>100-101
金田の韓国名は金慶弘。
ttp://www.kisc.meiji.ac.jp/~yamawaki/lectures/meigaku/sports.htm

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 10:34 ID:kNgNQjmo
>>98
まぁ設立時に「昭和生まれの」と限定してる時点でなぁ。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/20 18:59 ID:UMUs1Fbw
>>93
「根拠」と言えるほど、ハッキリした物はないと思う。
ただ、色んな逸話を聞いて「そうなのではないか」と思っている人が多いのではないだろうか。

例えば
(1)現役晩年に、奇行が目立つようになった。
(2)現役引退後、現役復帰を目指してハード・トレーニングを続けているという噂が流れた。
(3)名球会、OB会などに、一切、顔を見せなかった。
(4)上のようなことが認識されている状態において、名球会がHPに『榎本選手は病気療養中です。
   ご家族の意向により、あまり表に出てきておりません』と書いた。

なお、(2)に関しては、後に本人が、現役復帰ではなく、コーチとして復帰するための
体力作りだったと、インタビューで答えていたが。

105 :73:03/11/21 22:22 ID:0qZK4bWy
あ、けっこうレスがついていますね。

臍下丹田、五体を結ぶという表現をしていたのは、
榎本の師匠である荒川博(毎日オリオンズ外野手、早稲田実業OB)の影響でしょう。
(荒川は早稲田実業出身の縁で、榎本、王を打撃指導した)

また、荒川にも師匠がいて、それは剣術の指導者らしい。
(剣術の身体の使い方、呼吸法などを野球に応用)


>81
>下世話な話だが、この人の奥さんってどんな人だったのだろう。

なれそめは判らないけど、チームメイトが榎本氏が結婚すると聞いて、
「あの榎本が恋をした!」と驚かれたとか。

また、球団の独身寮にいた頃、趣味で夜中に横笛を吹いていたとか、
オフシーズン、山に狩猟に行き、一発で鹿(猪?)を仕留めるのが好きだったとか。

チームメイトも榎本らしいナ、と受けとっていたようです。








106 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/21 23:24 ID:Eh4YtLQ4
野球界の大村益次郎ってとこか。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/22 03:32 ID:TFsFIpoe
沢木耕太郎の『さらば宝石』を読み直して、
沢木が榎本の父親に取材をした際、次のような会話がなされている。

沢「なぜ榎本さんは、精神的に不安定になったのでしょうか?」
父「……お医者さんによれば、なんだか入団した年に喰ったデッド・ボールの後遺症だとかいうんですがね」

この会話からすると、榎本が、精神の不安定を理由に医者にかかったことが分かる。
そして、当時の精神科の患者に対するネガティブなイメージは、今以上のはずである
(巨人は、湯口が精神科にかかっていることを必死になって隠そうとしたくらいだ)。

となると、実際に統合失調症を患っていたか否かにかかわらず、
榎本に対して、レッテルが張られてしまったのではないだろうか。

しかし、その一方で、では家族が、榎本を決して表に出ないようにしようと
しているかと言えば、決してそのようには見えない。
沢木が『さらば宝石』を書くにあたっては、榎本の父親が取材を受けたし
(しかも、大晦日という年の暮れの忙しない時に)、
二宮清純が、取材に応じられないという手紙をもらった時は、
「まだ修行中の身ですので……」と榎本本人から手紙が来ている、
つまり、家族が榎本に手紙を書かないようにさせたりはしなかったわけだ。

『プロ野球 大いなる白球の軌跡』での榎本の表情は穏やかに見えた。
これは、周囲が決して榎本に身の置き場がなくなるような接し方をしなかったからではないだろうか。
立派な家族の方たちがいらっしゃるのだと思う。

なお、榎本の父親は、もともと年齢の割りに、かなり若く見えるタイプで、
榎本入団時に挨拶に行った球団関係者が、玄関に出てきた父親を、本人かと思ってしまったそうだが、
沢木が取材した時は、心労のせいか、年齢よりも老けて見えたくらいだったそうだ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/23 15:14 ID:1lpVtD9S
>>107

>しかし、その一方で、では家族が、榎本を決して表に出ないようにしようと
>しているかと言えば、決してそのようには見えない。

Numberのインタビューに出たくらいだからね。

109 :神様仏様名無し様:03/12/06 00:57 ID:iTJT2G+c
あげ

110 :神様仏様名無し様:03/12/08 06:47 ID:R3Xxsbwe
ナンバー増刊『プロ野球 大いなる白球の軌跡』で、榎本について書いた松井浩は、
3年も榎本の自宅に通い続けたようだ。
榎本が決して世間と没交渉というわけではないようだ。

ただし、二宮清純が「まだ修行中の身なので」という理由で、
取材を断る手紙を受け取ったのも、この時期。
誰とでもフランクに会って話そうという状態ではなかった模様。

松井が何度もアタックしたから取材に応じてもらえたのか、
それとも、それまでに書いた物の内容が問題なのか、その辺は良く分からない。

なお、二宮の著作では、榎本については悪く書かれていないと思う。
広島の前田のことを「現代の侍」と評し高く持ち上げ、その前田が榎本に被ると書き、
伝説・神話としての榎本に強い畏敬の念を持っていることが感じられる。

111 :神様仏様名無し様:03/12/20 20:59 ID:TLmUSbS9
久々に新ネタ。
ちょっとブルーになるような内容。

ttp://www.cobo.co.jp/bbbm/tenkyujingo1997-2.html
>「前田へのインタビューで榎本喜八さんについて触れていらっしゃいましたけど…」
>「ああ、あの人……。狂っちゃったんですよねえ…」
>「お会いになったんですか?」
>「いや。会いに行こうとしたんですが奥さんが全然取り次いでくれないんですよ。
>家の前まで行ってみたんですが幽霊屋敷みたいになっていてね…」

>▼二宮氏はそこまで言って、その件についてはもう何も語ることはない、
>というような表情をされました。苦笑しながら。
>私も、もう何も聞くべきではないことをさとりました。
>しかし、二宮氏の語気からは「何としても本人から直接話を聞きたかったんだ」
>という迫力が感じられた。
>それだけに、たった一瞬でしたが、榎本氏に関するこれまでの「噂話」が
>物凄い勢いでリアリティをもって頭の中を流れ始めました。

幽霊屋敷か……。
しかし、だとすると、松井浩は、どうやって3年も続けて取材できたのだろう……。

112 :神様仏様名無し様:03/12/21 08:36 ID:G/5i0Crp
>>111
狂っちゃったなんて、ひどいな。

113 :神様仏様名無し様:03/12/21 11:05 ID:k9yKTyod
>>112
確かに、二宮の表現は配慮に欠けると思う。
いや、正しくは、HPの文章の書き手が配慮に欠けるというべきか。

しかし、家が幽霊屋敷のようになっているということは、
奥さんをはじめ家族には、極めて大きな精神的負担がかかってるということではないだろうか。
榎本の精神状態が、未だ、安定していないを伺わせる話のようで、
凄く悲しい気持ちがしてならない。

取材に応じているときは、落ち着いているように見えるのだが、
普段は、まだ、そうではないのだろうか。
榎本の家族は、まだまだ修羅場の中にいるのだろうと思えて、
何ともやりきれない気持ちになってしまった。

114 :神様仏様名無し様:03/12/30 12:31 ID:LIxG4LBr
今日は、沢木耕太郎が、榎本の父の所へ取材に行った日です。
忙しかったので、取材は、翌日(大晦日)に伸びてしまうのですが。

115 :マルタン電ボ:03/12/30 14:53 ID:Gy1owBwK
榎本対稲尾,榎本対杉浦
見てみたかった。

116 :神様仏様名無し様:04/01/01 22:30 ID:fbkop5Cg
榎本ファンの皆さん、明けましておめでとうございます。

117 :神様仏様名無し様:04/01/02 01:12 ID:Pnb5yqPo
なんかタイプが前田に似てるっていうのもわかる気がするな。
実績は榎本が上だが。

118 :(*´゚.゚) ◆Subaru6TaY :04/01/02 10:02 ID:3LvC3Ozb
>>65
イチローは窪塚と同じ類ですよ
電波じゃないですよ

119 :神様仏様名無し様:04/01/18 06:12 ID:7ZDT2Ytn
ttp://www.webmie.or.jp/~m-yama/player/sportsenomoto.htm

120 :酒=メチル以外:04/01/22 16:40 ID:dnTlfi1h
>>117
前田はそういや、打席でのボール判定にかかって自己流で判断するもんだから(しかも行動に出す)、同郷の川上御大に「小細工をするな!」と叱り飛ばされたそうだ。
榎本氏は、そんなことはしなかったろう。

そりゃそうと、ミサイル打線の同僚の葛城隆雄氏は現在どうしてらっしゃるんだろう。

121 :神様仏様名無し様:04/01/23 02:25 ID:qdaTFc+O
>73
実感としてはあるよね。禅やヨガの修行で似たような経験した人はいっぱいいるし
アスリートとして神秘体験としかいいようの無い経験をした人間もいっぱいいる。
セナやスケート清水や片山右京はそっち系である。
聞き手のキャラ付けしだいって気がするなあ。野球選手は禅や合気道とは縁があるし。
荒川コーチは合気道植芝盛平に弟子入りした男。用語があんなんでもおかしくない。
武道系から見たら普通過ぎる言葉使い、メンタリティだ。アスリートとしちゃ異常ととらえられるかも。
ロボットが違うてのは今で言うならOSが違うって感覚か。好きなセンスだけどな。


122 :神様仏様名無し様:04/01/31 00:02 ID:O7QMLV+b
榎さんは、東映の尾崎の初登板時に三振に取られてるよな。

現球界に対して、しがらみとか無いだろうし
往年の名投手のことを本音で語って欲しいところだが。

123 :神様仏様名無し様:04/02/04 00:20 ID:GPfl/ABP
巨人の桑田って、やっていることはよくわからんし、発言もかなり電波入ってる。
でも、若手選手にすごく尊敬されているね。
ひょっとすると榎本氏もそんな感じだったのかな?とふと思った。

124 :神様仏様名無し様:04/02/04 19:54 ID:O4xOcQan
山内 榎本 葛城の三人をぴしゃりと抑えたんだよね?
試合前に山内が「あんな坊主にやられるわけがない」って報道陣に話してたのを立ち聞きした尾崎が燃えまくった。
葛城をピッチャーゴロにしとめ、走るのをやめた葛城を睨み一塁まで走らせた。
試合が終わったあと山内が報道陣に、「あんな速い球はじめてみた」と目を丸くして話してるのを
尾崎はこの話を聞きながら、1人ほくそえみ、通り過ぎた。

っとちぃとばかりスレ違いですた。

125 :神様仏様名無し様:04/02/23 12:06 ID:OEtbNz+n
http://www2.plala.or.jp/ippeifuji/w07.htm
>7月21日・昭和43(1968)年の今日、東京スタジアムで行なわれた
>東京−近鉄戦で、近鉄の荒川俊三が東京の榎本喜八選手をバットで殴打。
>榎本は昏倒し、警視庁南千住署が荒川を暴行容疑で書類送検。

こんな傷害事件があったらしい。榎本はどこを殴られたんだろう?
「昏倒し」とあるくらいだから頭かな?




126 :神様仏様名無し様:04/02/23 12:23 ID:6T8+FIiC
榎本喜八と青田昇が殿堂入りしていないなんて・・・価値なし!

127 :神様仏様名無し様:04/02/23 12:55 ID:gPYNCVyu
青田は黒い交際疑惑があったからな

128 :神様仏様名無し様:04/02/23 21:17 ID:4fLGFveU
>125
ttp://www.asahi-net.or.jp/~KP7S-OOTK/BALLPARK/TOKYOSTD/TOKYOSTD_2.html
控え選手の大暴れ

1968年7月21日、東京-近鉄戦(東京)の8回表、近鉄の安井 智規はセーフティ・バントを試みる。
一塁ベースへ駆け込む際、オリオンズの一塁手榎本 喜八と接触。榎本と安井は二言、三言の口論から殴り合いに発展する。
これが発端となり両チーム全員入り乱れての大乱闘。この混乱の中、近鉄の控え内野手でほとんど出場機会のなかった
荒川 俊三はここぞ自分の出番だと思ったかどうか、バット片手にもみ合いに入ってゆき、榎本の頭部をゴツンといってしまう。
榎本はフラフラっとしたあと昏倒。結局タンカで球場医務室に運ばれてしまった。
8月9日、東京スタジアムを管理する南千住署が荒川を暴行の疑いで書類送検したが、オリオンズとバッファローズの間に示談が成立し、
南千住署は両球団から始末書、及び「暴力行為は今後一切起こさない」旨の誓約書を提出させ、事件は一応の解決をみた。
事件の主役となったプロ入り2年目の荒川 俊三選手は、翌1969年26試合出場ののち、21才の若さでプロ野球人生を終えている。
(通算記録:実働3年、51試合、5打数0安打、0.000、盗塁1、失策1)



129 :神様仏様名無し様:04/02/24 00:16 ID:rJaSyhmY
>>125
>>128
ちょうどこの日に史上3人目の2000本安打を達成している訳ですな・・。


130 :神様仏様名無し様:04/02/27 07:09 ID:+gbGcA70
>>128
ひでぇ話だ。バットで殴るなんてちょっと勘違いしすぎ&空気読めなさすぎ。
30年以上前の話に対していちいち言うことでもないだろうけど、DQNすぎる。

131 :神様仏様名無し様:04/02/27 14:00 ID:qIGTOeHB
ttp://www.nhk.or.jp/baseball/

132 :神様仏様名無し様:04/02/28 03:02 ID:rR6D/TSp
>130
海の向こうには、バットでブン殴ったが為に殿堂入りの遅れたホアン・マリシャルがいる。

133 :神様仏様名無し様:04/03/24 07:21 ID:y/VtxcH8
もし榎本の精神病が外傷による器質性だったら…と妄想してみる

134 :神様仏様名無し様:04/04/29 20:49 ID:I0o2z490
そうなると荒川尭が、これに当てはまるな。
でも>>73を見ると、明らかに天才であり、指導者に向いてない。
こういう人は素質が無い人の問題点を見ぬけないから、指導者としては失格なんだな。
鈴木啓示とか別所とか大島もね。他の世界だと大鵬・釜本などもこの部類かも。
平松・張本は自分でこういう人間だという事を知ってるから指導者にならないのよ。


44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)